■資格取得応援サイト! 過去問分析で理解度を高める。オススメの参考書や勉強法、デシベル計算の覚え方など... 一陸特(第一級陸上特殊無線技士)

|22| 八木・ダイポールアンテナ

|22| 八木・ダイポールアンテナ

NO項目               計算主な出題番号集中ゼミの章別集中ゼミのページ番号
22八木・ダイポールアンテナ有り(dB)17・18△記載なし△記載なし

出題パターンは3種類

  1. 八木アンテナの放射電力の値を求める問題 ※計算有り
  2. 八木アンテナの相対利得の値を求める問題 ※計算有り
  3. 八木アンテナについて

パターン1とパターン2は公式こそ違うものの、考え方は同じです。


パターン1の問題

h18 10月 午前

h18 	10月 	午前

解答 3

h18 	10月 	午前


dB計算さえ間違えなければ非常に簡単な問題です。ケアレスミスに気をつけてください。

  1. 八木アンテナの放射電力(供給電力)の値[W] = 半波長ダイポールアンテナからの放射電力[W] / 八木アンテナの相対利得[dB]
  2.  → ○[W] = 40[W] / 6[dB] ※文字公式に数字を当てはめる
  3.  → ○[W] = 40[W] / 4 ※dBを真数に置き換える
  4.  → ○[W] = 10[W]

パターン1
八木アンテナの放射電力(供給電力)の値[W] = 半波長ダイポールアンテナからの放射電力[W] / 八木アンテナの相対利得[dB]


パターン2
八木アンテナの相対利得の値[dB] = ( 半波長ダイポールアンテナからの放射電力[W] / 八木アンテナからの放射電力[W] ) +( 八木アンテナから送信した時の受信電界強度[mV/m] / 半波長ダイポールアンテナから送信した時の受信電界強度[mV/m] )
 ↓
公式が長く覚えづらいので以下のようにまとめる。
 ↓
覚える公式 : [dB] = ( 大[W] / 小[W] ) + ( 大[mV/m] / 小[mV/m] )

※ [W]と[mV/m]に分ける理由は、電力と電圧を分けてdB計算を行うためです。
※ 大と小の意味は、数字の大小です。 例:20[W]と40[W]ならば、大が40[W]、小が20[W]になります。

※dB計算が必要な公式の場合、左辺の[Hz]や[W]などは必ず記述しながら計算しましょう!
 ↓
 解答に[dB]が求められているのか、[Hz]や[W]などが求められているいるのか、間違えないようにするためです。

h21 6月 午後

h21 	6月 	午後

解答 2

h21 	6月 	午後


dB計算さえ間違えなければ非常に簡単な問題です。ケアレスミスに気をつけてください。

  1. 八木アンテナの放射電力(供給電力)の値[W] = 半波長ダイポールアンテナからの放射電力[W] / 八木アンテナの相対利得[dB]
  2.  → ○[W] = 48[W] / 6[dB] ※文字公式に数字を当てはめる
  3.  → ○[W] = 48[W] / 4 ※dBを真数に置き換える
  4.  → ○[W] = 12[W]

パターン1
八木アンテナの放射電力(供給電力)の値[W] = 半波長ダイポールアンテナからの放射電力[W] / 八木アンテナの相対利得[dB]


パターン2
八木アンテナの相対利得の値[dB] = ( 半波長ダイポールアンテナからの放射電力[W] / 八木アンテナからの放射電力[W] ) +( 八木アンテナから送信した時の受信電界強度[mV/m] / 半波長ダイポールアンテナから送信した時の受信電界強度[mV/m] )
 ↓
公式が長く覚えづらいので以下のようにまとめる。
 ↓
覚える公式 : [dB] = ( 大[W] / 小[W] ) + ( 大[mV/m] / 小[mV/m] )

※ [W]と[mV/m]に分ける理由は、電力と電圧を分けてdB計算を行うためです。
※ 大と小の意味は、数字の大小です。 例:20[W]と40[W]ならば、大が40[W]、小が20[W]になります。

※dB計算が必要な公式の場合、左辺の[Hz]や[W]などは必ず記述しながら計算しましょう!
 ↓
 解答に[dB]が求められているのか、[Hz]や[W]などが求められているいるのか、間違えないようにするためです。

h23 10月 午後

h23 	10月 	午後

解答 2

h23 	10月 	午後


dB計算さえ間違えなければ非常に簡単な問題です。ケアレスミスに気をつけてください。

  1. 八木アンテナの放射電力(供給電力)の値[W] = 半波長ダイポールアンテナからの放射電力[W] / 八木アンテナの相対利得[dB]
  2.  → ○[W] = 24[W] / 6[dB] ※文字公式に数字を当てはめる
  3.  → ○[W] = 24[W] / 4 ※dBを真数に置き換える
  4.  → ○[W] = 6[W]

パターン1
八木アンテナの放射電力(供給電力)の値[W] = 半波長ダイポールアンテナからの放射電力[W] / 八木アンテナの相対利得[dB]


パターン2
八木アンテナの相対利得の値[dB] = ( 半波長ダイポールアンテナからの放射電力[W] / 八木アンテナからの放射電力[W] ) +( 八木アンテナから送信した時の受信電界強度[mV/m] / 半波長ダイポールアンテナから送信した時の受信電界強度[mV/m] )
 ↓
公式が長く覚えづらいので以下のようにまとめる。
 ↓
覚える公式 : [dB] = ( 大[W] / 小[W] ) + ( 大[mV/m] / 小[mV/m] )

※ [W]と[mV/m]に分ける理由は、電力と電圧を分けてdB計算を行うためです。
※ 大と小の意味は、数字の大小です。 例:20[W]と40[W]ならば、大が40[W]、小が20[W]になります。

※dB計算が必要な公式の場合、左辺の[Hz]や[W]などは必ず記述しながら計算しましょう!
 ↓
 解答に[dB]が求められているのか、[Hz]や[W]などが求められているいるのか、間違えないようにするためです。

h26 6月 午後

h26	6月	午後

解答 5

h26	6月	午後


※いつもの暗記で対応できないdB計算が出題されました。(過去9年振り返っても初です)

今後も出題される可能性もあるので、3の倍数のdB計算はできるようになっておく必要がありそうです。
12dB~24dBくらいまでの真数変換は覚えておきましょう。

・ 3dB = 2倍(ココは、いつもの暗記で対応可能)
・ 6dB = 4倍(ココは、いつもの暗記で対応可能)
・ 9dB = 8倍(ココは、いつもの暗記で対応可能)
・12dB = 16倍(6dB + 6dB = 4倍 × 4倍 = 約16倍[15.84倍])
・15dB = 32倍(6dB + 9dB = 4倍 × 8倍 = 約32倍[31.62倍])
・18dB = 64倍(6dB + 6dB + 6dB= 4倍 × 4倍 × 4倍 = 約64倍[63.09倍])
・21dB = 128倍(3dB + 9dB + 9dB= 2倍 × 8倍 × 8倍 = 約128倍[125.89倍])
・24dB = 256倍(6dB + 9dB + 9dB= 4倍 × 8倍 × 8倍 = 約256倍[251.18倍])

  1. 八木アンテナの放射電力(供給電力)の値[W] = 半波長ダイポールアンテナからの放射電力[W] / 八木アンテナの相対利得[dB]
  2.  → ○[W] = 32[W] / 12[dB] ※文字公式に数字を当てはめる
  3.  → ○[W] = 32[W] / (6[dB]・6[dB]) ※dB変換できる数字に分割する
  4.  → ○[W] = 32[W] / (4×4) ※dBを真数に置き換える
  5.  → ○[W] = 32[W] / 16
  6.  → ○[W] = 2[W]

パターン1
八木アンテナの放射電力(供給電力)の値[W] = 半波長ダイポールアンテナからの放射電力[W] / 八木アンテナの相対利得[dB]


パターン2
八木アンテナの相対利得の値[dB] = ( 半波長ダイポールアンテナからの放射電力[W] / 八木アンテナからの放射電力[W] ) +( 八木アンテナから送信した時の受信電界強度[mV/m] / 半波長ダイポールアンテナから送信した時の受信電界強度[mV/m] )
 ↓
公式が長く覚えづらいので以下のようにまとめる。
 ↓
覚える公式 : [dB] = ( 大[W] / 小[W] ) + ( 大[mV/m] / 小[mV/m] )

※ [W]と[mV/m]に分ける理由は、電力と電圧を分けてdB計算を行うためです。
※ 大と小の意味は、数字の大小です。 例:20[W]と40[W]ならば、大が40[W]、小が20[W]になります。

※dB計算が必要な公式の場合、左辺の[Hz]や[W]などは必ず記述しながら計算しましょう!
 ↓
 解答に[dB]が求められているのか、[Hz]や[W]などが求められているいるのか、間違えないようにするためです。

h28 6月 午後

h28	6月	午後

解答 3

h28	6月	午後


今後も出題される可能性もあるので、3の倍数のdB計算はできるようになっておく必要がありそうです。
12dB~24dBくらいまでの真数変換は覚えておきましょう。

・ 3dB = 2倍(ココは、いつもの暗記で対応可能)
・ 6dB = 4倍(ココは、いつもの暗記で対応可能)
・ 9dB = 8倍(ココは、いつもの暗記で対応可能)
・12dB = 16倍(6dB + 6dB = 4倍 × 4倍 = 約16倍[15.84倍])
・15dB = 32倍(6dB + 9dB = 4倍 × 8倍 = 約32倍[31.62倍])
・18dB = 64倍(6dB + 6dB + 6dB= 4倍 × 4倍 × 4倍 = 約64倍[63.09倍])
・21dB = 128倍(3dB + 9dB + 9dB= 2倍 × 8倍 × 8倍 = 約128倍[125.89倍])
・24dB = 256倍(6dB + 9dB + 9dB= 4倍 × 8倍 × 8倍 = 約256倍[251.18倍])

  1. 八木アンテナの放射電力(供給電力)の値[W] = 半波長ダイポールアンテナからの放射電力[W] / 八木アンテナの相対利得[dB]
  2.  → ○[W] = 4[W] / 12[dB] ※文字公式に数字を当てはめる
  3.  → ○[W] = 4[W] / (6[dB]・6[dB]) ※dB変換できる数字に分割する
  4.  → ○[W] = 4[W] / (4×4) ※dBを真数に置き換える
  5.  → ○[W] = 4[W] / 16
  6.  → ○[W] = 0.25[W]

パターン1
八木アンテナの放射電力(供給電力)の値[W] = 半波長ダイポールアンテナからの放射電力[W] / 八木アンテナの相対利得[dB]


パターン2
八木アンテナの相対利得の値[dB] = ( 半波長ダイポールアンテナからの放射電力[W] / 八木アンテナからの放射電力[W] ) +( 八木アンテナから送信した時の受信電界強度[mV/m] / 半波長ダイポールアンテナから送信した時の受信電界強度[mV/m] )
 ↓
公式が長く覚えづらいので以下のようにまとめる。
 ↓
覚える公式 : [dB] = ( 大[W] / 小[W] ) + ( 大[mV/m] / 小[mV/m] )

※ [W]と[mV/m]に分ける理由は、電力と電圧を分けてdB計算を行うためです。
※ 大と小の意味は、数字の大小です。 例:20[W]と40[W]ならば、大が40[W]、小が20[W]になります。

※dB計算が必要な公式の場合、左辺の[Hz]や[W]などは必ず記述しながら計算しましょう!
 ↓
 解答に[dB]が求められているのか、[Hz]や[W]などが求められているいるのか、間違えないようにするためです。

パターン2の問題

h18 10月 午後

h18 	10月 	午後

解答 4

h18 	10月 	午後


公式が非常に重要です。[W]は[W]でまとめる、[mV/m] は[mV/m]でまとめるということを忘れないようにしましょう。

  1. 覚える公式 : [dB] = ( 大[W] / 小[W] ) + ( 大[mV/m] / 小[mV/m] )
  2.  → ○[dB] = ( 20[W] / 10[W] ) + ( 40[mV/m] / 20[mV/m] ) ※文字公式に数字を当てはめる
  3.  → ○[dB] =  2[W]  +  2[mV/m]
  4.  → ○[dB] =  3[dB] + 6 [dB] ※真数をdBに置き換える
  5.  → ○[dB] =  9[dB]

パターン1
八木アンテナの放射電力の値[W] = 半波長ダイポールアンテナからの放射電力[W] / 八木アンテナの相対利得[dB]


パターン2
八木アンテナの相対利得の値[dB] = ( 半波長ダイポールアンテナからの放射電力[W] / 八木アンテナからの放射電力[W] ) +( 八木アンテナから送信した時の受信電界強度[mV/m] / 半波長ダイポールアンテナから送信した時の受信電界強度[mV/m] )
 ↓
公式が長く覚えづらいので以下のようにまとめる。
 ↓
覚える公式 : [dB] = ( 大[W] / 小[W] ) + ( 大[mV/m] / 小[mV/m] )

※ [W]と[mV/m]に分ける理由は、電力と電圧を分けてdB計算を行うためです。
※ 大と小の意味は、数字の大小です。 例:20[W]と40[W]ならば、大が40[W]、小が20[W]になります。

※dB計算が必要な公式の場合、左辺の[Hz]や[W]などは必ず記述しながら計算しましょう!
 ↓
 解答に[dB]が求められているのか、[Hz]や[W]などが求められているいるのか、間違えないようにするためです。

h21 6月 午前

h21 	6月 	午前

解答 3

h21 	6月 	午前


公式が非常に重要です。[W]は[W]でまとめる、[mV/m] は[mV/m]でまとめるということを忘れないようにしましょう。

  1. 覚える公式 : [dB] = ( 大[W] / 小[W] ) + ( 大[mV/m] / 小[mV/m] )
  2.  → ○[dB] = ( 30[W] / 15[W] ) + ( 40[mV/m] / 20[mV/m] ) ※文字公式に数字を当てはめる
  3.  → ○[dB] =  2[W]  +  2[mV/m]
  4.  → ○[dB] =  3[dB] + 6 [dB] ※真数をdBに置き換える
  5.  → ○[dB] =  9[dB]

パターン1
八木アンテナの放射電力の値[W] = 半波長ダイポールアンテナからの放射電力[W] / 八木アンテナの相対利得[dB]


パターン2
八木アンテナの相対利得の値[dB] = ( 半波長ダイポールアンテナからの放射電力[W] / 八木アンテナからの放射電力[W] ) +( 八木アンテナから送信した時の受信電界強度[mV/m] / 半波長ダイポールアンテナから送信した時の受信電界強度[mV/m] )
 ↓
公式が長く覚えづらいので以下のようにまとめる。
 ↓
覚える公式 : [dB] = ( 大[W] / 小[W] ) + ( 大[mV/m] / 小[mV/m] )

※ [W]と[mV/m]に分ける理由は、電力と電圧を分けてdB計算を行うためです。
※ 大と小の意味は、数字の大小です。 例:20[W]と40[W]ならば、大が40[W]、小が20[W]になります。

※dB計算が必要な公式の場合、左辺の[Hz]や[W]などは必ず記述しながら計算しましょう!
 ↓
 解答に[dB]が求められているのか、[Hz]や[W]などが求められているいるのか、間違えないようにするためです。

h23 10月 午前

h23 	10月 	午前

解答 4

h23 	10月 	午前


公式が非常に重要です。[W]は[W]でまとめる、[mV/m] は[mV/m]でまとめるということを忘れないようにしましょう。

  1. 覚える公式 : [dB] = ( 大[W] / 小[W] ) + ( 大[mV/m] / 小[mV/m] )
  2.  → ○[dB] = ( 30[W] / 15[W] ) + ( 40[mV/m] / 20[mV/m] ) ※文字公式に数字を当てはめる
  3.  → ○[dB] =  2[W]  +  2[mV/m]
  4.  → ○[dB] =  3[dB] + 6 [dB] ※真数をdBに置き換える
  5.  → ○[dB] =  9[dB]

パターン1
八木アンテナの放射電力の値[W] = 半波長ダイポールアンテナからの放射電力[W] / 八木アンテナの相対利得[dB]


パターン2
八木アンテナの相対利得の値[dB] = ( 半波長ダイポールアンテナからの放射電力[W] / 八木アンテナからの放射電力[W] ) +( 八木アンテナから送信した時の受信電界強度[mV/m] / 半波長ダイポールアンテナから送信した時の受信電界強度[mV/m] )
 ↓
公式が長く覚えづらいので以下のようにまとめる。
 ↓
覚える公式 : [dB] = ( 大[W] / 小[W] ) + ( 大[mV/m] / 小[mV/m] )

※ [W]と[mV/m]に分ける理由は、電力と電圧を分けてdB計算を行うためです。
※ 大と小の意味は、数字の大小です。 例:20[W]と40[W]ならば、大が40[W]、小が20[W]になります。

※dB計算が必要な公式の場合、左辺の[Hz]や[W]などは必ず記述しながら計算しましょう!
 ↓
 解答に[dB]が求められているのか、[Hz]や[W]などが求められているいるのか、間違えないようにするためです。

h26 6月 午前

h26	6月	午前

解答 5

h26	6月	午前


公式が非常に重要です。[W]は[W]でまとめる、[mV/m] は[mV/m]でまとめるということを忘れないようにしましょう。

  1. 覚える公式 : [dB] = ( 大[W] / 小[W] ) + ( 大[mV/m] / 小[mV/m] )
  2.  → ○[dB] = ( 30[W] / 15[W] ) + ( 4[mV/m] / 1[mV/m] ) ※文字公式に数字を当てはめる
  3.  → ○[dB] =  2[W]  +  4[mV/m]
  4.  → ○[dB] =  3[dB] + 12 [dB] ※真数をdBに置き換える
  5.  → ○[dB] =  15[dB]

パターン1
八木アンテナの放射電力の値[W] = 半波長ダイポールアンテナからの放射電力[W] / 八木アンテナの相対利得[dB]


パターン2
八木アンテナの相対利得の値[dB] = ( 半波長ダイポールアンテナからの放射電力[W] / 八木アンテナからの放射電力[W] ) +( 八木アンテナから送信した時の受信電界強度[mV/m] / 半波長ダイポールアンテナから送信した時の受信電界強度[mV/m] )
 ↓
公式が長く覚えづらいので以下のようにまとめる。
 ↓
覚える公式 : [dB] = ( 大[W] / 小[W] ) + ( 大[mV/m] / 小[mV/m] )

※ [W]と[mV/m]に分ける理由は、電力と電圧を分けてdB計算を行うためです。
※ 大と小の意味は、数字の大小です。 例:20[W]と40[W]ならば、大が40[W]、小が20[W]になります。

※dB計算が必要な公式の場合、左辺の[Hz]や[W]などは必ず記述しながら計算しましょう!
 ↓
 解答に[dB]が求められているのか、[Hz]や[W]などが求められているいるのか、間違えないようにするためです。

h28 6月 午前

h28	6月	午前

解答 2

h28	6月	午前


公式が非常に重要です。[W]は[W]でまとめる、[mV/m] は[mV/m]でまとめるということを忘れないようにしましょう。

  1. 覚える公式 : [dB] = ( 大[W] / 小[W] ) + ( 大[mV/m] / 小[mV/m] )
  2.  → ○[dB] = ( 4[W] / 2[W] ) + ( 4[mV/m] / 2[mV/m] ) ※文字公式に数字を当てはめる
  3.  → ○[dB] =  2[W]  +  2[mV/m]
  4.  → ○[dB] =  3[dB] + 6 [dB] ※真数をdBに置き換える
  5.  → ○[dB] =  9[dB]

パターン1
八木アンテナの放射電力の値[W] = 半波長ダイポールアンテナからの放射電力[W] / 八木アンテナの相対利得[dB]


パターン2
八木アンテナの相対利得の値[dB] = ( 半波長ダイポールアンテナからの放射電力[W] / 八木アンテナからの放射電力[W] ) +( 八木アンテナから送信した時の受信電界強度[mV/m] / 半波長ダイポールアンテナから送信した時の受信電界強度[mV/m] )
 ↓
公式が長く覚えづらいので以下のようにまとめる。
 ↓
覚える公式 : [dB] = ( 大[W] / 小[W] ) + ( 大[mV/m] / 小[mV/m] )

※ [W]と[mV/m]に分ける理由は、電力と電圧を分けてdB計算を行うためです。
※ 大と小の意味は、数字の大小です。 例:20[W]と40[W]ならば、大が40[W]、小が20[W]になります。

※dB計算が必要な公式の場合、左辺の[Hz]や[W]などは必ず記述しながら計算しましょう!
 ↓
 解答に[dB]が求められているのか、[Hz]や[W]などが求められているいるのか、間違えないようにするためです。

パターン3の問題

h28 6月 午前

h28	6月	午前

解答 2

h28	6月	午前


正しい解答 : 反射器は、放射器より少し長く、「誘導性」のインピーダンスとして働く。

正しい選択肢の内容もしっかり読んでおきましょう。

h28 6月 午後

h28	6月	午後

解答 1

h28	6月	午後


正しい解答
(1) 放射器の長さaは、ほぼ「1/2」波長である。

(2) 反射器は、放射器より少し長く、「誘導性」のインピーダンスとして働く。

(3) アンテナの周波数特性をより広帯域にするには、素子の直径を「太く」したり、放射器を折り返したりする方法などがある。

前の項目へ

|21| 受信機の雑音指数

次の項目へ

|23| マイクロ波回線の自由空間伝搬損失


最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional