■資格取得応援サイト! 過去問分析で理解度を高める。オススメの参考書や勉強法、デシベル計算の覚え方など... 一陸特(第一級陸上特殊無線技士)

|28| 多重通信方式

|28| 多重通信方式

NO項目               計算主な出題番号集中ゼミの章別集中ゼミのページ番号
28多重通信方式無し1・2・312

出題パターンは4種類

  1. 多重通信方式について
  2. 周波数分割多重通信方式・時分割多重通信方式について
  3. 符号分割多重(CDM)方式について 1
  4. 符号分割多重(CDM)方式について 2
    「FDM」・「TDM」・「CDM」の違いをしっかり理解しましょう。
    この3つの切り分けに関する問題も多く、合格する上で非常に重要です。

関連項目の |27| マイクロ波・デジタルとアナログ通信 と |29| PCM通信方式 を一緒に覚えると効果的です。


パターン1

h18 2月 午後

h18	2月	午後

解答 4

h18	2月	午後


正しい解答
(1) 各チャネルのスペクトルが重なり合わないように周波数をずらして配列した多重信号で搬送波を変調する方式を「FDM」通信方式という。
(2) 各チャネルのパルス列が重なり合わないようにずらして配列した多重信号のパルス郡で搬送波を変調する方式を「TDM」通信方式という。
(3) PCM方式による多重の中継回線等では、一般に電話音声信号1チャネル当たりの基本の伝送速度は64[kbit/s]であり、「24」チャネルで約1.54[Mbit/s]になる。

  (3)に関しては |2| 1フレームの回線の配置 を参考に。

「アナログ方式」 周波数分割多重通信(FDM)方式 [Frequency Division Multiplex]
「デジタル方式」 時分割多重通信(TDM)方式 [Time Division Multiple]
 ※集中ゼミ1章P.2~P.4参考
「デジタル方式」 符号分割多重(CDM)方式 [Code Division Multiple]
 ※集中ゼミ1章P.9

h19 2月 午前

h18	2月	午前

解答 5

h18	2月	午前


正しい解答
(1) 各チャネルのスペクトルが重なり合わないように周波数をずらして配列した多重信号で搬送波を変調する方式を「FDM」通信方式という。
(2) 各チャネルのパルス列が重なり合わないようにずらして配列した多重信号のパルス郡で搬送波を変調する方式を「TDM」通信方式という。
この方式では送信側と受信側の「同期」のため、一般に送信信号パルス列の先頭に「同期」パルスが加えられる。

「アナログ方式」 周波数分割多重通信(FDM)方式 [Frequency Division Multiplex]
「デジタル方式」 時分割多重通信(TDM)方式 [Time Division Multiple]
 ※集中ゼミ1章P.2~P.4参考
「デジタル方式」 符号分割多重(CDM)方式 [Code Division Multiple]
 ※集中ゼミ1章P.9

h20 2月 午前

h20	2月	午前

解答 5

h20	2月	午前


正しい解答
(1) 各チャネルのスペクトルが重なり合わないように「周波数」をずらして配列した多重信号で搬送波を変調する方式をFDM通信方式という。
(2) 各チャネルのパルス列が重なり合わないようにずらして配列した多重信号のパルス郡で搬送波を変調する方式を「TDM」通信方式という。
(3) PCM方式による多重の中継回線等では、一般に電話音声信号1チャネル当たりの基本の伝送速度は64[kbit/s]であり、「24」チャネルで約1.54[Mbit/s]になる。

  (3)に関しては |2| 1フレームの回線の配置 を参考に。

「アナログ方式」 周波数分割多重通信(FDM)方式 [Frequency Division Multiplex]
「デジタル方式」 時分割多重通信(TDM)方式 [Time Division Multiple]
 ※集中ゼミ1章P.2~P.4参考
「デジタル方式」 符号分割多重(CDM)方式 [Code Division Multiple]
 ※集中ゼミ1章P.9

h21 2月 午前

h21	2月	午前

解答 5

h21	2月	午前


正しい解答
(1) 各チャネルのスペクトルが重なり合わないように「周波数」をずらして配列した多重信号で搬送波を変調する方式をFDM通信方式という。
(2) 各チャネルのパルス列が重なり合わないようにずらして配列した多重信号のパルス郡で搬送波を変調する方式を「TDM」通信方式という。
(3) PCM方式による多重の中継回線等では、一般に電話音声信号1チャネル当たりの基本の伝送速度は64[kbit/s]であり、「24」チャネルで約1.54[Mbit/s]になる。

  (3)に関しては |2| 1フレームの回線の配置 を参考に。

「アナログ方式」 周波数分割多重通信(FDM)方式 [Frequency Division Multiplex]
「デジタル方式」 時分割多重通信(TDM)方式 [Time Division Multiple]
 ※集中ゼミ1章P.2~P.4参考
「デジタル方式」 符号分割多重(CDM)方式 [Code Division Multiple]
 ※集中ゼミ1章P.9

h20 2月 午後

h20	2月	午後

解答 2

h20	2月	午後


正しい解答
(1) 各チャネルのパルス列が重なり合わないようにずらして配列した多重信号のパルス郡で搬送波を変調する方式を「TDM」通信方式という。
この方式では一般に、送信側と受信側の「同期」のため、送信信号パルス列の先頭に「同期」パルスが加えられる。
(2) PCM方式による多重の中継回線等では、一般に電話音声信号1チャネル当たりの基本の伝送速度は64[kbit/s]であり、24チャネルで約「1.54」[Mbit/s]になる。

  (2)に関しては |2| 1フレームの回線の配置 を参考に。

「アナログ方式」 周波数分割多重通信(FDM)方式 [Frequency Division Multiplex]
「デジタル方式」 時分割多重通信(TDM)方式 [Time Division Multiple]
 ※集中ゼミ1章P.2~P.4参考
「デジタル方式」 符号分割多重(CDM)方式 [Code Division Multiple]
 ※集中ゼミ1章P.9

h23 2月 午前

h23	2月	午前

解答 5

h23	2月	午前


正しい解答
(1) 各チャネルのパルス列が重なり合わないようにずらして配列した多重信号のパルス郡で搬送波を変調する方式を「TDM」通信方式という。
この方式では一般に、送信側と受信側の「同期」のため、送信信号パルス列の先頭に「同期」パルスが加えられる。
(2) PCM方式による多重の中継回線等では、一般に電話音声信号1チャネル当たりの基本の伝送速度は64[kbit/s]であり、24チャネルで約「1.54」[Mbit/s]になる。

  (2)に関しては |2| 1フレームの回線の配置 を参考に。

「アナログ方式」 周波数分割多重通信(FDM)方式 [Frequency Division Multiplex]
「デジタル方式」 時分割多重通信(TDM)方式 [Time Division Multiple]
 ※集中ゼミ1章P.2~P.4参考
「デジタル方式」 符号分割多重(CDM)方式 [Code Division Multiple]
 ※集中ゼミ1章P.9

h23 2月 午後

h23	2月	午後

解答 2

h23	2月	午後


正しい解答
(1) 複数のチャネルを周波数別に並べて、一つの伝送路上で同時に伝送する方式を「FDM」通信方式という。
(2) 各チャネルが伝送路を占有する時間を少しずつずらせて順次伝送する方式を「TDM」通信方式という。
この方式では一般に、送信側と受信側の「同期」のため、送信信号パルス列の先頭に「同期」パルスが加えられる。

「アナログ方式」 周波数分割多重通信(FDM)方式 [Frequency Division Multiplex]
「デジタル方式」 時分割多重通信(TDM)方式 [Time Division Multiple]
 ※集中ゼミ1章P.2~P.4参考
「デジタル方式」 符号分割多重(CDM)方式 [Code Division Multiple]
 ※集中ゼミ1章P.9

h24 10月 午前

h24	10月	午前

解答 5

h24	10月	午前


正しい解答
(1) 複数のチャネルを周波数別に並べて、一つの伝送路上で同時に伝送する方式を「FDM」通信方式という。
(2) 各チャネルが伝送路を占有する時間を少しずつずらせて順次伝送する方式を「TDM」通信方式という。
この方式では一般に、送信側と受信側の「同期」のため、送信信号パルス列に「同期」パルスが加えられる。

「アナログ方式」 周波数分割多重通信(FDM)方式 [Frequency Division Multiplex]
「デジタル方式」 時分割多重通信(TDM)方式 [Time Division Multiple]
 ※集中ゼミ1章P.2~P.4参考
「デジタル方式」 符号分割多重(CDM)方式 [Code Division Multiple]
 ※集中ゼミ1章P.9

h24 10月 午後

h24	10月	午後

解答 2

h24	10月	午後


正しい解答
(1) 各チャネルが伝送路を占有する時間を少しずつずらせて順次伝送する方式を「TDM」通信方式という。
この方式では一般に、送信側と受信側の「同期」のため、送信信号パルス列に「同期」パルスが加えられる。
(2) PCM方式による多重の中継回線等では、電話の音声信号1チャネル当たりの基本の伝送速度が64[kbps]のとき、「24」チャネルで基本の伝送速度が約1.54[Mbps]になる。

  (2)に関しては |2| 1フレームの回線の配置 を参考に。

「アナログ方式」 周波数分割多重通信(FDM)方式 [Frequency Division Multiplex]
「デジタル方式」 時分割多重通信(TDM)方式 [Time Division Multiple]
 ※集中ゼミ1章P.2~P.4参考
「デジタル方式」 符号分割多重(CDM)方式 [Code Division Multiple]
 ※集中ゼミ1章P.9

h26 2月 午前

h26 	2月 	午前

解答 1

h26 	2月 	午前


正しい解答
(1) 複数のチャネルを周波数別に並べて、一つの伝送路上で同時に伝送する方式を「FDM」通信方式という。
(2) 各チャネルが伝送路を占有する時間を少しずつずらせて、順次伝送する方式を「TDM」通信方式という。
この方式では一般に送信側と受信側の「同期」のため、送信信号パルス列に「同期」パルスが加えられる。

「アナログ方式」 周波数分割多重通信(FDM)方式 [Frequency Division Multiplex]
「デジタル方式」 時分割多重通信(TDM)方式 [Time Division Multiple]
 ※集中ゼミ1章P.2~P.4参考
「デジタル方式」 符号分割多重(CDM)方式 [Code Division Multiple]
 ※集中ゼミ1章P.9

h26 2月 午後

h26 	2月 	午後

解答 4

h26 	2月 	午後


正しい解答
(1) 各チャネルが伝送路を占有する時間を少しずつずらせて、順次伝送する方式を「TDM」通信方式という。
この方式では一般に、送信側と受信側の「同期」のため、送信信号パルス列に「同期」パルスが加えられる。
(2) PCM方式による多重の中継回線等では、電話の音声信号1チャネル当たりの基本の伝送速度が64[kbps]のとき、「24」チャネルで基本の伝送速度が約1.54[Mbps]になる。

  (2)に関しては |2| 1フレームの回線の配置 を参考に。

「アナログ方式」 周波数分割多重通信(FDM)方式 [Frequency Division Multiplex]
「デジタル方式」 時分割多重通信(TDM)方式 [Time Division Multiple]
 ※集中ゼミ1章P.2~P.4参考
「デジタル方式」 符号分割多重(CDM)方式 [Code Division Multiple]
 ※集中ゼミ1章P.9

パターン2

h18 10月 午後

h18	10月	午後

解答 2

h18	10月	午後


正しい解答
選択肢1 : PCM多重通信方式は、音声等の「アナログ」信号をパルス符号変調によって「デジタル」信号に変換したのち、時分割多重化する方式である。
選択肢3 : パルスを用いるので占有周波数帯幅は、「広くなる」
選択肢4 : 「周波数分割」多重化された信号は、搬送波を周波数変調して送信されることが多い。

「アナログ方式」 周波数分割多重通信(FDM)方式 [Frequency Division Multiplex]
「デジタル方式」 時分割多重通信(TDM)方式 [Time Division Multiple]
 ※集中ゼミ1章P.2~P.4参考
「デジタル方式」 符号分割多重(CDM)方式 [Code Division Multiple]
 ※集中ゼミ1章P.9

h20 2月 午前

h20	2月	午前

解答 3

h20	2月	午前


正しい解答 : 衛星通信に用いるときは、チャネル間の干渉を防止するため「ガードタイム」を設けている。

(1)ガードバンド=周波数分割(2)ガードタイム=時分割、で用いられる。
正しい選択肢の内容もしっかり読んでおきましょう。

「アナログ方式」 周波数分割多重通信(FDM)方式 [Frequency Division Multiplex]
「デジタル方式」 時分割多重通信(TDM)方式 [Time Division Multiple]
 ※集中ゼミ1章P.2~P.4参考
「デジタル方式」 符号分割多重(CDM)方式 [Code Division Multiple]
 ※集中ゼミ1章P.9

h20 2月 午後

h20	2月	午後

解答 1

h20	2月	午後


正しい解答
選択肢2 : 変調及び復調用の端局装置に、「多数の帯域フィルタを用いる必要がない」
選択肢3 : 伝送系に非直線ひずみが「あっても、回線相互間に漏話が生じない」
選択肢4 : 衛星通信に用いるときは、チャネル間の干渉を防止するため「ガードタイム」を設けている。

(1)ガードバンド=周波数分割(2)ガードタイム=時分割、で用いられる。
正しい選択肢の内容もしっかり読んでおきましょう。

「アナログ方式」 周波数分割多重通信(FDM)方式 [Frequency Division Multiplex]
「デジタル方式」 時分割多重通信(TDM)方式 [Time Division Multiple]
 ※集中ゼミ1章P.2~P.4参考
「デジタル方式」 符号分割多重(CDM)方式 [Code Division Multiple]
 ※集中ゼミ1章P.9

h23 6月 午前

h23	6月	午前

解答 4

h23	6月	午前


正しい解答 : 周波数分割多重通信方式に比べ、各種のメディアへの対応が「容易である」

正しい選択肢の内容もしっかり読んでおきましょう。

「アナログ方式」 周波数分割多重通信(FDM)方式 [Frequency Division Multiplex]
「デジタル方式」 時分割多重通信(TDM)方式 [Time Division Multiple]
 ※集中ゼミ1章P.2~P.4参考
「デジタル方式」 符号分割多重(CDM)方式 [Code Division Multiple]
 ※集中ゼミ1章P.9

h19 6月 午前

h19	6月	午前

解答 4

h19	6月	午前


正しい解答
選択肢1 : 「周波数分割」多重通信方式は、「時分割」多重通信方式に比べ、回路構成が複雑なため、LSI等の集積回路の利用に適さない。
選択肢2 : 「時分割」多重通信方式は、多重化のために帯域フィルタを必要としない。
選択肢3 : 「周波数分割」多重通信方式は、多段中継において信号が補正されないため、「時分割」多重通信方式に比べ、雑音、ひずみ等の伝送品質の劣化が多い。

「アナログ方式」 周波数分割多重通信(FDM)方式 [Frequency Division Multiplex]
「デジタル方式」 時分割多重通信(TDM)方式 [Time Division Multiple]
 ※集中ゼミ1章P.2~P.4参考
「デジタル方式」 符号分割多重(CDM)方式 [Code Division Multiple]
 ※集中ゼミ1章P.9

h19 6月 午後

h19	6月	午後

解答 2

h19	6月	午後


正しい解答 : 「時分割」多重通信方式は、多重化のために帯域フィルタを必要としない。

正しい選択肢の内容もしっかり読んでおきましょう。

「アナログ方式」 周波数分割多重通信(FDM)方式 [Frequency Division Multiplex]
「デジタル方式」 時分割多重通信(TDM)方式 [Time Division Multiple]
 ※集中ゼミ1章P.2~P.4参考
「デジタル方式」 符号分割多重(CDM)方式 [Code Division Multiple]
 ※集中ゼミ1章P.9

h19 2月 午後

h19	2月	午後

解答 2

h19	2月	午後


正しい解答
(1) 通信回線の多重化には、主に「時分割」多重方式が用いられる。
(2) 送信機の変調方式には、主にPSK又は「QAM」が用いられる。
(3) デジタル方式特有の雑音として、「量子化」雑音がある。

「アナログ方式」 周波数分割多重通信(FDM)方式 [Frequency Division Multiplex]
「デジタル方式」 時分割多重通信(TDM)方式 [Time Division Multiple]
 ※集中ゼミ1章P.2~P.4参考
「デジタル方式」 符号分割多重(CDM)方式 [Code Division Multiple]
 ※集中ゼミ1章P.9

パターン3

h18 10月 午前

h18	10月	午前

解答 1

h18	10月	午前


正しい解答
CDM方式は、多重化して伝送される各信号の変調前の周波数帯域幅よりはるかに「広い」周波数帯域を多数の信号で共用するもので、各信号は「異なる」拡散符号でスペクトル拡散変調される。
この方式は、フェージングや干渉波の影響を比較的受け「にくい」

h22 10月 午前

h22	10月	午前

解答 2

h22	10月	午前


正しい解答
CDM方式は、多重化して伝送される各信号の変調前の周波数帯域幅よりはるかに「広い」周波数帯域を多数の信号で共用するもので、各信号は「異なる」拡散符号でスペクトル拡散変調される。
この方式は、フェージングや干渉波の影響を比較的受け「にくい」

h25 10月 午前

h25	10月	午前

解答 5

h25	10月	午前


正しい解答
CDM伝送方式は、多重化される各デジタル信号の周波数帯域幅より、はるかに「広い」周波数帯域を多数の信号で共用するもので、各信号は「異なる」拡散符号でスペクトル拡散変調される。
この伝送方式は、フェージングや干渉波の影響を比較的受け「にくい」

h27 2月 午前

h27	2月	午前

解答 2

h27	2月	午前


正しい解答
(1) CDM伝送方式は、送信側で用いた擬似雑音符号と「同じ」符号でしか復調できないため「秘話性」が高い。
(2) この伝送方式は、受信時に混入した狭帯域の妨害波は受信側で拡散されるので、狭帯域の妨害波に「強い」

h27 2月 午後

h27	2月	午後

解答 2

h27	2月	午後


正しい解答 :受信時に混入した狭帯域の妨害波は受信側で拡散されるので、狭帯域の妨害波に「強い」

正しい選択肢の内容もしっかり読んでおきましょう。

パターン4

h18 10月 午後

h18	10月	午後

解答 5

h18	10月	午後


正しい解答 : フェージングや混信妨害による影響が「小さい」ので、信号対雑音比(S/N)を1よりも十分大きくして復調する必要が「ない」

正しい選択肢の内容もしっかり読んでおきましょう。

h22 10月 午後

h22	10月	午後

解答 4

h22	10月	午後


正しい解答 : フェージングや混信妨害による影響が「小さい」ので、信号対雑音比(S/N)を1よりも十分大きくして復調する必要が「ない」

正しい選択肢の内容もしっかり読んでおきましょう。

h25 10月 午後

h25	10月	午後

解答 3

h25	10月	午後


正しい解答 : フェージングや干渉波の影響を比較的受け「にくい」

正しい選択肢の内容もしっかり読んでおきましょう。

前の項目へ

|27| マイクロ波・デジタルとアナログ通信

次の項目へ

|29| PCM通信方式


最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional