■資格取得応援サイト! 過去問分析で理解度を高める。オススメの参考書や勉強法、デシベル計算の覚え方など... 一陸特(第一級陸上特殊無線技士)

|52| 伝送路符号

|52| 伝送路符号

NO項目               計算主な出題番号集中ゼミの章別集中ゼミのページ番号
52伝送路符号無し7・83.272

出題パターンは2種類

  1. デジタル通信方式の伝送路符号について
  2. 伝送符号形式の名称

パターン1の問題

h19 10月 午後

h19	10月	午後

解答 4

h19	10月	午後


マイクロ波等によるデジタル通信方式では、極力変調波の占有周波数帯幅を「狭く」する必要がある。このためには高調波成分が「少ない」NRZ符号が適しているが、零符合が長く連続すると、受信信号からタイミングを抽出できず信号の再生ができなくなる。これを避けるため、入力信号と「擬似ランダム」符号との論理演算により伝送路符号列をランダム化(スクランブル)している。

パターン2の問題

h22 2月 午前

h22	2月	午前

解答 4

h22	2月	午前


「言葉と伝送波形の形を関連付ける」のが一番の近道ですので、以下の4つを覚えましょう。

  • 単極性 →(基準レベルの線から上のみに伝送波形がある)
  • 複極性 →(基準レベルの線の上下に伝送波形がある)
  • RZ符号[return-to-zero] →(return-to-zeroなので、次に移動する際に必ず基準レベルに戻る分、波形が細い
  • NRZ符号[non-return-to-zero] →(non-returnなので、次に移動する際に基準レベルに戻らない分、波形が太い

h22 2月 午後

h22	2月	午後

解答 2

h22	2月	午後


「言葉と伝送波形の形を関連付ける」のが一番の近道ですので、以下の4つを覚えましょう。

  • 単極性 →(基準レベルの線から上のみに伝送波形がある)
  • 複極性 →(基準レベルの線の上下に伝送波形がある)
  • RZ符号[return-to-zero] →(return-to-zeroなので、次に移動する際に必ず基準レベルに戻る分、波形が細い
  • NRZ符号[non-return-to-zero] →(non-returnなので、次に移動する際に基準レベルに戻らない分、波形が太い

h24 6月 午前

h24	6月	午前

解答 1

h24	6月	午前


「言葉と伝送波形の形を関連付ける」のが一番の近道ですので、以下の4つを覚えましょう。

  • 単極性 →(基準レベルの線から上のみに伝送波形がある)
  • 複極性 →(基準レベルの線の上下に伝送波形がある)
  • RZ符号[return-to-zero] →(return-to-zeroなので、次に移動する際に必ず基準レベルに戻る分、波形が細い
  • NRZ符号[non-return-to-zero] →(non-returnなので、次に移動する際に基準レベルに戻らない分、波形が太い

h24 6月 午後

h24	6月	午後

解答 2

h24	6月	午後


「言葉と伝送波形の形を関連付ける」のが一番の近道ですので、以下の4つを覚えましょう。

  • 単極性 →(基準レベルの線から上のみに伝送波形がある)
  • 複極性 →(基準レベルの線の上下に伝送波形がある)
  • RZ符号[return-to-zero] →(return-to-zeroなので、次に移動する際に必ず基準レベルに戻る分、波形が細い
  • NRZ符号[non-return-to-zero] →(non-returnなので、次に移動する際に基準レベルに戻らない分、波形が太い

h25 6月 午前

h25	6月 	午前

解答 5

h25	6月 	午前


「言葉と伝送波形の形を関連付ける」のが一番の近道ですので、以下の4つを覚えましょう。

  • 単極性 →(基準レベルの線から上のみに伝送波形がある)
  • 複極性 →(基準レベルの線の上下に伝送波形がある)
  • RZ符号[return-to-zero] →(return-to-zeroなので、次に移動する際に必ず基準レベルに戻る分、波形が細い
  • NRZ符号[non-return-to-zero] →(non-returnなので、次に移動する際に基準レベルに戻らない分、波形が太い

h25 6月 午後

h25	6月 	午後

解答 3

h25	6月 	午後


「言葉と伝送波形の形を関連付ける」のが一番の近道ですので、以下の4つを覚えましょう。

  • 単極性 →(基準レベルの線から上のみに伝送波形がある)
  • 複極性 →(基準レベルの線の上下に伝送波形がある)
  • RZ符号[return-to-zero] →(return-to-zeroなので、次に移動する際に必ず基準レベルに戻る分、波形が細い
  • NRZ符号[non-return-to-zero] →(non-returnなので、次に移動する際に基準レベルに戻らない分、波形が太い

h27 2月 午前

h27	2月	午前

解答 3

h27	2月	午前


「言葉と伝送波形の形を関連付ける」のが一番の近道ですので、以下の4つを覚えましょう。

  • 単極性 →(基準レベルの線から上のみに伝送波形がある)
  • 複極性 →(基準レベルの線の上下に伝送波形がある)
  • RZ符号[return-to-zero] →(return-to-zeroなので、次に移動する際に必ず基準レベルに戻る分、波形が細い
  • NRZ符号[non-return-to-zero] →(non-returnなので、次に移動する際に基準レベルに戻らない分、波形が太い

h27 2月 午後

h27	2月	午後

解答 5

h27	2月	午後


「言葉と伝送波形の形を関連付ける」のが一番の近道ですので、以下の4つを覚えましょう。

  • 単極性 →(基準レベルの線から上のみに伝送波形がある)
  • 複極性 →(基準レベルの線の上下に伝送波形がある)
  • RZ符号[return-to-zero] →(return-to-zeroなので、次に移動する際に必ず基準レベルに戻る分、波形が細い
  • NRZ符号[non-return-to-zero] →(non-returnなので、次に移動する際に基準レベルに戻らない分、波形が太い

前の項目へ

|51| クリップ回路

次の項目へ

|53| T形分岐回路


最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional