■資格取得応援サイト! 過去問分析で理解度を高める。オススメの参考書や勉強法、デシベル計算の覚え方など... 一陸特(第一級陸上特殊無線技士)

|57| ダイバーシティ受信方式

|57| ダイバーシティ受信方式

NO項目               計算主な出題番号集中ゼミの章別集中ゼミのページ番号
57ダイバーシティ受信方式無し10・11・124.386

出題パターンは2種類

  1. ダイバーシティ受信方式について
  2. ダイバーシティ方式について

関連項目の |58| フェージング と一緒に覚えると効果的です。


パターン1の問題

h19 2月 午前

h19	2月	午前

解答 1

h19	2月	午前


正しい解答 : スペースダイバーシティによる受信信号をベースバンド帯で切り替えるには、受信機は「2台以上必要である」

正しい選択肢の内容もしっかり読んでおきましょう。

以下の内容は頻出項目ですので必ず覚えましょう。

  • ダイバーシティ方式
    • ダイバーシティ方式は、同時に回線品質が劣化する確立が小さい二つ以上の通信系の出力を合成又は選択することにより、フェージングの影響を軽減するものである。
  • スペースダイバーシティ方式 ※(スペース=空間)
    • 2以上の受信アンテナを空間的に離れた位置に設置して、それらの受信信号を合成し又は切り替える方式
  • ルートダイバーシティ方式 ※(ルート=二つ以上の伝送路を切り替える)
    • 十分に遠く離した二つ以上の伝送路を設定し、これを切り替えて使用することにより、回線品質を安定させる方法

h19 2月 午後

h19	2月	午後

解答 2

h19	2月	午後


正しい解答
選択肢1 : ダイバーシティ受信は、互いに相関が小さい複数の受信信号を切り替えるか又は合成することで、「フェージングの影響」を軽減するための方式である。
選択肢3 : スペースダイバーシティによる受信信号をベースバンド帯で切り替えるには、受信機は「2台以上必要である」
選択肢4 : マイクロ波で用いられるダイバーシティ受信方式では、「中間周波数帯かベースバンド帯で、信号の合成又は切り替えを行う」
選択肢5 : 周波数によりフェージングの影響が異なるのを利用して、2つの異なる周波数による受信ダイバーシティ方式を、「周波数」ダイバーシティという。

以下の内容は頻出項目ですので必ず覚えましょう。

  • ダイバーシティ方式
    • ダイバーシティ方式は、同時に回線品質が劣化する確立が小さい二つ以上の通信系の出力を合成又は選択することにより、フェージングの影響を軽減するものである。
  • スペースダイバーシティ方式 ※(スペース=空間)
    • 2以上の受信アンテナを空間的に離れた位置に設置して、それらの受信信号を合成し又は切り替える方式
  • ルートダイバーシティ方式 ※(ルート=二つ以上の伝送路を切り替える)
    • 十分に遠く離した二つ以上の伝送路を設定し、これを切り替えて使用することにより、回線品質を安定させる方法

h20 6月 午前

h20	6月	午前

解答 1

h20	6月	午前


正しい解答
選択肢2 : ダイバーシティ受信は、互いに相関が小さい複数の受信信号を切り替えるか又は合成することで、「フェージングの影響」を軽減するための方式である。
選択肢3 : スペースダイバーシティによる受信信号をベースバンド帯で切り替えるには、受信機は「2台以上必要である」
選択肢4 : マイクロ波で用いられるダイバーシティ受信方式では、「中間周波数帯かベースバンド帯で、信号の合成又は切り替えを行う」
選択肢5 : 周波数によりフェージングの影響が異なるのを利用して、2つの異なる周波数による受信ダイバーシティ方式を、「周波数」ダイバーシティという。

以下の内容は頻出項目ですので必ず覚えましょう。

  • ダイバーシティ方式
    • ダイバーシティ方式は、同時に回線品質が劣化する確立が小さい二つ以上の通信系の出力を合成又は選択することにより、フェージングの影響を軽減するものである。
  • スペースダイバーシティ方式 ※(スペース=空間)
    • 2以上の受信アンテナを空間的に離れた位置に設置して、それらの受信信号を合成し又は切り替える方式
  • ルートダイバーシティ方式 ※(ルート=二つ以上の伝送路を切り替える)
    • 十分に遠く離した二つ以上の伝送路を設定し、これを切り替えて使用することにより、回線品質を安定させる方法

h20 6月 午後

h20	6月	午後

解答 3

h20	6月	午後


正しい解答 : スペースダイバーシティによる受信信号をベースバンド帯で切り替えるには、受信機は「2台以上必要である」

正しい選択肢の内容もしっかり読んでおきましょう。

以下の内容は頻出項目ですので必ず覚えましょう。

  • ダイバーシティ方式
    • ダイバーシティ方式は、同時に回線品質が劣化する確立が小さい二つ以上の通信系の出力を合成又は選択することにより、フェージングの影響を軽減するものである。
  • スペースダイバーシティ方式 ※(スペース=空間)
    • 2以上の受信アンテナを空間的に離れた位置に設置して、それらの受信信号を合成し又は切り替える方式
  • ルートダイバーシティ方式 ※(ルート=二つ以上の伝送路を切り替える)
    • 十分に遠く離した二つ以上の伝送路を設定し、これを切り替えて使用することにより、回線品質を安定させる方法

h22 10月 午前

h22	10月	午前

解答 5

h22	10月	午前


正しい解答
選択肢1 : 周波数によりフェージングの影響が異なるのを利用して、2つの異なる周波数による受信ダイバーシティ方式を、「周波数」ダイバーシティという。
選択肢2 : ダイバーシティ受信は、互いに相関が小さい複数の受信信号を切り替えるか又は合成することで、「フェージングの影響」を軽減するための方式である。
選択肢3 : スペースダイバーシティによる受信信号をベースバンド帯で切り替えるには、受信機は「2台以上必要である」
選択肢4 : ダイバーシティ受信方式には、複数の受信空中線からの信号を合成して、1台の受信機の入力とする方法「も」ある。

以下の内容は頻出項目ですので必ず覚えましょう。

  • ダイバーシティ方式
    • ダイバーシティ方式は、同時に回線品質が劣化する確立が小さい二つ以上の通信系の出力を合成又は選択することにより、フェージングの影響を軽減するものである。
  • スペースダイバーシティ方式 ※(スペース=空間)
    • 2以上の受信アンテナを空間的に離れた位置に設置して、それらの受信信号を合成し又は切り替える方式
  • ルートダイバーシティ方式 ※(ルート=二つ以上の伝送路を切り替える)
    • 十分に遠く離した二つ以上の伝送路を設定し、これを切り替えて使用することにより、回線品質を安定させる方法

h22 10月 午後

h22	10月	午後

解答 1

h22	10月	午後


正しい解答 : スペースダイバーシティによる受信信号をベースバンド帯で切り替えるには、受信機は「2台以上必要である」

正しい選択肢の内容もしっかり読んでおきましょう。

以下の内容は頻出項目ですので必ず覚えましょう。

  • ダイバーシティ方式
    • ダイバーシティ方式は、同時に回線品質が劣化する確立が小さい二つ以上の通信系の出力を合成又は選択することにより、フェージングの影響を軽減するものである。
  • スペースダイバーシティ方式 ※(スペース=空間)
    • 2以上の受信アンテナを空間的に離れた位置に設置して、それらの受信信号を合成し又は切り替える方式
  • ルートダイバーシティ方式 ※(ルート=二つ以上の伝送路を切り替える)
    • 十分に遠く離した二つ以上の伝送路を設定し、これを切り替えて使用することにより、回線品質を安定させる方法

h24 6月 午前

h24	6月	午前

解答 4

h24	6月	午前


正しい解答

選択肢1 : 2基以上のアンテナを空間的に離れた位置に設置して、それらの受信信号を切り替える又は合成するダイバーシティ方式を、「スペース」ダイバーシティという。
選択肢2 : 周波数によりフェージングの影響が異なることを利用して、二つの異なる周波数を用いるダイバーシティ方式を、「周波数」ダイバーシティという。
選択肢3 : 垂直偏波と水平偏波のように直交する偏波のフェージングの影響が異なることを利用したダイバーシティ方式を、「偏波」ダイバーシティという。
選択肢5 : 電波の到来方向が異なるとフェージングの影響が異なることを利用したダイバーシティ方式を、「角度」ダイバーシティという。

以下の内容は頻出項目ですので必ず覚えましょう。

  • ダイバーシティ方式
    • ダイバーシティ方式は、同時に回線品質が劣化する確立が小さい二つ以上の通信系の出力を合成又は選択することにより、フェージングの影響を軽減するものである。
  • スペースダイバーシティ方式 ※(スペース=空間)
    • 2以上の受信アンテナを空間的に離れた位置に設置して、それらの受信信号を合成し又は切り替える方式
  • ルートダイバーシティ方式 ※(ルート=二つ以上の伝送路を切り替える)
    • 十分に遠く離した二つ以上の伝送路を設定し、これを切り替えて使用することにより、回線品質を安定させる方法

h24 6月 午後

h24	6月	午後

解答 5

h24	6月	午後


正しい解答 : 2基以上のアンテナを空間的に離れた位置に設置して、それらの受信信号を切り替える又は合成するダイバーシティ方式を、「スペース」ダイバーシティ方式という。

正しい選択肢の内容もしっかり読んでおきましょう。

以下の内容は頻出項目ですので必ず覚えましょう。

  • ダイバーシティ方式
    • ダイバーシティ方式は、同時に回線品質が劣化する確立が小さい二つ以上の通信系の出力を合成又は選択することにより、フェージングの影響を軽減するものである。
  • スペースダイバーシティ方式 ※(スペース=空間)
    • 2以上の受信アンテナを空間的に離れた位置に設置して、それらの受信信号を合成し又は切り替える方式
  • ルートダイバーシティ方式 ※(ルート=二つ以上の伝送路を切り替える)
    • 十分に遠く離した二つ以上の伝送路を設定し、これを切り替えて使用することにより、回線品質を安定させる方法

h25 6月 午前

h25	6月 	午前

解答 4

h25	6月 	午前


正しい解答 : 電波の「到来」方向が異なるとフェージングの影響が異なることを利用したダイバーシティ方式は、角度ダイバーシティ方式といわれる。

各ダイバーシティの知識を正確に問われる問題です。
この4つ+ルートダイバーシティは内容も含めて覚えましょう。

以下の内容は頻出項目ですので必ず覚えましょう。

  • ダイバーシティ方式
    • ダイバーシティ方式は、同時に回線品質が劣化する確立が小さい二つ以上の通信系の出力を合成又は選択することにより、フェージングの影響を軽減するものである。
  • スペースダイバーシティ方式 ※(スペース=空間)
    • 2以上の受信アンテナを空間的に離れた位置に設置して、それらの受信信号を合成し又は切り替える方式
  • ルートダイバーシティ方式 ※(ルート=二つ以上の伝送路を切り替える)
    • 十分に遠く離した二つ以上の伝送路を設定し、これを切り替えて使用することにより、回線品質を安定させる方法

h26 10月 午前

h26	10月	午前

解答 3

h26	10月	午前


正しい解答 : 周波数によりフェージングの影響が異なることを利用して、二つの異なる周波数を用いるダイバーシティ方式は、「周波数」ダイバーシティといわれる。

各ダイバーシティの知識を正確に問われる問題です。

以下の内容は頻出項目ですので必ず覚えましょう。

  • ダイバーシティ方式
    • ダイバーシティ方式は、同時に回線品質が劣化する確立が小さい二つ以上の通信系の出力を合成又は選択することにより、フェージングの影響を軽減するものである。
  • スペースダイバーシティ方式 ※(スペース=空間)
    • 2以上の受信アンテナを空間的に離れた位置に設置して、それらの受信信号を合成し又は切り替える方式
  • ルートダイバーシティ方式 ※(ルート=二つ以上の伝送路を切り替える)
    • 十分に遠く離した二つ以上の伝送路を設定し、これを切り替えて使用することにより、回線品質を安定させる方法

h27 10月 午前

h27	10月	午前

解答 1

h27	10月	午前


正しい解答 : 周波数によりフェージングの影響が異なることを利用して、二つの異なる周波数を用いるダイバーシティ方式は、「周波数」ダイバーシティ方式といわれる。

各ダイバーシティの知識を正確に問われる問題です。

以下の内容は頻出項目ですので必ず覚えましょう。

  • ダイバーシティ方式
    • ダイバーシティ方式は、同時に回線品質が劣化する確立が小さい二つ以上の通信系の出力を合成又は選択することにより、フェージングの影響を軽減するものである。
  • スペースダイバーシティ方式 ※(スペース=空間)
    • 2以上の受信アンテナを空間的に離れた位置に設置して、それらの受信信号を合成し又は切り替える方式
  • ルートダイバーシティ方式 ※(ルート=二つ以上の伝送路を切り替える)
    • 十分に遠く離した二つ以上の伝送路を設定し、これを切り替えて使用することにより、回線品質を安定させる方法

パターン2の問題

h19 10月 午前

h19	10月	午前

解答 5

h19	10月	午前


(1) ダイバーシティ方式は、同時に回線品質が劣化する確立が「小さい」二つ以上の通信系の出力を合成又は選択することにより、「フェージング」の影響を軽減するものである。

(2) 二つの受信アンテナを空間的に離すことにより二つの伝送路を構成し、この出力を合成又は選択する方法を「スペース」ダイバーシティ方式という。

以下の内容は頻出項目ですので必ず覚えましょう。

  • ダイバーシティ方式
    • ダイバーシティ方式は、同時に回線品質が劣化する確立が小さい二つ以上の通信系の出力を合成又は選択することにより、フェージングの影響を軽減するものである。
  • スペースダイバーシティ方式 ※(スペース=空間)
    • 2以上の受信アンテナを空間的に離れた位置に設置して、それらの受信信号を合成し又は切り替える方式
  • ルートダイバーシティ方式 ※(ルート=二つ以上の伝送路を切り替える)
    • 十分に遠く離した二つ以上の伝送路を設定し、これを切り替えて使用することにより、回線品質を安定させる方法

h19 10月 午後

h19	10月	午後

解答 5

h19	10月	午後


(1) ダイバーシティ方式は、同時に回線品質が劣化する確立が「小さい」二つ以上の通信系の出力を合成又は選択することにより、「フェージング」の影響を軽減するものである。

(2) 10[GHz]を超える周波数帯では、降雨による電波の減衰の影響を比較的大きく受けるため、十分に遠く離した二つ以上の伝送路を設定し、これを「切り替えて」使用することにより、回線品質を安定させる方法をルートダイバーシティ方式という。

以下の内容は頻出項目ですので必ず覚えましょう。

  • ダイバーシティ方式
    • ダイバーシティ方式は、同時に回線品質が劣化する確立が小さい二つ以上の通信系の出力を合成又は選択することにより、フェージングの影響を軽減するものである。
  • スペースダイバーシティ方式 ※(スペース=空間)
    • 2以上の受信アンテナを空間的に離れた位置に設置して、それらの受信信号を合成し又は切り替える方式
  • ルートダイバーシティ方式 ※(ルート=二つ以上の伝送路を切り替える)
    • 十分に遠く離した二つ以上の伝送路を設定し、これを切り替えて使用することにより、回線品質を安定させる方法

h21 6月 午前

h21	6月	午前

解答 4

h21	6月	午前


(1) ダイバーシティ方式は、同時に回線品質が劣化する確立が「小さい」二つ以上の通信系の出力を合成又は選択することにより、「フェージング」の影響を軽減するものである。

(2) 10[GHz]を超える周波数帯では、降雨による電波の減衰の影響を比較的大きく受けるため、十分に遠く離した二つ以上の伝送路を設定し、これを「切り替えて」使用することにより、回線品質を安定させる方法をルートダイバーシティ方式という。

以下の内容は頻出項目ですので必ず覚えましょう。

  • ダイバーシティ方式
    • ダイバーシティ方式は、同時に回線品質が劣化する確立が小さい二つ以上の通信系の出力を合成又は選択することにより、フェージングの影響を軽減するものである。
  • スペースダイバーシティ方式 ※(スペース=空間)
    • 2以上の受信アンテナを空間的に離れた位置に設置して、それらの受信信号を合成し又は切り替える方式
  • ルートダイバーシティ方式 ※(ルート=二つ以上の伝送路を切り替える)
    • 十分に遠く離した二つ以上の伝送路を設定し、これを切り替えて使用することにより、回線品質を安定させる方法

h21 6月 午後

h19	10月	午後

解答 5

h19	10月	午後


(1) ダイバーシティ方式は、同時に回線品質が劣化する確立が「小さい」二つ以上の通信系の出力を合成又は選択することにより、「フェージング」の影響を軽減するものである。

(2) 二つの受信アンテナを空間的に離すことにより二つの伝送路を構成し、この出力を合成又は選択する方法を「スペース」ダイバーシティ方式という。

以下の内容は頻出項目ですので必ず覚えましょう。

  • ダイバーシティ方式
    • ダイバーシティ方式は、同時に回線品質が劣化する確立が小さい二つ以上の通信系の出力を合成又は選択することにより、フェージングの影響を軽減するものである。
  • スペースダイバーシティ方式 ※(スペース=空間)
    • 2以上の受信アンテナを空間的に離れた位置に設置して、それらの受信信号を合成し又は切り替える方式
  • ルートダイバーシティ方式 ※(ルート=二つ以上の伝送路を切り替える)
    • 十分に遠く離した二つ以上の伝送路を設定し、これを切り替えて使用することにより、回線品質を安定させる方法

h23 6月 午前

h23	6月	午前

解答 2

h23	6月	午前


(1) ダイバーシティ方式は、同時に回線品質が劣化する確立が「小さい」二つ以上の通信系の出力を合成又は選択することにより、「フェージング」の影響を軽減するものである。

(2) 二つの受信アンテナを空間的に離すことにより二つの伝送路を構成し、この出力を合成又は選択する方法を「スペース」ダイバーシティ方式という。

以下の内容は頻出項目ですので必ず覚えましょう。

  • ダイバーシティ方式
    • ダイバーシティ方式は、同時に回線品質が劣化する確立が小さい二つ以上の通信系の出力を合成又は選択することにより、フェージングの影響を軽減するものである。
  • スペースダイバーシティ方式 ※(スペース=空間)
    • 2以上の受信アンテナを空間的に離れた位置に設置して、それらの受信信号を合成し又は切り替える方式
  • ルートダイバーシティ方式 ※(ルート=二つ以上の伝送路を切り替える)
    • 十分に遠く離した二つ以上の伝送路を設定し、これを切り替えて使用することにより、回線品質を安定させる方法

h23 6月 午後

h23	6月	午後

解答 1

h23	6月	午後


(1) ダイバーシティ方式は、同時に回線品質が劣化する確立が「小さい」二つ以上の通信系の出力を合成又は選択することにより、「フェージング」の影響を軽減するものである。

(2) 10[GHz]を超える周波数帯では、降雨による電波の減衰の影響を比較的大きく受けるため、十分に遠く離した二つ以上の伝送路を設定し、これを「切り替えて」使用することにより、回線品質を安定させる方法をルートダイバーシティ方式という。

以下の内容は頻出項目ですので必ず覚えましょう。

  • ダイバーシティ方式
    • ダイバーシティ方式は、同時に回線品質が劣化する確立が小さい二つ以上の通信系の出力を合成又は選択することにより、フェージングの影響を軽減するものである。
  • スペースダイバーシティ方式 ※(スペース=空間)
    • 2以上の受信アンテナを空間的に離れた位置に設置して、それらの受信信号を合成し又は切り替える方式
  • ルートダイバーシティ方式 ※(ルート=二つ以上の伝送路を切り替える)
    • 十分に遠く離した二つ以上の伝送路を設定し、これを切り替えて使用することにより、回線品質を安定させる方法

h25 6月 午後

h25	6月 	午後

解答 5

h25	6月 	午後


(1) ダイバーシティ方式とは、同時に回線品質が劣化する確立が小さい二つ以上の通信系を設定して、それぞれの通信系の出力を選択又は合成することにより、「フェージング」の影響を軽減するものである。

(2) 十分に遠く離した二つ以上の伝送路を設定し、これを切り替えて使用する方法は「ルートダイバーシティ」方式といわれる。

(3) 二つの受信アンテナを空間的に離すことにより二つの伝送路を構成し、この出力を合成又は選択する方法は「スペースダイバーシティ」方式といわれる。

以下の内容は頻出項目ですので必ず覚えましょう。

  • ダイバーシティ方式
    • ダイバーシティ方式は、同時に回線品質が劣化する確立が小さい二つ以上の通信系の出力を合成又は選択することにより、フェージングの影響を軽減するものである。
  • スペースダイバーシティ方式 ※(スペース=空間)
    • 2以上の受信アンテナを空間的に離れた位置に設置して、それらの受信信号を合成し又は切り替える方式
  • ルートダイバーシティ方式 ※(ルート=二つ以上の伝送路を切り替える)
    • 十分に遠く離した二つ以上の伝送路を設定し、これを切り替えて使用することにより、回線品質を安定させる方法

h26 10月 午後

h26	10月	午後

解答 3

h26	10月	午後


(1) ダイバーシティ方式とは、同時に回線品質が劣化する確立が小さい二つ以上の通信系を設定して、それぞれの通信系の出力を選択又は合成することにより、「フェージング」の影響を軽減するものである。

(2) 十分に遠く離した二つ以上の伝送路を設定し、これを切り替えて使用する方法は「ルート」ダイバーシティ方式といわれる。

(3) 二つの受信アンテナを空間的に離すことにより二つの伝送路を構成し、この出力を合成又は選択する方法は「スペース」ダイバーシティ方式といわれる。

以下の内容は頻出項目ですので必ず覚えましょう。

  • ダイバーシティ方式
    • ダイバーシティ方式は、同時に回線品質が劣化する確立が小さい二つ以上の通信系の出力を合成又は選択することにより、フェージングの影響を軽減するものである。
  • スペースダイバーシティ方式 ※(スペース=空間)
    • 2以上の受信アンテナを空間的に離れた位置に設置して、それらの受信信号を合成し又は切り替える方式
  • ルートダイバーシティ方式 ※(ルート=二つ以上の伝送路を切り替える)
    • 十分に遠く離した二つ以上の伝送路を設定し、これを切り替えて使用することにより、回線品質を安定させる方法

h27 10月 午後

h27	10月	午後

解答 4

h27	10月	午後


(1) ダイバーシティ方式とは、同時に回線品質が劣化する確立が「小さい」二つ以上の通信系を設定して、それぞれの通信系の出力を選択又は合成することにより、フェージングの影響を軽減するものである。

(2) 十分に遠く離した二つ以上の伝送路を設定し、これを切り替えて使用する方法は「ルート」ダイバーシティ方式といわれる。

(3) 二つの受信アンテナを空間的に離すことにより二つの伝送路を構成し、この出力を合成又は選択する方法は「スペース」ダイバーシティ方式といわれる。

以下の内容は頻出項目ですので必ず覚えましょう。

  • ダイバーシティ方式
    • ダイバーシティ方式は、同時に回線品質が劣化する確立が小さい二つ以上の通信系の出力を合成又は選択することにより、フェージングの影響を軽減するものである。
  • スペースダイバーシティ方式 ※(スペース=空間)
    • 2以上の受信アンテナを空間的に離れた位置に設置して、それらの受信信号を合成し又は切り替える方式
  • ルートダイバーシティ方式 ※(ルート=二つ以上の伝送路を切り替える)
    • 十分に遠く離した二つ以上の伝送路を設定し、これを切り替えて使用することにより、回線品質を安定させる方法

前の項目へ

|56| OFDM(直交周波数分割多重方式)

次の項目へ

|58| フェージング


最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional