■資格取得応援サイト! 過去問分析で理解度を高める。オススメの参考書や勉強法、デシベル計算の覚え方など... 一陸特(第一級陸上特殊無線技士)

|44| マイクロ波用電子管

|44| マイクロ波用電子管

NO項目               計算主な出題番号集中ゼミの章別集中ゼミのページ番号
44マイクロ波用電子管無し1・4・5・62.752

出題パターンは3種類

  1. マイクロ波用電子管の原理的構造例
  2. マグネトロンの原理的構造例
  3. マグネトロンについて

関連項目の |43| 地球局の送受信装置 と一緒に覚えると効果的です。


パターン1の問題

h18 6月 午前

h18	6月	午前

解答 1

h18	6月	午前


(1) 進行波管

(2) 反射形クライストロン

以下の3つが混合されて出題されるので特徴を把握し暗記しましょう。

  • 磁石」で「増幅」、進行波管
    • 「ビーム集束用磁石」があり、主に「増幅」に使用される。
    • 進行波管
  • 「発振」・「共振」、クライストロン
    • 鉄アレイのような形をした「空洞共振器」があり、主に「発振」に使用される。
    • クライストロン
  • 「レンコン」・「マイクロ」、マグネトロン
    • 「レンコン」のような形をした空洞共振器があり、主に「マイクロ波帯の発振」に使用される。
    • マグネトロン

発振とは、電気回路が外部から振動エネルギーを受けることなく自己振動を行う現象
増幅とは、振幅を大きくすること。特に、電気信号の振幅やエネルギーを増大させて出力すること。

h18 6月 午後

h18	6月	午後

解答 1

h18	6月	午後


(1) 図1は、反射形クライストロンの原理的構造図であり、主として「発振」に使用される。

(2) 図2は、進行波管の原理的構造図であり、主として「増幅」に使用される。

以下の3つが混合されて出題されるので特徴を把握し暗記しましょう。

  • 磁石」で「増幅」、進行波管
    • 「ビーム集束用磁石」があり、主に「増幅」に使用される。
    • 進行波管
  • 「発振」・「共振」、クライストロン
    • 鉄アレイのような形をした「空洞共振器」があり、主に「発振」に使用される。
    • クライストロン
  • 「レンコン」・「マイクロ」、マグネトロン
    • 「レンコン」のような形をした空洞共振器があり、主に「マイクロ波帯の発振」に使用される。
    • マグネトロン

発振とは、電気回路が外部から振動エネルギーを受けることなく自己振動を行う現象
増幅とは、振幅を大きくすること。特に、電気信号の振幅やエネルギーを増大させて出力すること。

h20 6月 午前

h20	6月	午前

解答 3

h20	6月	午前


正しい解答 : 進行波管

以下の3つが混合されて出題されるので特徴を把握し暗記しましょう。

  • 磁石」で「増幅」、進行波管
    • 「ビーム集束用磁石」があり、主に「増幅」に使用される。
    • 進行波管
  • 「発振」・「共振」、クライストロン
    • 鉄アレイのような形をした「空洞共振器」があり、主に「発振」に使用される。
    • クライストロン
  • 「レンコン」・「マイクロ」、マグネトロン
    • 「レンコン」のような形をした空洞共振器があり、主に「マイクロ波帯の発振」に使用される。
    • マグネトロン

発振とは、電気回路が外部から振動エネルギーを受けることなく自己振動を行う現象
増幅とは、振幅を大きくすること。特に、電気信号の振幅やエネルギーを増大させて出力すること。

h20 6月 午後

h20	6月	午後

解答 5

h20	6月	午後


正しい解答 : ビーム集束用磁石

以下の3つが混合されて出題されるので特徴を把握し暗記しましょう。

  • 磁石」で「増幅」、進行波管
    • 「ビーム集束用磁石」があり、主に「増幅」に使用される。
    • 進行波管
  • 「発振」・「共振」、クライストロン
    • 鉄アレイのような形をした「空洞共振器」があり、主に「発振」に使用される。
    • クライストロン
  • 「レンコン」・「マイクロ」、マグネトロン
    • 「レンコン」のような形をした空洞共振器があり、主に「マイクロ波帯の発振」に使用される。
    • マグネトロン

発振とは、電気回路が外部から振動エネルギーを受けることなく自己振動を行う現象
増幅とは、振幅を大きくすること。特に、電気信号の振幅やエネルギーを増大させて出力すること。

h22 2月 午前

h22	2月	午前

解答 2

h22	2月	午前


正しい解答 : 進行波管

以下の3つが混合されて出題されるので特徴を把握し暗記しましょう。

  • 磁石」で「増幅」、進行波管
    • 「ビーム集束用磁石」があり、主に「増幅」に使用される。
    • 進行波管
  • 「発振」・「共振」、クライストロン
    • 鉄アレイのような形をした「空洞共振器」があり、主に「発振」に使用される。
    • クライストロン
  • 「レンコン」・「マイクロ」、マグネトロン
    • 「レンコン」のような形をした空洞共振器があり、主に「マイクロ波帯の発振」に使用される。
    • マグネトロン

発振とは、電気回路が外部から振動エネルギーを受けることなく自己振動を行う現象
増幅とは、振幅を大きくすること。特に、電気信号の振幅やエネルギーを増大させて出力すること。

h22 2月 午後

h22	2月	午後

解答 1

h22	2月	午後


正しい解答 : ビーム集束用磁石

以下の3つが混合されて出題されるので特徴を把握し暗記しましょう。

  • 磁石」で「増幅」、進行波管
    • 「ビーム集束用磁石」があり、主に「増幅」に使用される。
    • 進行波管
  • 「発振」・「共振」、クライストロン
    • 鉄アレイのような形をした「空洞共振器」があり、主に「発振」に使用される。
    • クライストロン
  • 「レンコン」・「マイクロ」、マグネトロン
    • 「レンコン」のような形をした空洞共振器があり、主に「マイクロ波帯の発振」に使用される。
    • マグネトロン

発振とは、電気回路が外部から振動エネルギーを受けることなく自己振動を行う現象
増幅とは、振幅を大きくすること。特に、電気信号の振幅やエネルギーを増大させて出力すること。

h25 6月 午前

h25	6月 	午前

解答 4

h25	6月 	午前


(1) 名称は、「進行波管」である。

(2) 主な働きは、マイクロ波の「増幅」である。

以下の3つが混合されて出題されるので特徴を把握し暗記しましょう。

  • 磁石」で「増幅」、進行波管
    • 「ビーム集束用磁石」があり、主に「増幅」に使用される。
    • 進行波管
  • 「発振」・「共振」、クライストロン
    • 鉄アレイのような形をした「空洞共振器」があり、主に「発振」に使用される。
    • クライストロン
  • 「レンコン」・「マイクロ」、マグネトロン
    • 「レンコン」のような形をした空洞共振器があり、主に「マイクロ波帯の発振」に使用される。
    • マグネトロン

発振とは、電気回路が外部から振動エネルギーを受けることなく自己振動を行う現象
増幅とは、振幅を大きくすること。特に、電気信号の振幅やエネルギーを増大させて出力すること。

h25 6月 午後

h25	6月 	午後

解答 1

h25	6月 	午後


(1) 名称は、「マグネトロン」である。

(2) 主な働きは、レーダーなどで使用されるマイクロ波の「発振」である。

以下の3つが混合されて出題されるので特徴を把握し暗記しましょう。

  • 磁石」で「増幅」、進行波管
    • 「ビーム集束用磁石」があり、主に「増幅」に使用される。
    • 進行波管
  • 「発振」・「共振」、クライストロン
    • 鉄アレイのような形をした「空洞共振器」があり、主に「発振」に使用される。
    • クライストロン
  • 「レンコン」・「マイクロ」、マグネトロン
    • 「レンコン」のような形をした空洞共振器があり、主に「マイクロ波帯の発振」に使用される。
    • マグネトロン

発振とは、電気回路が外部から振動エネルギーを受けることなく自己振動を行う現象
増幅とは、振幅を大きくすること。特に、電気信号の振幅やエネルギーを増大させて出力すること。

h26 6月 午前

h26	6月	午前

解答 1

h26	6月	午前


(1) 名称は、「進行波管」である。

(2) 主な働きは、マイクロ波の「増幅」である。

以下の3つが混合されて出題されるので特徴を把握し暗記しましょう。

  • 磁石」で「増幅」、進行波管
    • 「ビーム集束用磁石」があり、主に「増幅」に使用される。
    • 進行波管
  • 「発振」・「共振」、クライストロン
    • 鉄アレイのような形をした「空洞共振器」があり、主に「発振」に使用される。
    • クライストロン
  • 「レンコン」・「マイクロ」、マグネトロン
    • 「レンコン」のような形をした空洞共振器があり、主に「マイクロ波帯の発振」に使用される。
    • マグネトロン

発振とは、電気回路が外部から振動エネルギーを受けることなく自己振動を行う現象
増幅とは、振幅を大きくすること。特に、電気信号の振幅やエネルギーを増大させて出力すること。

h26 6月 午後

h26	6月	午後

解答 4

h26	6月	午後


(1) 名称は、「進行波管」である。

(2) 高周波電界と電子流との相互作用による「速度変調」、密度変調過程でのエネルギーの授受によりマイクロ波の増幅を行う。

※1 混変調:「近隣で任意の周波数の送信電波が発信されると任意の受信周波数に割り込んだり(混信)、目的内容がきこえなくなったりする現象。」

※2 速度変調:詳しくはコチラ→「http://www.weblio.jp/content/%E9%80%9F%E5%BA%A6%E5%A4%89%E8%AA%BF」

以下の3つが混合されて出題されるので特徴を把握し暗記しましょう。

  • 磁石」で「増幅」、進行波管
    • 「ビーム集束用磁石」があり、主に「増幅」に使用される。
    • 進行波管
  • 「発振」・「共振」、クライストロン
    • 鉄アレイのような形をした「空洞共振器」があり、主に「発振」に使用される。
    • クライストロン
  • 「レンコン」・「マイクロ」、マグネトロン
    • 「レンコン」のような形をした空洞共振器があり、主に「マイクロ波帯の発振」に使用される。
    • マグネトロン

発振とは、電気回路が外部から振動エネルギーを受けることなく自己振動を行う現象
増幅とは、振幅を大きくすること。特に、電気信号の振幅やエネルギーを増大させて出力すること。

h28 2月 午前

h28	2月	午前

解答 2

h28	2月	午前


(1) 名称は、「進行波管」である。

(2) 主な働きは、マイクロ波の「増幅」である。

以下の3つが混合されて出題されるので特徴を把握し暗記しましょう。

  • 磁石」で「増幅」、進行波管
    • 「ビーム集束用磁石」があり、主に「増幅」に使用される。
    • 進行波管
  • 「発振」・「共振」、クライストロン
    • 鉄アレイのような形をした「空洞共振器」があり、主に「発振」に使用される。
    • クライストロン
  • 「レンコン」・「マイクロ」、マグネトロン
    • 「レンコン」のような形をした空洞共振器があり、主に「マイクロ波帯の発振」に使用される。
    • マグネトロン

発振とは、電気回路が外部から振動エネルギーを受けることなく自己振動を行う現象
増幅とは、振幅を大きくすること。特に、電気信号の振幅やエネルギーを増大させて出力すること。

h28 2月 午後

h28	2月	午後

解答 2

h28	2月	午後


(1) 名称は、「進行波管」である。

(2) 高周波電界と電子流との相互作用による「速度変調」、密度変調過程でのエネルギーの授受によりマイクロ波の増幅を行う。

※1 混変調:「近隣で任意の周波数の送信電波が発信されると任意の受信周波数に割り込んだり(混信)、目的内容がきこえなくなったりする現象。」

※2 速度変調:詳しくはコチラ→「http://www.weblio.jp/content/%E9%80%9F%E5%BA%A6%E5%A4%89%E8%AA%BF」

以下の3つが混合されて出題されるので特徴を把握し暗記しましょう。

  • 磁石」で「増幅」、進行波管
    • 「ビーム集束用磁石」があり、主に「増幅」に使用される。
    • 進行波管
  • 「発振」・「共振」、クライストロン
    • 鉄アレイのような形をした「空洞共振器」があり、主に「発振」に使用される。
    • クライストロン
  • 「レンコン」・「マイクロ」、マグネトロン
    • 「レンコン」のような形をした空洞共振器があり、主に「マイクロ波帯の発振」に使用される。
    • マグネトロン

発振とは、電気回路が外部から振動エネルギーを受けることなく自己振動を行う現象
増幅とは、振幅を大きくすること。特に、電気信号の振幅やエネルギーを増大させて出力すること。

パターン2の問題

h20 2月 午前

h20	2月	午前

解答 4

h20	2月	午前


(A) 空洞共振器

(B) 陽極

(C) 陰極

※ 陰極が内側にあるので、insideと掛け、「in極」と覚えると楽に対応できます。

h20 2月 午後

h20	2月	午後

解答 4

h20	2月	午後


(1) マグネトロンは、小型、堅牢で取扱いが簡単であり、大電力用パルス発振器として、主に「マイクロ波」帯で使用される。

(2) 一般的には発振周波数を可変にすることは「困難」であり、また、振幅変調、周波数変調を行うことも「困難」である。

h23 10月 午前

h23	10月	午前

解答 2

h23	10月	午前


(A) 空洞共振器

(B) 陽極

(C) 陰極

※ 陰極が内側にあるので、insideと掛け、「in極」と覚えると楽に対応できます。

パターン3の問題

h21 2月 午前

h21	2月	午前

解答 3

h21	2月	午前


正しい解答 : 陰極と陽極の間に電子流を制御する電極(グリッド)が「ない」。 ※あるのはクライストロン

正しい選択肢の内容もしっかり読んでおきましょう。

h21 2月 午後

h21	2月	午後

解答 3

h21	2月	午後


正しい解答
選択肢1 : 陰極と陽極の間に電子流を制御する電極(グリッド)が「ない」。 ※あるのはクライストロン
選択肢2 : パルス発振器として、「高周波(マイクロ波)」に用いられる電子管である。
選択肢4 : 「大電力のパルス発信器」に適した電子管である。
選択肢5 : 一般に発振周波数を「可変にすることはできない」

h23 10月 午後

h23	10月	午後

解答 4

h23	10月	午後


正しい解答 : 陰極と陽極の間に電子流を制御する電極(グリッド)が「ない」。 ※あるのはクライストロン

正しい選択肢の内容もしっかり読んでおきましょう。

前の項目へ

|43| 地球局の送受信装置

次の項目へ

|45| FET


最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional