■資格取得応援サイト! 過去問分析で理解度を高める。オススメの参考書や勉強法、デシベル計算の覚え方など... 一陸特(第一級陸上特殊無線技士)

|40| CDMA

|40| CDMA

NO項目               計算主な出題番号集中ゼミの章別集中ゼミのページ番号
40CDMA無し8・13・145.3105

出題パターンは4種類

  1. 符号分割多重アクセス(CDMA)方式について
  2. 符号分割多重アクセス(CDMA)方式において用いられるスペクトラム拡散通信方式について
  3. 多元接続方式について
  4. 携帯無線通信システムについて

関連項目の |36| 衛星通信の接続方式 と |37| 通信衛星に搭載される中継器 と |38| 衛星通信の特徴 と |39| 衛星通信に用いられる地球局用アンテナを一緒に覚えると効果的です。


パターン1

h18 6月 午前

h18	6月	午前

解答 4

h18	6月	午前


正しい解答 : 同一の周波数帯域幅内に複数のチャネルは混在「できる」

正しい選択肢の内容もしっかり読んでおきましょう。

h18 6月 午後

h18	6月	午後

解答 3

h18	6月	午後


正しい解答
選択肢1 : 各信号(チャネル)は必要とする周波数帯域幅が「広い」ため、一定の周波数帯域幅内に多数のチャネルをできる。
選択肢2 : 同一の周波数帯域幅内に複数のチャネルは混在「できる」
選択肢4 : 受信信号の復調時には、拡張符号を使用「する」
選択肢5 : 信号強度が雑音レベルと同じ程度になると、受信側では信号の再生が「可能」である。

h22 2月 午前

h22	2月	午前

解答 2

h22	2月	午前


正しい解答 : 同一の周波数帯域幅内に複数のチャネルは混在「できる」

正しい選択肢の内容もしっかり読んでおきましょう。

h22 2月 午後

h22	2月	午後

解答 5

h22	2月	午後


正しい解答
選択肢1 : 各信号(チャネル)は必要とする周波数帯域幅が「広い」ため、一定の周波数帯域幅内に多数のチャネルをできる。
選択肢2 : 拡散符号として、「擬似雑音(PN)コード」が用いられる。
選択肢3 : 同一の周波数帯域幅内に複数のチャネルは混在「できる」
選択肢4 : 拡散符号は受信時「にも、送信時にも使用する」

h25 2月 午前

h25	2月 	午前

解答 4

h25	2月 	午前


正しい解答
選択肢1 : 各信号(チャネル)は必要とする周波数帯域幅が「広い」ため、一定の周波数帯域幅内に多数のチャネルをできる。
選択肢2 : 拡散符号として、「擬似雑音(PN)コード」が用いられる。
選択肢3 : 同一の周波数帯域幅内に複数のチャネルは混在「できる」
選択肢5 : 受信信号の復調時には、拡張符号を使用「する」

h25 2月 午後

h25	2月 	午後

解答 3

h25	2月 	午後


正しい解答 : 同一の周波数帯域幅内に複数のチャネルは混在「できる」

正しい選択肢の内容もしっかり読んでおきましょう。

h26 2月 午前

h26 	2月 	午前

解答 1

h26 	2月 	午前


正しい解答 : 拡散後の信号(チャネル)の周波数帯域幅は、拡散前の信号の周波数帯域幅よりはるかに「広い」

※CDMA方式はスペクトラム拡散技術に基づく方式で、変調後の信号の帯域幅を大きく拡散させることによってノイズや干渉の影響を受けにくくする技術です。

正しい選択肢の内容もしっかり読んでおきましょう。

h26 2月 午後

h26 	2月 	午後

解答 5

h26 	2月 	午後


正しい解答
選択肢1 : 拡散後の信号(チャネル)の周波数帯域幅は、拡散前の信号の周波数帯域幅よりはるかに「広い」
選択肢2 : 拡散符号として、「擬似雑音(PN)コード」が用いられる。
選択肢3 : 傍受され「にくく」秘話性が「高い」
選択肢4 : 受信信号の復調時には、拡張符号を使用「する」

※遠近問題とは「基地局からの距離にかかわらず携帯機が同じ送信電力で電波を出すと、近い方からの電波が強すぎて、遠い方の携帯機からの信号を分離できなくなるという問題」

※送信電力制御とは「各携帯機が送信電力を必要最小限に抑える制御方式。干渉電力量を低く抑えるためにも有効であり結果としてシステムの加入者容量の増大をもたらす」

h27 10月 午前

h27	10月	午前

解答 2

h27	10月	午前


正しい解答 : 受信信号の復調時には、拡張符号を使用「する」

※CDMA方式はスペクトラム拡散技術に基づく方式で、変調後の信号の帯域幅を大きく拡散させることによってノイズや干渉の影響を受けにくくする技術です。

正しい選択肢の内容もしっかり読んでおきましょう。

h27 10月 午後

h27	10月	午後

解答 2

h27	10月	午後


正しい解答
選択肢1 : 拡散後の信号(チャネル)の周波数帯域幅は、拡散前の信号の周波数帯域幅よりはるかに「広い」
選択肢3 : 同一の周波数帯域幅内に複数の信号(チャネル)は混在「できる」。
選択肢4 : 傍受され「にくく」秘話性が「高い」
選択肢5 : 受信信号の復調時には、拡張符号を使用「する」

※遠近問題とは「基地局からの距離にかかわらず携帯機が同じ送信電力で電波を出すと、近い方からの電波が強すぎて、遠い方の携帯機からの信号を分離できなくなるという問題」

※送信電力制御とは「各携帯機が送信電力を必要最小限に抑える制御方式。干渉電力量を低く抑えるためにも有効であり結果としてシステムの加入者容量の増大をもたらす」

パターン2

h20 2月 午前

h20	2月	午前

解答 1

h20	2月	午前


(1) スペクトラム拡散方式には、周波数ホッピング方式、「直接拡散」方式などがある。

(2) スペクトラム拡散方式の特徴は、周波数利用効率が高いこと、「秘匿性」が優れていること及び対混信妨害の影響が小さいことなど優れた点もある反面、基地局と移動局間の「距離」によって発生する遠近問題も存在する。

※ ムリに覚えなくても問題ありません。言葉の意味としてイメージできれば大丈夫です。

  • スペクトル拡散通信方式
    • デジタル信号を拡散符号と呼ばれる信号によって元の信号より広い帯域に拡散させた上で送信し、受信側で同じ拡散符号によって元のデジタル信号を復元すること。
  • 周波数ホッピング方式(FH:frequency hopping)
    • 二次変調としてホッピングパターンにより、ランダムに周波数を変化させること。
  • 直接拡散方式(DS:direct sequence)
    • DSでは変調を2段階に分けて行い、最初の変調を一次変調、次を二次変調または拡散変調と呼びます。
  • 基地局(BS:Base Station)
    • 無線端末との間で無線通信を行うための、装置および付随する建造物とその設置場所の一式のこと。
  • 移動局(MS:Mobile Station)
    • 移動する無線局。船舶・航空機などの局のこと。

h20 2月 午後

h20	2月	午後

解答 2

h20	2月	午後


(1) この方式は、狭帯域信号を拡散符号によって広帯域信号に変換して伝送し、受信側で元の狭帯域信号に変換した後に復調するもので、「秘匿性」に優れていることや、周波数利用効率も高いことから携帯電話などに用いられている。

(2) 占有周波数帯幅が、元の狭帯域信号に比べてどの程度の倍率になっているかを示す指標を、「拡散率」と呼んでいる。

(3) 一般に、占有周波数対幅がかなり広くなるため、その信号の単位周波数当たりの電力密度は「小さく」なる。

※ ムリに覚えなくても問題ありません。言葉の意味としてイメージできれば大丈夫です。

  • スペクトル拡散通信方式
    • デジタル信号を拡散符号と呼ばれる信号によって元の信号より広い帯域に拡散させた上で送信し、受信側で同じ拡散符号によって元のデジタル信号を復元すること。
  • 周波数ホッピング方式(FH:frequency hopping)
    • 二次変調としてホッピングパターンにより、ランダムに周波数を変化させること。
  • 直接拡散方式(DS:direct sequence)
    • DSでは変調を2段階に分けて行い、最初の変調を一次変調、次を二次変調または拡散変調と呼びます。
  • 基地局(BS:Base Station)
    • 無線端末との間で無線通信を行うための、装置および付随する建造物とその設置場所の一式のこと。
  • 移動局(MS:Mobile Station)
    • 移動する無線局。船舶・航空機などの局のこと。

h22 6月 午前

h22	6月	午前

解答 2

h22	6月	午前


(1) スペクトラム拡散方式には、「周波数ホッピング方式」、直接拡散方式などがある。

(2) スペクトラム拡散方式の特徴は、周波数利用効率が高いこと、「秘匿性」が優れていること及び対混信妨害の影響が小さいことなど優れた点もある反面、基地局と移動局間の「距離」によって発生する遠近問題も存在する。

※ ムリに覚えなくても問題ありません。言葉の意味としてイメージできれば大丈夫です。

  • スペクトル拡散通信方式
    • デジタル信号を拡散符号と呼ばれる信号によって元の信号より広い帯域に拡散させた上で送信し、受信側で同じ拡散符号によって元のデジタル信号を復元すること。
  • 周波数ホッピング方式(FH:frequency hopping)
    • 二次変調としてホッピングパターンにより、ランダムに周波数を変化させること。
  • 直接拡散方式(DS:direct sequence)
    • DSでは変調を2段階に分けて行い、最初の変調を一次変調、次を二次変調または拡散変調と呼びます。
  • 基地局(BS:Base Station)
    • 無線端末との間で無線通信を行うための、装置および付随する建造物とその設置場所の一式のこと。
  • 移動局(MS:Mobile Station)
    • 移動する無線局。船舶・航空機などの局のこと。

h22 6月 午後

h22	6月	午後

解答 1

h22	6月	午後


(1) この方式は、狭帯域信号を「拡散符号」によって広帯域信号に変換して伝送し、受信側で元の狭帯域信号に変換した後に復調するもので、「秘匿性」に優れていることや、周波数利用効率も高いことから携帯電話などに用いられている。

(2) また、この方式では、受信の時混入した狭帯域の妨害波は受信側で拡散されるので、妨害波に「強い」

※ ムリに覚えなくても問題ありません。言葉の意味としてイメージできれば大丈夫です。

  • スペクトル拡散通信方式
    • デジタル信号を拡散符号と呼ばれる信号によって元の信号より広い帯域に拡散させた上で送信し、受信側で同じ拡散符号によって元のデジタル信号を復元すること。
  • 周波数ホッピング方式(FH:frequency hopping)
    • 二次変調としてホッピングパターンにより、ランダムに周波数を変化させること。
  • 直接拡散方式(DS:direct sequence)
    • DSでは変調を2段階に分けて行い、最初の変調を一次変調、次を二次変調または拡散変調と呼びます。
  • 基地局(BS:Base Station)
    • 無線端末との間で無線通信を行うための、装置および付随する建造物とその設置場所の一式のこと。
  • 移動局(MS:Mobile Station)
    • 移動する無線局。船舶・航空機などの局のこと。

h21 6月 午後

h21	6月	午後

解答 4

h21	6月	午後


正しい解答 : 使用する帯域幅が広いが、「通信の内容が第三者に漏えいしにくく、かつ、信号の存在が検知されにくい。」

正しい選択肢の内容もしっかり読んでおきましょう。

※ ムリに覚えなくても問題ありません。言葉の意味としてイメージできれば大丈夫です。

  • スペクトル拡散通信方式
    • デジタル信号を拡散符号と呼ばれる信号によって元の信号より広い帯域に拡散させた上で送信し、受信側で同じ拡散符号によって元のデジタル信号を復元すること。
  • 周波数ホッピング方式(FH:frequency hopping)
    • 二次変調としてホッピングパターンにより、ランダムに周波数を変化させること。
  • 直接拡散方式(DS:direct sequence)
    • DSでは変調を2段階に分けて行い、最初の変調を一次変調、次を二次変調または拡散変調と呼びます。
  • 基地局(BS:Base Station)
    • 無線端末との間で無線通信を行うための、装置および付随する建造物とその設置場所の一式のこと。
  • 移動局(MS:Mobile Station)
    • 移動する無線局。船舶・航空機などの局のこと。

h19 6月 午前

h19	6月	午前

解答 2

h19	6月	午前


正しい解答 : 使用する帯域幅が広いが、「通信の内容が第三者に漏えいしにくく、かつ、信号の存在が検知されにくい。」

正しい選択肢の内容もしっかり読んでおきましょう。

※ ムリに覚えなくても問題ありません。言葉の意味としてイメージできれば大丈夫です。

  • スペクトル拡散通信方式
    • デジタル信号を拡散符号と呼ばれる信号によって元の信号より広い帯域に拡散させた上で送信し、受信側で同じ拡散符号によって元のデジタル信号を復元すること。
  • 周波数ホッピング方式(FH:frequency hopping)
    • 二次変調としてホッピングパターンにより、ランダムに周波数を変化させること。
  • 直接拡散方式(DS:direct sequence)
    • DSでは変調を2段階に分けて行い、最初の変調を一次変調、次を二次変調または拡散変調と呼びます。
  • 基地局(BS:Base Station)
    • 無線端末との間で無線通信を行うための、装置および付随する建造物とその設置場所の一式のこと。
  • 移動局(MS:Mobile Station)
    • 移動する無線局。船舶・航空機などの局のこと。

h23 2月 午後

h23	2月	午後

解答 2

h23	2月	午後


正しい解答 : 「通信の内容が第三者に漏えいしにくく、信号の存在が検知されにくい。」

正しい選択肢の内容もしっかり読んでおきましょう。

※ ムリに覚えなくても問題ありません。言葉の意味としてイメージできれば大丈夫です。

  • スペクトル拡散通信方式
    • デジタル信号を拡散符号と呼ばれる信号によって元の信号より広い帯域に拡散させた上で送信し、受信側で同じ拡散符号によって元のデジタル信号を復元すること。
  • 周波数ホッピング方式(FH:frequency hopping)
    • 二次変調としてホッピングパターンにより、ランダムに周波数を変化させること。
  • 直接拡散方式(DS:direct sequence)
    • DSでは変調を2段階に分けて行い、最初の変調を一次変調、次を二次変調または拡散変調と呼びます。
  • 基地局(BS:Base Station)
    • 無線端末との間で無線通信を行うための、装置および付随する建造物とその設置場所の一式のこと。
  • 移動局(MS:Mobile Station)
    • 移動する無線局。船舶・航空機などの局のこと。

h24 6月 午後

h24	6月	午後

解答 3

h24	6月	午後


(1) スペクトラム拡散方式には、「周波数ホッピング方式」、直接拡散方式などがある。

(2) 直接拡散方式を用いる符合分割多元接続(CDMA)の特徴は、「秘匿性」が良いこと及び混信妨害の影響が小さいことなど優れた点がある。反面、基地局と移動局間の距離差などによって発生する遠近問題があり、この対策として「移動局側」送信機の送信電力の制御がある。

※ ムリに覚えなくても問題ありません。言葉の意味としてイメージできれば大丈夫です。

  • スペクトル拡散通信方式
    • デジタル信号を拡散符号と呼ばれる信号によって元の信号より広い帯域に拡散させた上で送信し、受信側で同じ拡散符号によって元のデジタル信号を復元すること。
  • 周波数ホッピング方式(FH:frequency hopping)
    • 二次変調としてホッピングパターンにより、ランダムに周波数を変化させること。
  • 直接拡散方式(DS:direct sequence)
    • DSでは変調を2段階に分けて行い、最初の変調を一次変調、次を二次変調または拡散変調と呼びます。
  • 基地局(BS:Base Station)
    • 無線端末との間で無線通信を行うための、装置および付随する建造物とその設置場所の一式のこと。
  • 移動局(MS:Mobile Station)
    • 移動する無線局。船舶・航空機などの局のこと。

h24 6月 午前

h24	6月	午前

解答 5

h24	6月	午前


(1) この方式は、狭帯域信号を「拡散符号」によって広帯域信号に変換して伝送し、受信側で元の狭帯域信号に変換するもので、「秘匿性」などに優れている。

(2) また、この方式は、受信時に混入した狭帯域の妨害波は受信側で拡散されるので、狭帯域の妨害波に「強い」

※ ムリに覚えなくても問題ありません。言葉の意味としてイメージできれば大丈夫です。

  • スペクトル拡散通信方式
    • デジタル信号を拡散符号と呼ばれる信号によって元の信号より広い帯域に拡散させた上で送信し、受信側で同じ拡散符号によって元のデジタル信号を復元すること。
  • 周波数ホッピング方式(FH:frequency hopping)
    • 二次変調としてホッピングパターンにより、ランダムに周波数を変化させること。
  • 直接拡散方式(DS:direct sequence)
    • DSでは変調を2段階に分けて行い、最初の変調を一次変調、次を二次変調または拡散変調と呼びます。
  • 基地局(BS:Base Station)
    • 無線端末との間で無線通信を行うための、装置および付随する建造物とその設置場所の一式のこと。
  • 移動局(MS:Mobile Station)
    • 移動する無線局。船舶・航空機などの局のこと。

h26 10月 午前

h26	10月	午前

解答 1

h26	10月	午前


(1) この方式は、狭帯域信号を「拡散符号」によって広帯域信号に変換して伝送し、受信側で元の狭帯域信号に変換するもので、「秘匿性」などに優れている。

(2) また、この方式は、受信時に混入した狭帯域の妨害波は受信側で拡散されるので、狭帯域の妨害波に「強い」

※ ムリに覚えなくても問題ありません。言葉の意味としてイメージできれば大丈夫です。

  • スペクトル拡散通信方式
    • デジタル信号を拡散符号と呼ばれる信号によって元の信号より広い帯域に拡散させた上で送信し、受信側で同じ拡散符号によって元のデジタル信号を復元すること。
  • 周波数ホッピング方式(FH:frequency hopping)
    • 二次変調としてホッピングパターンにより、ランダムに周波数を変化させること。
  • 直接拡散方式(DS:direct sequence)
    • DSでは変調を2段階に分けて行い、最初の変調を一次変調、次を二次変調または拡散変調と呼びます。
  • 基地局(BS:Base Station)
    • 無線端末との間で無線通信を行うための、装置および付随する建造物とその設置場所の一式のこと。
  • 移動局(MS:Mobile Station)
    • 移動する無線局。船舶・航空機などの局のこと。

h26 10月 午後

h26	10月	午後

解答 5

h26	10月	午後


(1) スペクトラム拡散方式には、「直接拡散」方式、周波数ホッピング方式などがある。

(2) 「直接拡散」方式を用いる符合分割多元接続(CDMA)の特徴は、「秘匿性」が良いこと及び混信妨害の影響が小さいことなど優れた点がある。反面、基地局と移動局間の距離差などによって発生する遠近問題があり、この対策として「移動局側」送信機の送信電力の制御がある。

※ ムリに覚えなくても問題ありません。言葉の意味としてイメージできれば大丈夫です。

  • スペクトル拡散通信方式
    • デジタル信号を拡散符号と呼ばれる信号によって元の信号より広い帯域に拡散させた上で送信し、受信側で同じ拡散符号によって元のデジタル信号を復元すること。
  • 周波数ホッピング方式(FH:frequency hopping)
    • 二次変調としてホッピングパターンにより、ランダムに周波数を変化させること。
  • 直接拡散方式(DS:direct sequence)
    • DSでは変調を2段階に分けて行い、最初の変調を一次変調、次を二次変調または拡散変調と呼びます。
  • 基地局(BS:Base Station)
    • 無線端末との間で無線通信を行うための、装置および付随する建造物とその設置場所の一式のこと。
  • 移動局(MS:Mobile Station)
    • 移動する無線局。船舶・航空機などの局のこと。

パターン3

h21 6月 午前

h21	6月	午前

解答 2

h21	6月	午前


正しい解答 : CDMA

正しい選択肢の内容もしっかり読んでおきましょう。

※ ムリに覚えなくても問題ありません。言葉の意味としてイメージできれば大丈夫です。

  • ポーリング方式
    • 1次局(主端末)とそれにつながる複数の2次局(従属端末)との間の通信手順。
  • デジタル音声挿入方式(DSI:digital speech interpolation)
    • 音声が存在する時のみ回線を割り当てる。

h23 2月 午前

h23	2月	午前

解答 3

h23	2月	午前


正しい解答 : CDMA

正しい選択肢の内容もしっかり読んでおきましょう。

※ ムリに覚えなくても問題ありません。言葉の意味としてイメージできれば大丈夫です。

  • ポーリング方式
    • 1次局(主端末)とそれにつながる複数の2次局(従属端末)との間の通信手順。
  • デジタル音声挿入方式(DSI:digital speech interpolation)
    • 音声が存在する時のみ回線を割り当てる。

h23 2月 午後

h23	2月	午後

解答 3

h23	2月	午後


正しい解答 : CDMA

正しい選択肢の内容もしっかり読んでおきましょう。

※ ムリに覚えなくても問題ありません。言葉の意味としてイメージできれば大丈夫です。

  • ポーリング方式
    • 1次局(主端末)とそれにつながる複数の2次局(従属端末)との間の通信手順。
  • デジタル音声挿入方式(DSI:digital speech interpolation)
    • 音声が存在する時のみ回線を割り当てる。

パターン4

h27 6月 午前

h27	6月	午前

解答 1

h27	6月	午前


(1) ソフトハンドオーバは、すべての基地局のセル、セクタで「同じ」周波数を使用することを利用して、移動局が複数の基地局と並行して通信を行うことで、セル「境界」での短区間変動の影響を軽減し、通信品質を向上させる技術である。

(2) マルチパスによる遅延波をRAKE受信と呼ばれる手法により分離し、遅延時間を合わせて「同位相」で合成することで受信電力の増加と安定化を図っている。

  • RAKE受信
    • 直接波、反射波、回折波といったあらゆる電波を受信し、一つのより強い電波として合成復調する技術。

h27 6月 午後

h27	6月	午後

解答 3

h27	6月	午後


(1) 「同じ」周波数を複数の移動局が使用するCDMAでは、遠くの移動局の弱い信号が基地局に近い移動局に近い移動局からの干渉雑音を強く受け、基地局で正常に受信できなくなる現象が起きる、これを遠近問題と呼んでいる。

(2) 遠近問題を解決するためには、受信電力が「基地」局で同一になるようにすべての「移動」局の送信電力を制御する必要がある。

  • 移動局
    • 厳密な用語よりも覚えやすくするため、スマホや携帯電話をイメージすると良いでしょう。

前の項目へ

|39| 衛星通信に用いられる地球局用アンテナ

次の項目へ

|41| パケット通信方式


最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional