■資格取得応援サイト! 過去問分析で理解度を高める。オススメの参考書や勉強法、デシベル計算の覚え方など... 一陸特(第一級陸上特殊無線技士)

|56| OFDM(直交周波数分割多重方式)

|56| OFDM(直交周波数分割多重方式)

NO項目               計算主な出題番号集中ゼミの章別集中ゼミのページ番号
56OFDM(直交周波数分割多重方式)無し9△記載なし△記載なし

出題パターンは5種類

  1. 直交周波数分割多重方式(OFDM)について
  2. 直交周波数分割多元接続(OFDMA)について①
  3. 直交周波数分割多元接続(OFDMA)について②
  4. MIMO(Multi-Input Multi-Output)の特徴について
  5. アダプティブアレイアンテナの特徴について

パターン1の問題

h23 6月 午前

h23	6月	午前

解答 1

h23	6月	午前


正しい解答 : 高速のビット列を多数のキャリアを用いて周波数軸上で分割して伝送することで、キャリア1本当たりのシンボルレートを「低く」している。

正しい選択肢の内容もしっかり読んでおきましょう

OFDM(直交周波数分割多重方式)
地上波デジタル放送、IEEE 802.11aなどの無線LAN、電力線モデムなどの伝送方式に採用されている。
複数の搬送波を一部重なりあいながらも互いに干渉することなく密に並べることができることから、
狭い周波数の範囲を効率的に利用した広帯域伝送を実現し、周波数の利用効率を上げている。

ガードインターバルとマルチパス
↓のURLに詳しく書かれていますので参考にしてみてください。
http://www.koji919group.com/technical/111/2-4%E3%82%AC%E3%83%BC%E3%83%89%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%90%E3%83%AB.php

h23 6月 午後

h23	6月	午後

解答 1

h23	6月	午後


正しい解答
選択肢2 : OFDMを用いると、マルチパスによる遅延波の影響を「受けにくい」
選択肢3 : 周波数の「直交技術」が重要な役割を果たしている。
選択肢4 : 遅延波によって生ずる符号間干渉は、「ガードインターバル」により軽減される。
選択肢5 : ガードインターバルは、「送信側」で付加される。

OFDM(直交周波数分割多重方式)
地上波デジタル放送、IEEE 802.11aなどの無線LAN、電力線モデムなどの伝送方式に採用されている。
複数の搬送波を一部重なりあいながらも互いに干渉することなく密に並べることができることから、
狭い周波数の範囲を効率的に利用した広帯域伝送を実現し、周波数の利用効率を上げている。

ガードインターバルとマルチパス
↓のURLに詳しく書かれていますので参考にしてみてください。
http://www.koji919group.com/technical/111/2-4%E3%82%AC%E3%83%BC%E3%83%89%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%90%E3%83%AB.php

h24 10月 午前

h24	10月	午前

解答 3

h24	10月	午前


正しい解答
選択肢1 : 高速のビット列を多数のキャリアを用いて周波数軸上で分割して伝送することで、各キャリア1本当たりのシンボルレートを「低く」している。
選択肢2 : OFDMを用いると、マルチパスによる遅延波の影響を「受けにくい」
選択肢4 : 遅延波によって生ずる符号間干渉は、「ガードインターバル」により軽減される。
選択肢5 : ガードインターバルは、「送信側」で付加される。

OFDM(直交周波数分割多重方式)
地上波デジタル放送、IEEE 802.11aなどの無線LAN、電力線モデムなどの伝送方式に採用されている。
複数の搬送波を一部重なりあいながらも互いに干渉することなく密に並べることができることから、
狭い周波数の範囲を効率的に利用した広帯域伝送を実現し、周波数の利用効率を上げている。

ガードインターバルとマルチパス
↓のURLに詳しく書かれていますので参考にしてみてください。
http://www.koji919group.com/technical/111/2-4%E3%82%AC%E3%83%BC%E3%83%89%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%90%E3%83%AB.php

h24 10月 午後

h24	10月	午後

解答 4

h24	10月	午後


正しい解答 : 高速のビット列を多数のキャリアを用いて周波数軸上で分割して伝送することで、各キャリア1本当たりのシンボルレートを「低く」している。

正しい選択肢の内容もしっかり読んでおきましょう

OFDM(直交周波数分割多重方式)
地上波デジタル放送、IEEE 802.11aなどの無線LAN、電力線モデムなどの伝送方式に採用されている。
複数の搬送波を一部重なりあいながらも互いに干渉することなく密に並べることができることから、
狭い周波数の範囲を効率的に利用した広帯域伝送を実現し、周波数の利用効率を上げている。

ガードインターバルとマルチパス
↓のURLに詳しく書かれていますので参考にしてみてください。
http://www.koji919group.com/technical/111/2-4%E3%82%AC%E3%83%BC%E3%83%89%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%90%E3%83%AB.php

h25 10月 午前

h25	10月	午前

解答 2

h25	10月	午前


正しい解答 : OFDM伝送方式を用いると、単一キャリアのみを用いた伝送方式に比べマルチパスによる遅延波の影響を「受けにくい」

正しい選択肢の内容もしっかり読んでおきましょう

OFDM(直交周波数分割多重方式)
地上波デジタル放送、IEEE 802.11aなどの無線LAN、電力線モデムなどの伝送方式に採用されている。
複数の搬送波を一部重なりあいながらも互いに干渉することなく密に並べることができることから、
狭い周波数の範囲を効率的に利用した広帯域伝送を実現し、周波数の利用効率を上げている。

ガードインターバルとマルチパス
↓のURLに詳しく書かれていますので参考にしてみてください。
http://www.koji919group.com/technical/111/2-4%E3%82%AC%E3%83%BC%E3%83%89%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%90%E3%83%AB.php

h25 10月 午後

h25	10月	午後

解答 5

h25	10月	午後


正しい解答 : 各キャリアの直交性を厳密に保つ必要が「ある」。また、正確に同期をとる必要が「ある」

直交性について
OFDMでは、サブキャリアの周波数はお互いのサブキャリアが直交するように選ばれる。
直交性のおかげで高いスペクトル効率が得られ、理論上の限界であるナイキスト・レートに匹敵する。割り当てられた周波数帯はほとんど全て無駄なく利用できる。

同期について
OFDMでは受信機と送信機に非常に正確な周波数同期を必要とする。
これは、周波数がずれるとサブキャリア間の直交性が崩れてしまい、搬送波間干渉、すなわちサブキャリア間における干渉 (ICI) を引き起こすからである。周波数オフセットは一般的に、送信機や受信機の局部発振器の発振周波数のずれ、もしくは移動によるドップラー偏移が原因である。ドップラー偏移は受信機で単独で補正することが可能ではあるが、マルチパス存在下では反射がさまざまな周波数オフセットに現われるのでより訂正しにくく、状況は悪化する。この影響は一般的に移動速度の増加するにつれ悪化し、高速移動体でのOFDMの使用を制限している重要な要因である。ICI抑制の手法は多数提案されているが、受信機が複雑になるという問題がある。

↓ 直交周波数分割多重方式wiki
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9B%B4%E4%BA%A4%E5%91%A8%E6%B3%A2%E6%95%B0%E5%88%86%E5%89%B2%E5%A4%9A%E9%87%8D%E6%96%B9%E5%BC%8F#.E7.9B.B4.E4.BA.A4.E6.80.A7

正しい選択肢の内容もしっかり読んでおきましょう

OFDM(直交周波数分割多重方式)
地上波デジタル放送、IEEE 802.11aなどの無線LAN、電力線モデムなどの伝送方式に採用されている。
複数の搬送波を一部重なりあいながらも互いに干渉することなく密に並べることができることから、
狭い周波数の範囲を効率的に利用した広帯域伝送を実現し、周波数の利用効率を上げている。

ガードインターバルとマルチパス
↓のURLに詳しく書かれていますので参考にしてみてください。
http://www.koji919group.com/technical/111/2-4%E3%82%AC%E3%83%BC%E3%83%89%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%90%E3%83%AB.php

h27 2月 午前

h27	2月	午前

解答 5

h27	2月	午前


正しい解答 : OFDM伝送方式を用いると、一般に単一キャリアのみを用いた伝送方式に比べマルチパスによる遅延波の影響を「受けにくい」

正しい選択肢の内容もしっかり読んでおきましょう

OFDM(直交周波数分割多重方式)
地上波デジタル放送、IEEE 802.11aなどの無線LAN、電力線モデムなどの伝送方式に採用されている。
複数の搬送波を一部重なりあいながらも互いに干渉することなく密に並べることができることから、
狭い周波数の範囲を効率的に利用した広帯域伝送を実現し、周波数の利用効率を上げている。

ガードインターバルとマルチパス
↓のURLに詳しく書かれていますので参考にしてみてください。
http://www.koji919group.com/technical/111/2-4%E3%82%AC%E3%83%BC%E3%83%89%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%90%E3%83%AB.php

h27 2月 午後

h27	2月	午後

解答 2

h27	2月	午後


正しい解答 : 各キャリアの直交性を厳密に保つ必要が「ある」。また、正確に同期をとる必要が「ある」

直交性について
OFDMでは、サブキャリアの周波数はお互いのサブキャリアが直交するように選ばれる。
直交性のおかげで高いスペクトル効率が得られ、理論上の限界であるナイキスト・レートに匹敵する。割り当てられた周波数帯はほとんど全て無駄なく利用できる。

同期について
OFDMでは受信機と送信機に非常に正確な周波数同期を必要とする。
これは、周波数がずれるとサブキャリア間の直交性が崩れてしまい、搬送波間干渉、すなわちサブキャリア間における干渉 (ICI) を引き起こすからである。周波数オフセットは一般的に、送信機や受信機の局部発振器の発振周波数のずれ、もしくは移動によるドップラー偏移が原因である。ドップラー偏移は受信機で単独で補正することが可能ではあるが、マルチパス存在下では反射がさまざまな周波数オフセットに現われるのでより訂正しにくく、状況は悪化する。この影響は一般的に移動速度の増加するにつれ悪化し、高速移動体でのOFDMの使用を制限している重要な要因である。ICI抑制の手法は多数提案されているが、受信機が複雑になるという問題がある。

↓ 直交周波数分割多重方式wiki
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9B%B4%E4%BA%A4%E5%91%A8%E6%B3%A2%E6%95%B0%E5%88%86%E5%89%B2%E5%A4%9A%E9%87%8D%E6%96%B9%E5%BC%8F#.E7.9B.B4.E4.BA.A4.E6.80.A7

正しい選択肢の内容もしっかり読んでおきましょう

OFDM(直交周波数分割多重方式)
地上波デジタル放送、IEEE 802.11aなどの無線LAN、電力線モデムなどの伝送方式に採用されている。
複数の搬送波を一部重なりあいながらも互いに干渉することなく密に並べることができることから、
狭い周波数の範囲を効率的に利用した広帯域伝送を実現し、周波数の利用効率を上げている。

ガードインターバルとマルチパス
↓のURLに詳しく書かれていますので参考にしてみてください。
http://www.koji919group.com/technical/111/2-4%E3%82%AC%E3%83%BC%E3%83%89%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%90%E3%83%AB.php

h28 2月 午前

h28	2月	午前

解答 4

h28	2月	午前


正しい解答 : 高速のビット列を多数のキャリアを用いて周波数軸上で分割して伝送することで、キャリア1本当たりのシンボルレートを「低く」できる。

正しい選択肢の内容もしっかり読んでおきましょう

OFDM(直交周波数分割多重方式)
地上波デジタル放送、IEEE 802.11aなどの無線LAN、電力線モデムなどの伝送方式に採用されている。
複数の搬送波を一部重なりあいながらも互いに干渉することなく密に並べることができることから、
狭い周波数の範囲を効率的に利用した広帯域伝送を実現し、周波数の利用効率を上げている。

ガードインターバルとマルチパス
↓のURLに詳しく書かれていますので参考にしてみてください。
http://www.koji919group.com/technical/111/2-4%E3%82%AC%E3%83%BC%E3%83%89%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%90%E3%83%AB.php

h28 2月 午後

h28	2月	午後

解答 3

h28	2月	午後


正しい解答 : OFDM伝送方式を用いると、シングルキャリアをデジタル変調した場合に比べて伝送速度はそのままでシンボル期間長を「短く」できる。

正しい選択肢の内容もしっかり読んでおきましょう

OFDM(直交周波数分割多重方式)
地上波デジタル放送、IEEE 802.11aなどの無線LAN、電力線モデムなどの伝送方式に採用されている。
複数の搬送波を一部重なりあいながらも互いに干渉することなく密に並べることができることから、
狭い周波数の範囲を効率的に利用した広帯域伝送を実現し、周波数の利用効率を上げている。

ガードインターバルとマルチパス
↓のURLに詳しく書かれていますので参考にしてみてください。
http://www.koji919group.com/technical/111/2-4%E3%82%AC%E3%83%BC%E3%83%89%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%90%E3%83%AB.php

パターン2の問題

h26 6月 午前

h26	6月	午前

解答 4

h26	6月	午前


(1) OFDMAは、「OFDM」の技術を利用したものであり、サブキャリアを複数のユーザーが共有し、割り当てて使用することにより、効率的な通信を実現することができる。
(2) また、ある程度、周波数を離したサブキャリアをセットとして用いることによって、送信側の増幅器でサブキャリア間の「相互変調」を起こし難くできる。
(3) OFDMAは、一般的に3.9世代と呼ばれる携帯電話の通信規格である「LTE」の下り回線などで利用されている。


  • (1)の補足
    • 符号分割多重化 (CDM) を多元接続として使うときは、これを符号分割多元接続 (CDMA) と呼ぶ。
    • 直交周波数分割多重方式(OFDM)を多元接続として使うときは、これを直交周波数分割多元接続(OFDMA)と呼ぶ。
  • (2)の補足
  • (3)の補足
    • 第1世代  : FDMA | アナログ・AMPS
    • 第2世代  : TDMA | PDC・GSM
    • 第2.5世代 : TDMA+CDMA | PDC-P・GPRS・cdmaone
    • 第3世代  : TDMA+CDMA | CDMA2000・W-CDMA・WiMAX等
    • 第3.5世代 : TDMA+CDMA | CDMA2000 1X・EV-DO・HSPA・HSDPA等
    • 第3.9世代 : OFDMA+CDMA | LTE・UMB・モバイルWiMAX等

OFDM(直交周波数分割多重方式)
地上波デジタル放送、IEEE 802.11aなどの無線LAN、電力線モデムなどの伝送方式に採用されている。
複数の搬送波を一部重なりあいながらも互いに干渉することなく密に並べることができることから、
狭い周波数の範囲を効率的に利用した広帯域伝送を実現し、周波数の利用効率を上げている。

LTE(Long Term Evolution)
↓のURLに詳しく書かれていますので参考にしてみてください。
http://www.tabroid.jp/news/2012/11/tuusinkikaku-tigai-metome.html

h27 6月 午前

h27	6月	午前

解答 2

h27	6月	午前


(1) OFDMAは、「OFDM」の技術を利用したものであり、サブキャリアを複数のユーザーが共有し、割り当てて使用することにより、効率的な通信を実現することができる。
(2) また、ある程度、周波数を離したサブキャリアをセットとして用いることによって、送信側の増幅器でサブキャリア間の「相互変調」を起こし難くできる。
(3) OFDMAは、一般的に3.9世代と呼ばれる携帯電話の通信規格である「LTE」の下り回線などで利用されている。


  • (1)の補足
    • 符号分割多重化 (CDM) を多元接続として使うときは、これを符号分割多元接続 (CDMA) と呼ぶ。
    • 直交周波数分割多重方式(OFDM)を多元接続として使うときは、これを直交周波数分割多元接続(OFDMA)と呼ぶ。
  • (2)の補足
  • (3)の補足
    • 第1世代  : FDMA | アナログ・AMPS
    • 第2世代  : TDMA | PDC・GSM
    • 第2.5世代 : TDMA+CDMA | PDC-P・GPRS・cdmaone
    • 第3世代  : TDMA+CDMA | CDMA2000・W-CDMA・WiMAX等
    • 第3.5世代 : TDMA+CDMA | CDMA2000 1X・EV-DO・HSPA・HSDPA等
    • 第3.9世代 : OFDMA+CDMA | LTE・UMB・モバイルWiMAX等

OFDM(直交周波数分割多重方式)
地上波デジタル放送、IEEE 802.11aなどの無線LAN、電力線モデムなどの伝送方式に採用されている。
複数の搬送波を一部重なりあいながらも互いに干渉することなく密に並べることができることから、
狭い周波数の範囲を効率的に利用した広帯域伝送を実現し、周波数の利用効率を上げている。

LTE(Long Term Evolution)
↓のURLに詳しく書かれていますので参考にしてみてください。
http://www.tabroid.jp/news/2012/11/tuusinkikaku-tigai-metome.html

パターン3の問題

h26 6月 午後

h26	6月	午後

解答 1

h26	6月	午後


正しい解答:FDD(周波数分割複信)に適用することができるが、TDD(時分割複信)に「も適用することができる」

詳しくはコチラ ↓
https://www.nttdocomo.co.jp/corporate/technology/rd/tech/lte/lte03/02/01.html

OFDM(直交周波数分割多重方式)
地上波デジタル放送、IEEE 802.11aなどの無線LAN、電力線モデムなどの伝送方式に採用されている。
複数の搬送波を一部重なりあいながらも互いに干渉することなく密に並べることができることから、
狭い周波数の範囲を効率的に利用した広帯域伝送を実現し、周波数の利用効率を上げている。

LTE(Long Term Evolution)
↓のURLに詳しく書かれていますので参考にしてみてください。
http://www.tabroid.jp/news/2012/11/tuusinkikaku-tigai-metome.html

h27 6月 午後

h27	6月	午後

解答 4

h27	6月	午後


正しい解答:FDD(周波数分割複信)に適用することができるが、TDD(時分割複信)に「も適用することができる」

詳しくはコチラ ↓
https://www.nttdocomo.co.jp/corporate/technology/rd/tech/lte/lte03/02/01.html

OFDM(直交周波数分割多重方式)
地上波デジタル放送、IEEE 802.11aなどの無線LAN、電力線モデムなどの伝送方式に採用されている。
複数の搬送波を一部重なりあいながらも互いに干渉することなく密に並べることができることから、
狭い周波数の範囲を効率的に利用した広帯域伝送を実現し、周波数の利用効率を上げている。

LTE(Long Term Evolution)
↓のURLに詳しく書かれていますので参考にしてみてください。
http://www.tabroid.jp/news/2012/11/tuusinkikaku-tigai-metome.html

パターン4の問題

h27 10月 午前

h27	10月	午前

解答 3

h27	10月	午前


(1) MIMOでは、送信側と受信側の双方に複数のアンテナを設置し、マルチパス伝搬環境を積極的に利用することにより送受信アンテナ間に複数の伝送路を形成して、伝送容量の増大の実現あるいは伝送品質の向上を図ることができる。
 例えば、基地局から端末への通信(下りリンク)において、複数の基地局送信アンテナから異なるデータ信号を送信しつつ、複数の端末受信アンテナで信号を受信し、信号処理技術により送信アンテナ毎のデータ信号に分離を行うことにより、新たに周波数帯域を増やさずに高速伝送できるため、周波数の利用効率に「優れて」いる。
(2) MIMOは、WiMAXや「LTE(Long Term Evolution)」などで用いられている。

MIMOの解説 詳しくはコチラ ↓
http://www.cisco.com/web/JP/news/cisco_news_letter/tech/mimo/index.html

h27 10月 午後

h27	10月	午後

解答 3

h27	10月	午後


(1) MIMOでは、送信側と受信側の双方に複数のアンテナを設置し、マルチパス伝搬環境を積極的に利用することにより送受信アンテナ間に複数の伝送路を形成して、伝送容量の増大の実現あるいは伝送品質の向上を図ることができる。
 例えば、基地局から端末への通信(下りリンク)において、複数の基地局送信アンテナから異なるデータ信号を送信しつつ、複数の端末受信アンテナで信号を受信し、信号処理技術により送信アンテナ毎のデータ信号に分離を行うことにより、新たに周波数帯域を増やさずに高速伝送できるため、周波数の利用効率に「優れて」いる。
(2) MIMOは、LTE(Long Term Evolution)や「WiMAX」などで用いられている。

MIMOの解説 詳しくはコチラ ↓
http://www.cisco.com/web/JP/news/cisco_news_letter/tech/mimo/index.html

パターン5の問題

h28 2月 午前

h28	2月	午前

解答 2

h28	2月	午前


(1) 一般にアダプティブアレイアンテナは、複数のアンテナ素子から成り、各アンテナの受信信号の「振幅と位相」に適切な重みを付けて合成することにより電気的に指向性を制御することができ、電波環境の変化に応じて指向性を適応的に変えることができる。

(2) さらに、干渉波の到来方向にヌル点(null:指向性パターンの落ち込み点)を向け干渉波を「弱めて」、通信の品質を改善することもできる。

アダプティブアレイアンテナの解説 詳しくはコチラ ↓
http://www.fujitsu.com/jp/group/mtc/technology/course/aaa/

h28 2月 午後

h28	2月	午後

解答 2

h28	2月	午後


(1) 一般にアダプティブアレイアンテナは、複数のアンテナ素子から成り、各アンテナの受信信号の「振幅と位相」に適切な重みを付けて合成することにより電気的に指向性を制御することができ、電波環境の変化に応じて指向性を適応的に変えることができる。

(2) さらに、干渉波の到来方向に「ヌル点(null:指向性パターンの落ち込み点)」を向け干渉波を弱めて、通信の品質を改善することもできる。

アダプティブアレイアンテナの解説 詳しくはコチラ ↓
http://www.fujitsu.com/jp/group/mtc/technology/course/aaa/

前の項目へ

|55| デジタル信号の同期化

次の項目へ

|57| ダイバーシティ受信方式


最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional