■資格取得応援サイト! 過去問分析で理解度を高める。オススメの参考書や勉強法、デシベル計算の覚え方など... 一陸特(第一級陸上特殊無線技士)

|36| 衛星通信の接続方式

|36| 衛星通信の接続方式

NO項目               計算主な出題番号集中ゼミの章別集中ゼミのページ番号
36衛星通信の接続方式無し1・2・3・13・145.3105

出題パターンは5種類

  1. 衛星通信の接続方式について
  2. 衛星通信に用いられる多元接続方式及び回線割当方式について
  3. 衛星通信の多元接続方式について
  4. 衛星中継器の回線(チャネル)を地球局に割り当てる方式について
  5. 静止衛星を利用する通信について

パターンは5種類ありますが、内容はほとんど被っています。
出題数は多いですが、覚えることは少ないので確実に点を取れるようにしましょう。

関連項目の |37| 通信衛星に搭載される中継器 と |38| 衛星通信の特徴 と |39| 衛星通信に用いられる地球局用アンテナ と |40| CDMAを一緒に覚えると効果的です。


パターン1

h18 2月 午前

h18	2月	午前

解答 4

h18	2月	午前


正しい解答
選択肢1 : 「FDMA」方式は、一つの搬送波周波数に対して、1チャネル(SCPC)を割り当てる。
選択肢2 : 「デマンド」アサイメントは、通信の呼が発生する度に衛星回線を設定する。
選択肢3 : 「TDMA」方式における衛星中継器の電力効率は、地球局のアクセス数が増加しても変わらない。
選択肢5 : CDMA方式は、各地球局の使用周波数帯域幅が「広い」ため、伝送容量が極めて大きい。

FDMA---「周波数分割多元接続」
TDMA---「分割多元接続」
CDMA---「符号分割多元接続」

CDMA通信に用いられるPN符号(Pseudo Noise)---「Pseudo Noiseとは疑似雑音という意味。実際には送信側と受信側で共通の規則性をもった疑似的な雑音が利用される。」

デマンドアサイメント---「通信の呼が発生する度に衛星回線を設定する。」
プリアサイメント---「特定の地球局間に通信衛星を介してあらかじめ回線を割り当てておく。通信容量が大きい通信に適している。」

SCPC (single-channel per carrier)---「1音声チャネル当たり1搬送波を割り当てる伝送方式。FDMAの分類の一つである。」
MCPC (multiple-channel per carrier)---「複数の音声チャネルに対して1搬送波を割り当てる伝送方式。FDMAの分類の一つである。」

ガードバンド---「FDMAで使う」
ガードタイム---「TDMAで使う」 ※「タイム」と「T」を関連付けて覚えてください。

詳しくは、集中ゼミ第5章P.105を参考にしてください。

h18 2月 午後

h18	2月	午後

解答 4

h18	2月	午後


正しい解答 : TDMA方式は、隣接する通話路の干渉を避けるため、各地球局の周波数帯域が互いに重なり合わないように、「ガードタイム」を設けている。

正しい選択肢の内容もしっかり読んでおきましょう。

FDMA---「周波数分割多元接続」
TDMA---「分割多元接続」
CDMA---「符号分割多元接続」

CDMA通信に用いられるPN符号(Pseudo Noise)---「Pseudo Noiseとは疑似雑音という意味。実際には送信側と受信側で共通の規則性をもった疑似的な雑音が利用される。」

デマンドアサイメント---「通信の呼が発生する度に衛星回線を設定する。」
プリアサイメント---「特定の地球局間に通信衛星を介してあらかじめ回線を割り当てておく。通信容量が大きい通信に適している。」

SCPC (single-channel per carrier)---「1音声チャネル当たり1搬送波を割り当てる伝送方式。FDMAの分類の一つである。」
MCPC (multiple-channel per carrier)---「複数の音声チャネルに対して1搬送波を割り当てる伝送方式。FDMAの分類の一つである。」

ガードバンド---「FDMAで使う」
ガードタイム---「TDMAで使う」 ※「タイム」と「T」を関連付けて覚えてください。

詳しくは、集中ゼミ第5章P.105を参考にしてください。

h19 2月 午前

h19	2月	午前

解答 4

h19	2月	午前


正しい解答 : 「TDMA」方式は、アクセスする地球局数に無関係に中継器の伝送容量を効率的に利用できるため、地球局数の多い衛星ネットワークに適し、「FDMA」方式は、アクセスする地球局数が増加するにつれて中継器の伝送容量が減少するため、地球局数の少ないネットワークに適する。

正しい選択肢の内容もしっかり読んでおきましょう。

FDMA---「周波数分割多元接続」
TDMA---「分割多元接続」
CDMA---「符号分割多元接続」

CDMA通信に用いられるPN符号(Pseudo Noise)---「Pseudo Noiseとは疑似雑音という意味。実際には送信側と受信側で共通の規則性をもった疑似的な雑音が利用される。」

デマンドアサイメント---「通信の呼が発生する度に衛星回線を設定する。」
プリアサイメント---「特定の地球局間に通信衛星を介してあらかじめ回線を割り当てておく。通信容量が大きい通信に適している。」

SCPC (single-channel per carrier)---「1音声チャネル当たり1搬送波を割り当てる伝送方式。FDMAの分類の一つである。」
MCPC (multiple-channel per carrier)---「複数の音声チャネルに対して1搬送波を割り当てる伝送方式。FDMAの分類の一つである。」

ガードバンド---「FDMAで使う」
ガードタイム---「TDMAで使う」 ※「タイム」と「T」を関連付けて覚えてください。

詳しくは、集中ゼミ第5章P.105を参考にしてください。

h20 10月 午前

h20	10月	午前

解答 3

h20	10月	午前


正しい解答 : 「デマンド」アサイメントは、通信容量が小さい船舶地球局間の通信に用いられることが多い。

正しい選択肢の内容もしっかり読んでおきましょう。

FDMA---「周波数分割多元接続」
TDMA---「分割多元接続」
CDMA---「符号分割多元接続」

CDMA通信に用いられるPN符号(Pseudo Noise)---「Pseudo Noiseとは疑似雑音という意味。実際には送信側と受信側で共通の規則性をもった疑似的な雑音が利用される。」

デマンドアサイメント---「通信の呼が発生する度に衛星回線を設定する。」
プリアサイメント---「特定の地球局間に通信衛星を介してあらかじめ回線を割り当てておく。通信容量が大きい通信に適している。」

SCPC (single-channel per carrier)---「1音声チャネル当たり1搬送波を割り当てる伝送方式。FDMAの分類の一つである。」
MCPC (multiple-channel per carrier)---「複数の音声チャネルに対して1搬送波を割り当てる伝送方式。FDMAの分類の一つである。」

ガードバンド---「FDMAで使う」
ガードタイム---「TDMAで使う」 ※「タイム」と「T」を関連付けて覚えてください。

詳しくは、集中ゼミ第5章P.105を参考にしてください。

h21 6月 午前

h21	6月	午前

解答 2

h21	6月	午前


正しい解答 : TDMA方式は、隣接する通話路の干渉を避けるため、各地球局の周波数帯域が互いに重なり合わないように、「ガードタイム」を設けている。

正しい選択肢の内容もしっかり読んでおきましょう。

FDMA---「周波数分割多元接続」
TDMA---「分割多元接続」
CDMA---「符号分割多元接続」

CDMA通信に用いられるPN符号(Pseudo Noise)---「Pseudo Noiseとは疑似雑音という意味。実際には送信側と受信側で共通の規則性をもった疑似的な雑音が利用される。」

デマンドアサイメント---「通信の呼が発生する度に衛星回線を設定する。」
プリアサイメント---「特定の地球局間に通信衛星を介してあらかじめ回線を割り当てておく。通信容量が大きい通信に適している。」

SCPC (single-channel per carrier)---「1音声チャネル当たり1搬送波を割り当てる伝送方式。FDMAの分類の一つである。」
MCPC (multiple-channel per carrier)---「複数の音声チャネルに対して1搬送波を割り当てる伝送方式。FDMAの分類の一つである。」

ガードバンド---「FDMAで使う」
ガードタイム---「TDMAで使う」 ※「タイム」と「T」を関連付けて覚えてください。

詳しくは、集中ゼミ第5章P.105を参考にしてください。

h21 6月 午後

h21	6月	午後

解答 5

h21	6月	午後


正しい解答
選択肢1 : 「デマンド」アサイメントは、通信の呼が発生する度に衛星回線を設定する。
選択肢2 : 「TDMA」方式は、時間を分割してチャネルを割り当てる。
選択肢3 : 「TDMA」方式における衛星中継器の電力効率は、地球局のアクセス数が増加しても変わらない。
選択肢4 : 「FDMA」方式は、一つの搬送波周波数に対して、1チャネル(SCPC)を割り当てる。

FDMA---「周波数分割多元接続」
TDMA---「分割多元接続」
CDMA---「符号分割多元接続」

CDMA通信に用いられるPN符号(Pseudo Noise)---「Pseudo Noiseとは疑似雑音という意味。実際には送信側と受信側で共通の規則性をもった疑似的な雑音が利用される。」

デマンドアサイメント---「通信の呼が発生する度に衛星回線を設定する。」
プリアサイメント---「特定の地球局間に通信衛星を介してあらかじめ回線を割り当てておく。通信容量が大きい通信に適している。」

SCPC (single-channel per carrier)---「1音声チャネル当たり1搬送波を割り当てる伝送方式。FDMAの分類の一つである。」
MCPC (multiple-channel per carrier)---「複数の音声チャネルに対して1搬送波を割り当てる伝送方式。FDMAの分類の一つである。」

ガードバンド---「FDMAで使う」
ガードタイム---「TDMAで使う」 ※「タイム」と「T」を関連付けて覚えてください。

詳しくは、集中ゼミ第5章P.105を参考にしてください。

h21 10月 午後

h21	10月	午後

解答 1

h21	10月	午後


正しい解答 : 「TDMA」方式は、アクセスする地球局数に無関係に中継器の伝送容量を効率的に利用できるため、地球局数の多い衛星ネットワークに適している。

正しい選択肢の内容もしっかり読んでおきましょう。

FDMA---「周波数分割多元接続」
TDMA---「分割多元接続」
CDMA---「符号分割多元接続」

CDMA通信に用いられるPN符号(Pseudo Noise)---「Pseudo Noiseとは疑似雑音という意味。実際には送信側と受信側で共通の規則性をもった疑似的な雑音が利用される。」

デマンドアサイメント---「通信の呼が発生する度に衛星回線を設定する。」
プリアサイメント---「特定の地球局間に通信衛星を介してあらかじめ回線を割り当てておく。通信容量が大きい通信に適している。」

SCPC (single-channel per carrier)---「1音声チャネル当たり1搬送波を割り当てる伝送方式。FDMAの分類の一つである。」
MCPC (multiple-channel per carrier)---「複数の音声チャネルに対して1搬送波を割り当てる伝送方式。FDMAの分類の一つである。」

ガードバンド---「FDMAで使う」
ガードタイム---「TDMAで使う」 ※「タイム」と「T」を関連付けて覚えてください。

詳しくは、集中ゼミ第5章P.105を参考にしてください。

h22 10月 午前

h22	10月	午前

解答 5

h22	10月	午前


正しい解答 : TDMA方式は、隣接する通話路の干渉を避けるため、各地球局の周波数帯域が互いに重なり合わないように、「ガードタイム」を設けている。

正しい選択肢の内容もしっかり読んでおきましょう。

FDMA---「周波数分割多元接続」
TDMA---「分割多元接続」
CDMA---「符号分割多元接続」

CDMA通信に用いられるPN符号(Pseudo Noise)---「Pseudo Noiseとは疑似雑音という意味。実際には送信側と受信側で共通の規則性をもった疑似的な雑音が利用される。」

デマンドアサイメント---「通信の呼が発生する度に衛星回線を設定する。」
プリアサイメント---「特定の地球局間に通信衛星を介してあらかじめ回線を割り当てておく。通信容量が大きい通信に適している。」

SCPC (single-channel per carrier)---「1音声チャネル当たり1搬送波を割り当てる伝送方式。FDMAの分類の一つである。」
MCPC (multiple-channel per carrier)---「複数の音声チャネルに対して1搬送波を割り当てる伝送方式。FDMAの分類の一つである。」

ガードバンド---「FDMAで使う」
ガードタイム---「TDMAで使う」 ※「タイム」と「T」を関連付けて覚えてください。

詳しくは、集中ゼミ第5章P.105を参考にしてください。

h22 10月 午後

h22	10月	午後

解答 2

h22	10月	午後


正しい解答
選択肢1 : 「デマンド」アサイメントは、通信の呼が発生する度に衛星回線を設定する。
選択肢3 : 「TDMA」方式における衛星中継器の電力効率は、地球局のアクセス数が増加しても変わらない。
選択肢4 : 「FDMA」方式は、周波数を分割してチャネルを割り当てる。
選択肢5 : 「TDMA」方式は、時間を分割してチャネルを割り当てる。

FDMA---「周波数分割多元接続」
TDMA---「分割多元接続」
CDMA---「符号分割多元接続」

CDMA通信に用いられるPN符号(Pseudo Noise)---「Pseudo Noiseとは疑似雑音という意味。実際には送信側と受信側で共通の規則性をもった疑似的な雑音が利用される。」

デマンドアサイメント---「通信の呼が発生する度に衛星回線を設定する。」
プリアサイメント---「特定の地球局間に通信衛星を介してあらかじめ回線を割り当てておく。通信容量が大きい通信に適している。」

SCPC (single-channel per carrier)---「1音声チャネル当たり1搬送波を割り当てる伝送方式。FDMAの分類の一つである。」
MCPC (multiple-channel per carrier)---「複数の音声チャネルに対して1搬送波を割り当てる伝送方式。FDMAの分類の一つである。」

ガードバンド---「FDMAで使う」
ガードタイム---「TDMAで使う」 ※「タイム」と「T」を関連付けて覚えてください。

詳しくは、集中ゼミ第5章P.105を参考にしてください。

h23 6月 午前

h23	6月	午前

解答 5

h23	6月	午前


正しい解答 : 「TDMA」方式は、アクセスする地球局数に無関係に中継器の伝送容量を効率的に利用できるため、地球局数の多い衛星ネットワークに適している。

正しい選択肢の内容もしっかり読んでおきましょう。

FDMA---「周波数分割多元接続」
TDMA---「分割多元接続」
CDMA---「符号分割多元接続」

CDMA通信に用いられるPN符号(Pseudo Noise)---「Pseudo Noiseとは疑似雑音という意味。実際には送信側と受信側で共通の規則性をもった疑似的な雑音が利用される。」

デマンドアサイメント---「通信の呼が発生する度に衛星回線を設定する。」
プリアサイメント---「特定の地球局間に通信衛星を介してあらかじめ回線を割り当てておく。通信容量が大きい通信に適している。」

SCPC (single-channel per carrier)---「1音声チャネル当たり1搬送波を割り当てる伝送方式。FDMAの分類の一つである。」
MCPC (multiple-channel per carrier)---「複数の音声チャネルに対して1搬送波を割り当てる伝送方式。FDMAの分類の一つである。」

ガードバンド---「FDMAで使う」
ガードタイム---「TDMAで使う」 ※「タイム」と「T」を関連付けて覚えてください。

詳しくは、集中ゼミ第5章P.105を参考にしてください。

h25 2月 午後

h25	2月 	午後

解答 2

h25	2月 	午後


正しい解答 : 「TDMA」方式は、アクセスする地球局数に無関係に中継器の伝送容量を効率的に利用できるため、地球局数の多い衛星ネットワークに適している。

正しい選択肢の内容もしっかり読んでおきましょう。

FDMA---「周波数分割多元接続」
TDMA---「分割多元接続」
CDMA---「符号分割多元接続」

CDMA通信に用いられるPN符号(Pseudo Noise)---「Pseudo Noiseとは疑似雑音という意味。実際には送信側と受信側で共通の規則性をもった疑似的な雑音が利用される。」

デマンドアサイメント---「通信の呼が発生する度に衛星回線を設定する。」
プリアサイメント---「特定の地球局間に通信衛星を介してあらかじめ回線を割り当てておく。通信容量が大きい通信に適している。」

SCPC (single-channel per carrier)---「1音声チャネル当たり1搬送波を割り当てる伝送方式。FDMAの分類の一つである。」
MCPC (multiple-channel per carrier)---「複数の音声チャネルに対して1搬送波を割り当てる伝送方式。FDMAの分類の一つである。」

ガードバンド---「FDMAで使う」
ガードタイム---「TDMAで使う」 ※「タイム」と「T」を関連付けて覚えてください。

詳しくは、集中ゼミ第5章P.105を参考にしてください。

h25 6月 午前

h25	6月 	午前

解答 5

h25	6月 	午前


(1) TDMA方式は、各地球局に対して使用する「時間」を割り当てる方式である。

(2) FDMA方式は、各地球局に対して使用する「周波数帯域」を割り当てる方式である。

(3) CDMA方式は、各地球局に対しスペクトル拡散のために使用する「PN符号」を割り当てる方式である。

FDMA---「周波数分割多元接続」
TDMA---「分割多元接続」
CDMA---「符号分割多元接続」

CDMA通信に用いられるPN符号(Pseudo Noise)---「Pseudo Noiseとは疑似雑音という意味。実際には送信側と受信側で共通の規則性をもった疑似的な雑音が利用される。」

デマンドアサイメント---「通信の呼が発生する度に衛星回線を設定する。」
プリアサイメント---「特定の地球局間に通信衛星を介してあらかじめ回線を割り当てておく。通信容量が大きい通信に適している。」

SCPC (single-channel per carrier)---「1音声チャネル当たり1搬送波を割り当てる伝送方式。FDMAの分類の一つである。」
MCPC (multiple-channel per carrier)---「複数の音声チャネルに対して1搬送波を割り当てる伝送方式。FDMAの分類の一つである。」

ガードバンド---「FDMAで使う」
ガードタイム---「TDMAで使う」 ※「タイム」と「T」を関連付けて覚えてください。

詳しくは、集中ゼミ第5章P.105を参考にしてください。

h25 6月 午後

h25	6月 	午後

解答 5

h25	6月 	午後


正しい解答 : CDMA方式は、各地球局に対して使用するスペクトル拡散のための「PN」符号を割り当てる方式である。

正しい選択肢の内容もしっかり読んでおきましょう。

FDMA---「周波数分割多元接続」
TDMA---「分割多元接続」
CDMA---「符号分割多元接続」

CDMA通信に用いられるPN符号(Pseudo Noise)---「Pseudo Noiseとは疑似雑音という意味。実際には送信側と受信側で共通の規則性をもった疑似的な雑音が利用される。」

デマンドアサイメント---「通信の呼が発生する度に衛星回線を設定する。」
プリアサイメント---「特定の地球局間に通信衛星を介してあらかじめ回線を割り当てておく。通信容量が大きい通信に適している。」

SCPC (single-channel per carrier)---「1音声チャネル当たり1搬送波を割り当てる伝送方式。FDMAの分類の一つである。」
MCPC (multiple-channel per carrier)---「複数の音声チャネルに対して1搬送波を割り当てる伝送方式。FDMAの分類の一つである。」

ガードバンド---「FDMAで使う」
ガードタイム---「TDMAで使う」 ※「タイム」と「T」を関連付けて覚えてください。

詳しくは、集中ゼミ第5章P.105を参考にしてください。

h27 2月 午後

h27	2月	午後

解答 1

h27	2月	午後


正しい解答 : 衛星中継器の回線(チャネル)を地球局に割り当てる方式のうち、「呼の発生のたびに回線(チャネル)を設定し、通信が終了すると解消する割り当て方式」を「デマンドアサイメント」という。

正しい選択肢の内容もしっかり読んでおきましょう。

FDMA---「周波数分割多元接続」
TDMA---「分割多元接続」
CDMA---「符号分割多元接続」

CDMA通信に用いられるPN符号(Pseudo Noise)---「Pseudo Noiseとは疑似雑音という意味。実際には送信側と受信側で共通の規則性をもった疑似的な雑音が利用される。」

デマンドアサイメント---「通信の呼が発生する度に衛星回線を設定する。」
プリアサイメント---「特定の地球局間に通信衛星を介してあらかじめ回線を割り当てておく。通信容量が大きい通信に適している。」

SCPC (single-channel per carrier)---「1音声チャネル当たり1搬送波を割り当てる伝送方式。FDMAの分類の一つである。」
MCPC (multiple-channel per carrier)---「複数の音声チャネルに対して1搬送波を割り当てる伝送方式。FDMAの分類の一つである。」

ガードバンド---「FDMAで使う」
ガードタイム---「TDMAで使う」 ※「タイム」と「T」を関連付けて覚えてください。

詳しくは、集中ゼミ第5章P.105を参考にしてください。

h27 10月 午前

h27	10月	午前

解答 1

h27	10月	午前


正しい解答 : TDMA方式では、隣接する通話路間の干渉を避けるため、各地球局の周波数帯域が互いに重なり合わないように、「ガードタイム」を設けている。

正しい選択肢の内容もしっかり読んでおきましょう。

FDMA---「周波数分割多元接続」
TDMA---「分割多元接続」
CDMA---「符号分割多元接続」

CDMA通信に用いられるPN符号(Pseudo Noise)---「Pseudo Noiseとは疑似雑音という意味。実際には送信側と受信側で共通の規則性をもった疑似的な雑音が利用される。」

デマンドアサイメント---「通信の呼が発生する度に衛星回線を設定する。」
プリアサイメント---「特定の地球局間に通信衛星を介してあらかじめ回線を割り当てておく。通信容量が大きい通信に適している。」

SCPC (single-channel per carrier)---「1音声チャネル当たり1搬送波を割り当てる伝送方式。FDMAの分類の一つである。」
MCPC (multiple-channel per carrier)---「複数の音声チャネルに対して1搬送波を割り当てる伝送方式。FDMAの分類の一つである。」

ガードバンド---「FDMAで使う」
ガードタイム---「TDMAで使う」 ※「タイム」と「T」を関連付けて覚えてください。

詳しくは、集中ゼミ第5章P.105を参考にしてください。

h27 10月 午後

h27	10月	午後

解答 5

h27	10月	午後


正しい解答
選択肢1 : 「デマンド」アサイメントは、通信の呼が発生する度に衛星回線を設定する。

選択肢2 : 「MCPC」方式では、複数のチャネルを一つの搬送波周波数にを割り当てている。

選択肢3 : 「FDMA」方式は、周波数を分割してチャネルを割り当てる。
選択肢4 : 「TDMA」方式は、時間を分割してチャネルを割り当てる。

FDMA---「周波数分割多元接続」
TDMA---「分割多元接続」
CDMA---「符号分割多元接続」

CDMA通信に用いられるPN符号(Pseudo Noise)---「Pseudo Noiseとは疑似雑音という意味。実際には送信側と受信側で共通の規則性をもった疑似的な雑音が利用される。」

デマンドアサイメント---「通信の呼が発生する度に衛星回線を設定する。」
プリアサイメント---「特定の地球局間に通信衛星を介してあらかじめ回線を割り当てておく。通信容量が大きい通信に適している。」

SCPC (single-channel per carrier)---「1音声チャネル当たり1搬送波を割り当てる伝送方式。FDMAの分類の一つである。」
MCPC (multiple-channel per carrier)---「複数の音声チャネルに対して1搬送波を割り当てる伝送方式。FDMAの分類の一つである。」

ガードバンド---「FDMAで使う」
ガードタイム---「TDMAで使う」 ※「タイム」と「T」を関連付けて覚えてください。

詳しくは、集中ゼミ第5章P.105を参考にしてください。

h28 6月 午後

h28	6月	午後

解答 4

h28	6月	午後


正しい解答 : 衛星中継器の回線(チャネル)を地球局に割り当てる方式のうち、「呼の発生のたびに回線(チャネル)を設定し、通信が終了すると解消する割り当て方式」を「デマンドアサイメント」という。

正しい選択肢の内容もしっかり読んでおきましょう。

FDMA---「周波数分割多元接続」
TDMA---「分割多元接続」
CDMA---「符号分割多元接続」

CDMA通信に用いられるPN符号(Pseudo Noise)---「Pseudo Noiseとは疑似雑音という意味。実際には送信側と受信側で共通の規則性をもった疑似的な雑音が利用される。」

デマンドアサイメント---「通信の呼が発生する度に衛星回線を設定する。」
プリアサイメント---「特定の地球局間に通信衛星を介してあらかじめ回線を割り当てておく。通信容量が大きい通信に適している。」

SCPC (single-channel per carrier)---「1音声チャネル当たり1搬送波を割り当てる伝送方式。FDMAの分類の一つである。」
MCPC (multiple-channel per carrier)---「複数の音声チャネルに対して1搬送波を割り当てる伝送方式。FDMAの分類の一つである。」

ガードバンド---「FDMAで使う」
ガードタイム---「TDMAで使う」 ※「タイム」と「T」を関連付けて覚えてください。

詳しくは、集中ゼミ第5章P.105を参考にしてください。

パターン2

h18 10月 午後

h18	10月	午後

解答 5

h18	10月	午後


(1) 各地球局がデジタル変調された搬送波を用いて、通信衛星の中継器を「時分割」で使用する方式をTDMA方式といい、断続する搬送波が互いに重なり合わないようにするため、搬送波の間に「ガードタイム」を設ける必要がある。

(2) 回線割当方式には大別して二つあり、そのうち地球局にあらかじめ所定の衛星回線を割り当てておくプリアサイメント方式は、通信容量が「大きい」地球局間の通信に用いられることが多い。

h19 2月 午後

h19	2月	午後

解答 3

h19	2月	午後


(1) 複数の地球局が、それぞれ別々の周波数の電波を、適当なガードバンドを設けて互いに周波数帯が重なり合わないようにして、送出する多元接続方式を「FDMA」方式といい、そのうち、1音声チャネルの伝送のために1搬送波を用いる方式を「SCPC」方式という。

(2) 回線割当方式には大別して二つあり、このうち地球局からの回線割当て要求が発生するたびに回線を設定するデマンドアサイメント方式は、地球局の通信容量が「小さく」かつ衛星中継器を多数の地球局が共有する場合、特に有効である。

h21 10月 午前

h21	10月	午前

解答 5

h21	10月	午前


(1) 複数の地球局が、それぞれ別々の周波数の電波を、適当なガードバンドを設けて互いに周波数帯が重なり合わないようにして、送出する多元接続方式を「FDMA」方式といい、そのうち、1音声チャネルの伝送のために1搬送波を用いる方式を「SCPC」方式という。

(2) 回線割当方式には大別して二つあり、このうち地球局からの回線割当て要求が発生するたびに回線を設定するデマンドアサイメント方式は、地球局の通信容量が「小さく」かつ衛星中継器を多数の地球局が共有する場合、特に有効である。

h23 10月 午後

h23	10月	午後

解答 3

h23	10月	午後


(1) 複数の地球局が、それぞれ別々の周波数の電波を、適当なガードバンドを設けて互いに周波数帯が重なり合わないようにして、送出する多元接続方式を「FDMA」方式といい、そのうち、1音声チャネルの伝送のために1搬送波を用いる方式を「SCPC」方式という。

(2) 回線割当方式には大別して二つあり、このうち地球局からの回線割当て要求が発生するたびに回線を設定するデマンドアサイメント方式は、地球局の通信容量が「小さく」かつ衛星中継器を多数の地球局が共有する場合、特に有効である。

h26 2月 午前

h26 	2月 	午前

解答 4

h26 	2月 	午前


(1) 各地球局がデジタル変調された搬送波を用いて、通信衛星の中継器を時分割で使用する方式をTDMA方式といい、断続する搬送波が互いに重なり合わないようにするため、「ガードタイム」を設ける必要がある。

(2) 回線割当方式は大別して二つあり、このうち地球局にあらかじめ所定の衛星回線を割り当てておく方式を「プリアサイメント」方式という。

h26 2月 午後

h26 	2月 	午後

解答 2

h26 	2月 	午後


(1) 複数の地球局が、それぞれ別々の周波数の電波を、適切なガードバンドを設けて互いに周波数帯が重なり合わないようにして、送出する多元接続方式を「FDMA」方式という。

(2) 回線割当方式は大別して二つあり、このうち地球局からの回線割当て要求が発生するたびに回線を設定する方式を「デマンドアサイメント」方式という。

h28 2月 午前

h28	2月	午前

解答 3

h28	2月	午前


(1) 各地球局がデジタル変調された搬送波を用いて、通信衛星の中継器を時分割で使用する方式をTDMA方式といい、断続する搬送波が互いに重なり合わないようにするため、「ガードタイム」を設ける必要がある。

(2) 回線割当方式は大別して二つあり、このうち地球局にあらかじめ所定の衛星回線を割り当てておく方式を「プリアサイメント」方式という。

パターン3

h19 10月 午前

h19	10月	午前

解答 2

h19	10月	午前


(1) FDMA方式は、隣接する通信路間の干渉を避けるために「ガードバンド」を設けて、周波数帯域が互いに重ならないように分割し、「各地球局」に割り当てる方式である。

(2) 音声信号又はデータ信号の各チャネルごとに、個別の搬送波を割り当てる方式を、「SCPS」方式という。

h20 2月 午前

h20	2月	午前

解答 1

h20	2月	午前


「時間」「分割」という点に着目してください。

h20 2月 午後

h20	2月	午後

解答 4

h20	2月	午後


正しい解答 : TDMA

h22 6月 午前

h22	6月	午前

解答 2

h22	6月	午前


「時間」「分割」という点に着目してください。

h22 6月 午後

h22	6月	午後

解答 2

h22	6月	午後


正しい解答 : TDMA

h24 6月 午前

h24	6月	午前

解答 1

h24	6月	午前


正しい解答 : TDMA

h24 6月 午後

h24	6月	午後

解答 4

h24	6月	午後


「時間」「分割」という点に着目してください。

h27 6月 午前

h27	6月	午前

解答 5

h27	6月	午前


正しい解答 : TDMA

h27 6月 午後

h27	6月	午後

解答 1

h27	6月	午後


「時間」「分割」という点に着目してください。

なお、各選択肢は以下の説明文となります。
・選択肢2=FDMA方式
・選択肢3=再生中継方式
・選択肢4=FDMAのSCPC方式

パターン4

h19 6月 午前

h19	6月	午前

解答 4

h19	6月	午前


正しい解答 : デマンドアサイメント

h21 2月 午後

h21	2月	午後

解答 5

h21	2月	午後


正しい解答 : デマンドアサイメント

h21 2月 午前

h21	2月	午前

解答 5

h21	2月	午前


正しい解答 : SCPC

h23 6月 午後

h23	6月	午後

解答 4

h23	6月	午後


正しい解答 : デマンドアサイメント

h23 10月 午前

h23	10月	午前

解答 1

h23	10月	午前


正しい解答 : SCPC

h25 2月 午前

h25	2月 	午前

解答 5

h25	2月 	午前


正しい解答 : デマンドアサイメント

h27 2月 午前

h27	2月	午前

解答 2

h27	2月	午前


正しい解答 : デマンドアサイメント

h28 6月 午前

h28	6月	午前

解答 4

h28	6月	午前


正しい解答 : デマンドアサイメント

パターン5

h19 10月 午後

h19	10月	午後

解答 2

h19	10月	午後


(1) 衛星の中継器を複数の地球局が共有して通信を行う多元接続方式のうち、時間を分割して各地球局に回線を割り当てる方式を「TDMA」方式という。

(2) 人工衛星局を経由する電波により、同時に多地点で受信することが可能である同報通信を容易に行うことが「できる」

(3) 赤道上空の静止衛星軌道に、最低1個の通信衛星を配置すれば、ほぼ「日本」全体をサービスエリアとする通信網が構成できる。

※1・・・1個の通信衛星を配置→→→「ほぼ日本全体をサービスエリア」
※2・・・3個の通信衛星を配置→→→「極地域を除く地球の大部分をサービスエリア」

h20 6月 午前

h20	6月	午前

解答 4

h20	6月	午前


(1) FDMA及びTDMAなどの「多元接続」方式は、衛星に搭載する中継装置の回線を分割し、多数の地球局が共有するために用いられる。

(2) FDMA方式は、「周波数」を分割して各地球局に回線を割り当てる。

(3) 伝送コスト及び伝送品質は、送信地球局と受信地球間の距離への依存度が極めて「低い」

h20 6月 午後

h20	6月	午後

解答 5

h20	6月	午後


(1) FDMA及びTDMAなどの多元接続方式は、衛星に搭載する中継装置の回線を分割し、多数の「地球局」が共有するために用いられる。

(2) FDMA方式は、「周波数」を分割して各地球局に回線を割り当てる。

(3) 静止衛星は、赤道上空約36,000キロメートルの軌道上にあるため、一中継当たり「0.24」秒程度の伝搬遅延時間がある。

※なぜ「0.24」秒の遅延が発生するか。
 ↓
電波の速度は光速です。つまり、3×10^8[m/s]の速さです。
 ↓
距離=速度×時間 → 時間=距離÷速度
 ↓
36,000,000 [m] ÷ 300,000,000 [m/s] = 0.12 [s]
 ↓
片道0.12 [s]の遅延が発生し、往復で考えると2倍の0.24 [s]の遅延が発生します。

h21 2月 午後

h21	2月	午後

解答 4

h21	2月	午後


(1) FDMA及びTDMAなどを用いて衛星に搭載している中継器の回線を分割し、多数の地球局が同時に使用することを「多元」接続という。

(2) 静止衛星は、赤道上空約36,000[km]の軌道上にあり、地球を一周する時間が地球の自転周期と一致しており、地球の自転の方向と「同一」方向に周回している。

(3) 静止衛星は、春分及び秋分の頃の夜間に地球の影に入るため、その間は衛生に搭載した「蓄電池」で電力を供給する。

h21 2月 午前

h21	2月	午前

解答 2

h21	2月	午前


(1) FDMA及びTDMAなどを用いて衛星に搭載している中継器の回線を分割し、多数の地球局が同時に使用することを「多元」接続という。

(2) 静止衛星は、赤道上空約36,000[km]の軌道上にあり、地球を一周する時間が地球の「自転」周期と一致している。

(3) 静止衛星は、「春分及び秋分」の頃の夜間に地球の影に入るため、その間は衛生に搭載した蓄電池で電力を供給する。

前の項目へ

|35| 符号誤り率

次の項目へ

|37| 通信衛星に搭載される中継器


最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional