■資格取得応援サイト! 過去問分析で理解度を高める。オススメの参考書や勉強法、デシベル計算の覚え方など... 一陸特(第一級陸上特殊無線技士)

|46| ダイオード

|46| ダイオード

NO項目               計算主な出題番号集中ゼミの章別集中ゼミのページ番号
46ダイオード無し4・6・72.648

出題パターンは5種類

  1. バラクタダイオードについて
  2. ガンダイオードについて
  3. インパットダイードについて
  4. トンネルダイオードについて
  5. ダイオードの特徴とその用途について

関連項目の |45| FET と |47| 半導体 と一緒に覚えると効果的です。

FETとダイオードの実物写真 (以下のサイトでの学習は、イメージを浮かびやすくする程度で十分です)
http://homepage1.nifty.com/x6/elecmake/parts/elecpart.htm


パターン1の問題

h18 2月 午前

h18	2月	午前

解答 2

h18	2月	午前


正しい解答
選択肢1 : 「インパットダイオード」について述べたものである。
選択肢3 : 「ガンダイオード」について述べたものである。
選択肢4 : 選択肢2と類似。~~等価的に「可変容量」として働く。

  1. バラクタダイオード (可変容量ダイオード)
  2. ガンダイオード
  3. インパットダイオード
  4. トンネルダイオード
  5. ツェナーダイオード (定電圧ダイオード)

各ダイオードの詳しい説明は、集中ゼミ第2章の6、P.48を参考にしてください。

h18 6月 午前

h18	6月	午前

解答 4

h18	6月	午前


正しい解答 : バラクタダイオード → マイクロ波の発振素子として「用いられません」

  1. バラクタダイオード (可変容量ダイオード)
  2. ガンダイオード
  3. インパットダイオード
  4. トンネルダイオード
  5. ツェナーダイオード (定電圧ダイオード)

各ダイオードの詳しい説明は、集中ゼミ第2章の6、P.48を参考にしてください。

h23 2月 午前

h23	2月	午前

解答 1

h23	2月	午前


正しい解答
バラクタダイオードは、「逆方向」バイアスを与えこのバイアス電圧を変化させると、等価的に「可変静電容量」として動作する特性を利用する素子である。

※ 「逆方向」という言葉は、「インパットダイオード」でも出るので区別できるようにしておきましょう。

  1. バラクタダイオード (可変容量ダイオード)
  2. ガンダイオード
  3. インパットダイオード
  4. トンネルダイオード
  5. ツェナーダイオード (定電圧ダイオード)

各ダイオードの詳しい説明は、集中ゼミ第2章の6、P.48を参考にしてください。

h24 10月 午後

h24	10月	午後

解答 3

h24	10月	午後


正しい解答
バラクタダイオードは、「逆方向」バイアスを与えこのバイアス電圧を変化させると、等価的に「可変静電容量」として動作する特性を利用する素子である。

※ 「逆方向」という言葉は、「インパットダイオード」でも出るので区別できるようにしておきましょう。

  1. バラクタダイオード (可変容量ダイオード)
  2. ガンダイオード
  3. インパットダイオード
  4. トンネルダイオード
  5. ツェナーダイオード (定電圧ダイオード)

各ダイオードの詳しい説明は、集中ゼミ第2章の6、P.48を参考にしてください。

h26 2月 午前

h26 	2月 	午前

解答 1

h26 	2月 	午前


正しい解答
バラクタダイオードは、「逆方向」バイアスを与え、このバイアス電圧を変化させると、等価的に「可変静電容量」として動作する特性を利用する素子である。

※ 「逆方向」という言葉は、「インパットダイオード」でも出るので区別できるようにしておきましょう。

  1. バラクタダイオード (可変容量ダイオード)
  2. ガンダイオード
  3. インパットダイオード
  4. トンネルダイオード
  5. ツェナーダイオード (定電圧ダイオード)

各ダイオードの詳しい説明は、集中ゼミ第2章の6、P.48を参考にしてください。

h27 6月 午前

h27	6月	午前

解答 2

h27	6月	午前


正しい解答
バラクタダイオードは、「逆方向」バイアスを与え、このバイアス電圧を変化させると、等価的に「可変静電容量」として動作する特性を利用する素子である。

※ 「逆方向」という言葉は、「インパットダイオード」でも出るので区別できるようにしておきましょう。

  1. バラクタダイオード (可変容量ダイオード)
  2. ガンダイオード
  3. インパットダイオード
  4. トンネルダイオード
  5. ツェナーダイオード (定電圧ダイオード)

各ダイオードの詳しい説明は、集中ゼミ第2章の6、P.48を参考にしてください。

パターン2の問題

h18 2月 午後

h18	2月	午後

解答 4

h18	2月	午後


正しい解答 : ガンダイオードは、GaAs等の半導体結晶体が示す「負荷抵抗特性」を利用し、「マイクロ波」の発振に用いられる。このダイオードは、レーダー受信機などの「局部発振器」に使用されている。

※ 「電子なだれ現象」は、「インパットダイオード」の特徴です。

  1. バラクタダイオード (可変容量ダイオード)
  2. ガンダイオード
  3. インパットダイオード
  4. トンネルダイオード
  5. ツェナーダイオード (定電圧ダイオード)

各ダイオードの詳しい説明は、集中ゼミ第2章の6、P.48を参考にしてください。

h23 2月 午後

h23	2月	午後

解答 3

h23	2月	午後


正しい解答
選択肢1 : 「インパットダイオード」について述べたものである。
選択肢2 : 「バラクタダイオード」について述べたものである。
選択肢4 : 選択肢2と類似。「バラクタダイオード」は、~~等価的に「可変容量」として働く。

  1. バラクタダイオード (可変容量ダイオード)
  2. ガンダイオード
  3. インパットダイオード
  4. トンネルダイオード
  5. ツェナーダイオード (定電圧ダイオード)

各ダイオードの詳しい説明は、集中ゼミ第2章の6、P.48を参考にしてください。

h24 10月 午前

h24	10月	午前

解答 1

h24	10月	午前


正しい解答
選択肢2 : 「バラクタダイオード」について述べたものである。
選択肢3 : 「インパットダイオード」について述べたものである。
選択肢4 : 「サーミスタ」について述べたものである。

  1. バラクタダイオード (可変容量ダイオード)
  2. ガンダイオード
  3. インパットダイオード
  4. トンネルダイオード
  5. ツェナーダイオード (定電圧ダイオード)

各ダイオードの詳しい説明は、集中ゼミ第2章の6、P.48を参考にしてください。

h26 2月 午後

h26 	2月 	午後

解答 3

h26 	2月 	午後


正しい解答
選択肢1 : 「インパットダイオード」について述べたものである。
選択肢2 : 「バラクタダイオード」について述べたものである。
選択肢4 : 「サーミスタ」について述べたものである。

  1. バラクタダイオード (可変容量ダイオード)
  2. ガンダイオード
  3. インパットダイオード
  4. トンネルダイオード
  5. ツェナーダイオード (定電圧ダイオード)

各ダイオードの詳しい説明は、集中ゼミ第2章の6、P.48を参考にしてください。

h27 6月 午後

h27	6月	午後

解答 1

h27	6月	午後


正しい解答
選択肢2 : 「バラクタダイオード」について述べたものである。
選択肢3 : 「インパットダイオード」について述べたものである。
選択肢4 : 「サーミスタ」について述べたものである。

  1. バラクタダイオード (可変容量ダイオード)
  2. ガンダイオード
  3. インパットダイオード
  4. トンネルダイオード
  5. ツェナーダイオード (定電圧ダイオード)

各ダイオードの詳しい説明は、集中ゼミ第2章の6、P.48を参考にしてください。

パターン3の問題

h18 6月 午後

h18	6月	午後

解答 1

h18	6月	午後


正しい解答 : インパットダイオード → 「電子ながれ現象が起る」

  1. バラクタダイオード (可変容量ダイオード)
  2. ガンダイオード
  3. インパットダイオード
  4. トンネルダイオード
  5. ツェナーダイオード (定電圧ダイオード)

各ダイオードの詳しい説明は、集中ゼミ第2章の6、P.48を参考にしてください。

h19 2月 午後

h19	2月	午後

解答 3

h19	2月	午後


正しい解答
(1) インパットダイオードは、逆方向電圧を加えて徐々にその値を増加させ、ある電圧以上にすると、電界によって「電子雪崩」現象を起こし、電流が急激に「増加」する。

(2) このような半導体接合面における「電子雪崩」現象とキャリア走行時間効果を利用すると負荷抵抗特性を得ることができ、主にマイクロ波帯の「発振」に利用されている。

  1. バラクタダイオード (可変容量ダイオード)
  2. ガンダイオード
  3. インパットダイオード
  4. トンネルダイオード
  5. ツェナーダイオード (定電圧ダイオード)

各ダイオードの詳しい説明は、集中ゼミ第2章の6、P.48を参考にしてください。

パターン4の問題

h19 2月 午前

h19	2月	午前

解答 4

h19	2月	午前


正しい解答
(1) トンネルダイオードは、不純物の濃度が他のダイオードに比べていずれも「高い」P形半導体とN形半導体を接合した半導体素子で、エサキダイオードともいわれている。

(2) トンネルダイオードは、その「順方向」の電圧-電流特性に「負荷抵抗」特性を持っており、応答特性が速いことを利用して、マイクロ波からミリ波帯の発振に用いることができる。

  • 順方向ダイオード : 「ガンダイオード」・「トンネルダイオード」
  • 逆方向ダイオード : 「インパットダイオード」・「バラクタダイオード」・「ツェナーダイオード」
  1. バラクタダイオード (可変容量ダイオード)
  2. ガンダイオード
  3. インパットダイオード
  4. トンネルダイオード
  5. ツェナーダイオード (定電圧ダイオード)

各ダイオードの詳しい説明は、集中ゼミ第2章の6、P.48を参考にしてください。

h25 2月 午前

h25	2月 	午前

解答 1

h25	2月 	午前


正しい解答
(1) トンネルダイオードは、不純物の濃度が他のダイオードに比べていずれも「高い」P形半導体とN形半導体を接合した半導体素子で、エサキダイオードともいわれている。

(2) トンネルダイオードは、その「順方向」の電圧-電流特性に負荷抵抗特性を持っており、応答特性が速いことを利用して、マイクロ波からミリ波帯の発振に用いることができる。

  • 順方向ダイオード : 「ガンダイオード」・「トンネルダイオード」
  • 逆方向ダイオード : 「インパットダイオード」・「バラクタダイオード」・「ツェナーダイオード」
  1. バラクタダイオード (可変容量ダイオード)
  2. ガンダイオード
  3. インパットダイオード
  4. トンネルダイオード
  5. ツェナーダイオード (定電圧ダイオード)

各ダイオードの詳しい説明は、集中ゼミ第2章の6、P.48を参考にしてください。

h26 10月 午前

h26	10月	午前

解答 3

h26	10月	午前


正しい解答
(1) トンネルダイオードは、不純物の濃度が他のダイオードに比べて「高い」P形半導体とN形半導体を接合した半導体素子で、エサキダイオードともいわれている。

(2) トンネルダイオードは、その「順方向」の電圧-電流特性に負荷抵抗特性を持っており、応答特性が速いことを利用して、マイクロ波からミリ波帯の発振に用いることができる。

  • 順方向ダイオード : 「ガンダイオード」・「トンネルダイオード」
  • 逆方向ダイオード : 「インパットダイオード」・「バラクタダイオード」・「ツェナーダイオード」
  1. バラクタダイオード (可変容量ダイオード)
  2. ガンダイオード
  3. インパットダイオード
  4. トンネルダイオード
  5. ツェナーダイオード (定電圧ダイオード)

各ダイオードの詳しい説明は、集中ゼミ第2章の6、P.48を参考にしてください。

h28 6月 午前

h28	6月	午前

解答 4

h28	6月	午前


正しい解答
(1) トンネルダイオードは、不純物の濃度が一般のPN接合ダイオードに比べて「高い」P形半導体とN形半導体を接合した半導体素子で、エサキダイオードともいわれている。

(2) トンネルダイオードは、その「順方向」の電圧-電流特性に負荷抵抗特性を持っており、負性抵抗が電子のトンネル現象に由来するため高速動作が可能であることを利用して、マイクロ波からミリ波帯の発振に用いることができる。

  • 順方向ダイオード : 「ガンダイオード」・「トンネルダイオード」
  • 逆方向ダイオード : 「インパットダイオード」・「バラクタダイオード」・「ツェナーダイオード」
  1. バラクタダイオード (可変容量ダイオード)
  2. ガンダイオード
  3. インパットダイオード
  4. トンネルダイオード
  5. ツェナーダイオード (定電圧ダイオード)

各ダイオードの詳しい説明は、集中ゼミ第2章の6、P.48を参考にしてください。

パターン5の問題

h25 2月 午後

h25	2月 	午後

解答 2

h25	2月 	午後


正しい解答 : ツェナーダイオード → 「逆方向電圧を上げると、急に大電流が流れる」

  1. バラクタダイオード (可変容量ダイオード)
  2. ガンダイオード
  3. インパットダイオード
  4. トンネルダイオード
  5. ツェナーダイオード (定電圧ダイオード)

各ダイオードの詳しい説明は、集中ゼミ第2章の6、P.48を参考にしてください。

h26 10月 午後

h26	10月	午後

解答 3

h26	10月	午後


正しい解答 : ツェナーダイオード → 「逆方向電圧を上げると、急に大電流が流れる」

  1. バラクタダイオード (可変容量ダイオード)
  2. ガンダイオード
  3. インパットダイオード
  4. トンネルダイオード
  5. ツェナーダイオード (定電圧ダイオード)

各ダイオードの詳しい説明は、集中ゼミ第2章の6、P.48を参考にしてください。

h28 6月 午後

h28	6月	午後

解答 1

h28	6月	午後


正しい解答 : ツェナーダイオード → 「逆方向電圧を上げると、急に大電流が流れる」

  1. バラクタダイオード (可変容量ダイオード)
  2. ガンダイオード
  3. インパットダイオード
  4. トンネルダイオード
  5. ツェナーダイオード (定電圧ダイオード)

各ダイオードの詳しい説明は、集中ゼミ第2章の6、P.48を参考にしてください。

前の項目へ

|45| FET

次の項目へ

|47| 半導体


最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional