■資格取得応援サイト! 過去問分析で理解度を高める。オススメの参考書や勉強法、デシベル計算の覚え方など... 一陸特(第一級陸上特殊無線技士)

|37| 通信衛星に搭載される中継器

|37| 通信衛星に搭載される中継器

NO項目               計算主な出題番号集中ゼミの章別集中ゼミのページ番号
37通信衛星に搭載される中継器無し13・141.315

出題パターンは1種類

  1. 通信衛星に搭載される中継器(トランスポンダ)について

関連項目の |36| 衛星通信の接続方式 と |38| 衛星通信の特徴 と |39| 衛星通信に用いられる地球局用アンテナ と |40| CDMAを一緒に覚えると効果的です。


パターン1の問題

h18 10月 午前

h18	10月	午前

解答 2

h18	10月	午前


正しい解答
選択肢1 : 中継器の主な機能の一つは、受信した「アップリンク」の周波数を「ダウンリンク」の周波数に変換することである。
選択肢3 : 一般に、通信衛星の送信周波数は、受信周波数より「低い」周波数が用いられている。
選択肢4 : 中継器の電力増幅器には、主に「進行波管増幅器(TWTA)」が用いられている。

h20 10月 午後

h20	10月	午後

解答 4

h20	10月	午後


正しい解答 : 中継器の電力増幅器には、主に「進行波管増幅器(TWTA)」が用いられている。

正しい選択肢の内容もしっかり読んでおきましょう。

h24 10月 午前

h24	10月	午前

解答 3

h24	10月	午前


正しい解答 : 中継器の電力増幅器には、主に「進行波管増幅器(TWTA)」が用いられている。

正しい選択肢の内容もしっかり読んでおきましょう。

h24 10月 午後

h24	10月	午後

解答 2

h24	10月	午後


正しい解答
選択肢1 : 一つの電力増幅器で多数波を同時に増幅する場合、一般に入出力特性の「直線領域」を使用する。
選択肢3 : 一般に、通信衛星の送信周波数は、受信周波数より「低い」周波数が用いられている。
選択肢4 : 中継器の電力増幅器には、主に「進行波管増幅器(TWTA)」が用いられている。

h28 2月 午後

h28	2月	午後

解答 4

h28	2月	午後


正しい解答 : 中継器の電力増幅器には、主に「進行波管増幅器(TWTA)」が用いられている。

正しい選択肢の内容もしっかり読んでおきましょう。

前の項目へ

|36| 衛星通信の接続方式

次の項目へ

|38| 衛星通信の特徴


最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional