■資格取得応援サイト! 過去問分析で理解度を高める。オススメの参考書や勉強法、デシベル計算の覚え方など... 一陸特(第一級陸上特殊無線技士)

|60| FM送・受信機(回路)

|60| FM送・受信機(回路)

NO項目               計算主な出題番号集中ゼミの章別集中ゼミのページ番号
60FM送・受信機(回路)無し9・10・11・124.180

出題パターンは5種類

  1. FM(F3E)送信機の主な回路の動作について
  2. FM(F3E)受信機の主な回路の動作について
  3. FM(F3E)受信機に用いられる回路について
  4. FM(F3E)受信機におけるスケルチ回路について
  5. FM(F3E)送信機におけるIDC回路について

回路の動作についての問題か、機器・回路の正しい組み合わせについての問題が出題されます。
送信側の構成例・受信側の構成例をしっかり切り分けて暗記しましょう。

関連項目の |59| FM送・受信機(通信方式) と一緒に覚えると効果的です。


パターン1の問題

h19 2月 午前

h19	2月	午前

解答 5

h19	2月	午前


(1) 水晶発振器は、送信周波数の整数分の1の安定な周波数を発振し、この出力は位相変調器に加えられる。

(2) 位相変調器は、水晶発振器の出力波の「位相角」をIDC回路の出力によって変化させ、周波数変調波を出力する。

(3) 励振(れいしん)増幅器では、周波数逓倍(ていばい)器の出力を電力増幅器を動作させるのに必要な電力まで「増幅」する。

(4) 周波数逓倍(ていばい)器は、位相変調器で得られた被変調波を逓倍(ていばい)することによって、必要な「周波数偏移」及び所要の送信周波数を得る。

h20 10月 午後

h20	10月	午後

解答 2

h20	10月	午後


(A) IDC回路

(B) 位相変調器

(C) 周波数逓倍(ていばい)器

FM(F3E)送信機の構成例では上記(A)~(C)が問われますので、必ず暗記しましょう。
 ※FM(F3E)受信機とごっちゃにならないように気をつけてください。
 ※FM(F3E)送信機とFM(F3E)受信機では「低周波増幅器」以外同じ機器・回路は使われません。

h20 10月 午前

h20	10月	午前

解答 1

h20	10月	午前


(A) 位相変調器

(B) 周波数逓倍(ていばい)器

(C) IDC回路

FM(F3E)送信機の構成例では上記(A)~(C)が問われますので、必ず暗記しましょう。
 ※FM(F3E)受信機とごっちゃにならないように気をつけてください。
 ※FM(F3E)送信機とFM(F3E)受信機では「低周波増幅器」以外同じ機器・回路は使われません。

h22 10月 午後

h22	10月	午後

解答 1

h22	10月	午後


(A) IDC回路

(B) 位相変調器

(C) 周波数逓倍(ていばい)器

FM(F3E)送信機の構成例では上記(A)~(C)が問われますので、必ず暗記しましょう。
 ※FM(F3E)受信機とごっちゃにならないように気をつけてください。
 ※FM(F3E)送信機とFM(F3E)受信機では「低周波増幅器」以外同じ機器・回路は使われません。

パターン2の問題

h19 2月 午後

h19	2月	午後

解答 5

h19	2月	午後


(1) 高周波増幅器は、アンテナで受信した微弱な信号を増幅して、感度と選択度の向上を図る。

(2) スケルチ回路は、受信入力が無くなったり弱くなったとき、低周波増幅度の動作を「停止」させる。

(3) 振幅制限器は、検波出力にひずみや雑音として現れる受信信号の「振幅」変化を除去する。

(4) 中間周波数増幅器は、周波数混合器出力の中間周波信号を増幅するとともに、帯域フィルタを用いて「近接周波数」による混信を除去する。

h20 10月 午前

h20	10月	午前

解答 1

h20	10月	午前


(A) 周波数混合器

(B) 振幅制限器

(C) 周波数弁別器

FM(F3E)受信機の構成例では上記(A)~(C)に加えて「スケルチ回路」が問われますので、必ず暗記しましょう。
 ※FM(F3E)送信機とごっちゃにならないように気をつけてください。
 ※FM(F3E)送信機とFM(F3E)受信機では「低周波増幅器」以外同じ機器・回路は使われません。

パターン3の問題

h20 2月 午前

h20	2月	午前

解答 5

h20	2月	午前


(1) 復調には、周波数変化を振幅変化に変換する「周波数弁別器」が用いられる。

(2) 入力信号が一定のレベル以下になったときに生ずる大きな雑音を抑圧するため、「スケルチ」回路が用いられる。

(3) 送信側で強調された高い周波数成分を減衰させるとともに、高い周波数成分の雑音も減衰させ、周波数特性と信号対雑音比(S/N)を改善するため、「ディエンファシス」回路が用いられる。

問題の一番最初にも記述されているとおり、「FM(F3E)受信機」についての問題です。
「FM(F3E)送信機」と間違わないようにしてください。ここを読み間違えるだけで回答も間違えてしまいます。
なお、パターン3は「FM(F3E)受信機」について正確な知識が求められる難易度の高い問題です。図も描かれていないのでしっかり学習して答えられるようにしておきましょう。

h20 2月 午後

h20	2月	午後

解答 1

h20	2月	午後


(1) 伝搬する途中でのレベル変動や雑音、混信などによる振幅の変動を除去するため、「振幅制限器」が用いられる。

(2) 入力信号が一定のレベル「以下」になったときに生ずる大きな雑音を抑圧するため、スケルチ回路が用いられる。

(3) 周波数の変化を振幅の変化に変換するため、周波数弁別器を「復調器」として用いている。

問題の一番最初にも記述されているとおり、「FM(F3E)受信機」についての問題です。
「FM(F3E)送信機」と間違わないようにしてください。ここを読み間違えるだけで回答も間違えてしまいます。
なお、パターン3は「FM(F3E)受信機」について正確な知識が求められる難易度の高い問題です。図も描かれていないのでしっかり学習して答えられるようにしておきましょう。

h21 10月 午前

h21	10月	午前

解答 1

h21	10月	午前


(1) 復調には、周波数変化を振幅変化に変換する「周波数弁別器」が用いられる。

(2) 入力信号が一定のレベル以下になったときに生ずる大きな雑音を抑圧するため、「スケルチ」回路が用いられる。

(3) 送信側で強調された高い周波数成分を減衰させるとともに、高い周波数成分の雑音も減衰させ、周波数特性と信号対雑音比(S/N)を改善するため、「ディエンファシス」回路が用いられる。

問題の一番最初にも記述されているとおり、「FM(F3E)受信機」についての問題です。
「FM(F3E)送信機」と間違わないようにしてください。ここを読み間違えるだけで回答も間違えてしまいます。
なお、パターン3は「FM(F3E)受信機」について正確な知識が求められる難易度の高い問題です。図も描かれていないのでしっかり学習して答えられるようにしておきましょう。

h21 10月 午後

h21	10月	午後

解答 3

h21	10月	午後


(1) 伝搬する途中でのレベル変動や雑音、混信などによる振幅の変動を除去するため、「振幅制限器」が用いられる。

(2) 入力信号が一定のレベル「以下」になったときに生ずる大きな雑音を抑圧するため、スケルチ回路が用いられる。

(3) 周波数の変化を振幅の変化に変換するため、周波数弁別器を「復調器」として用いている。

問題の一番最初にも記述されているとおり、「FM(F3E)受信機」についての問題です。
「FM(F3E)送信機」と間違わないようにしてください。ここを読み間違えるだけで回答も間違えてしまいます。
なお、パターン3は「FM(F3E)受信機」について正確な知識が求められる難易度の高い問題です。図も描かれていないのでしっかり学習して答えられるようにしておきましょう。

h23 10月 午前

h23	10月	午前

解答 3

h23	10月	午前


(1) 伝搬する途中でのレベル変動や雑音、混信などによる振幅の変動を除去するため、「振幅制限器」が用いられる。

(2) 周波数の変化を振幅の変化に変換するため、「復調器」として周波数弁別器などが用いられる。

(3) 入力信号が一定のレベル「以下」になったときに生ずる大きな雑音を抑圧するため、スケルチ回路が用いられる。

問題の一番最初にも記述されているとおり、「FM(F3E)受信機」についての問題です。
「FM(F3E)送信機」と間違わないようにしてください。ここを読み間違えるだけで回答も間違えてしまいます。
なお、パターン3は「FM(F3E)受信機」について正確な知識が求められる難易度の高い問題です。図も描かれていないのでしっかり学習して答えられるようにしておきましょう。

パターン4の問題

h18 2月 午前

h18	2月	午前

解答 1

h18	2月	午前


正しい解答
選択肢2 : 選択肢1が「スケルチ回路」について述べたものです。
選択肢3 : 選択肢1が「スケルチ回路」について述べたものです。
選択肢4 : 選択肢1が「スケルチ回路」について述べたものです。
選択肢5 : 選択肢1が「スケルチ回路」について述べたものです。

h19 6月 午後

h19	6月	午後

解答 5

h19	6月	午後


正しい解答
選択肢1 : 選択肢5が「スケルチ回路」について述べたものです。
選択肢2 : 選択肢5が「スケルチ回路」について述べたものです。
選択肢3 : 選択肢5が「スケルチ回路」について述べたものです。
選択肢4 : 選択肢5が「スケルチ回路」について述べたものです。

h21 2月 午前

h21	2月	午前

解答 4

h21	2月	午前


正しい解答
選択肢1 : 選択肢4が「スケルチ回路」について述べたものです。
選択肢2 : 選択肢4が「スケルチ回路」について述べたものです。
選択肢3 : 選択肢4が「スケルチ回路」について述べたものです。
選択肢5 : 選択肢4が「スケルチ回路」について述べたものです。

h23 10月 午後

h23	10月	午後

解答 5

h23	10月	午後


正しい解答
選択肢1 : 選択肢5が「スケルチ回路」について述べたものです。
選択肢2 : 選択肢5が「スケルチ回路」について述べたものです。
選択肢3 : 選択肢5が「スケルチ回路」について述べたものです。
選択肢4 : 選択肢5が「スケルチ回路」について述べたものです。

パターン5の問題

h18 2月 午後

h18	2月	午後

解答 1

h18	2月	午後


正しい解答
選択肢2 : 選択肢1が「IDC回路」について述べたものです。
選択肢3 : 選択肢1が「IDC回路」について述べたものです。
選択肢4 : 選択肢1が「IDC回路」について述べたものです。
選択肢5 : 選択肢1が「IDC回路」について述べたものです。

h19 6月 午前

h19	6月	午前

解答 5

h19	6月	午前


正しい解答
選択肢1 : 選択肢5が「IDC回路」について述べたものです。
選択肢2 : 選択肢5が「IDC回路」について述べたものです。
選択肢3 : 選択肢5が「IDC回路」について述べたものです。
選択肢4 : 選択肢5が「IDC回路」について述べたものです。

h21 2月 午後

h21	2月	午後

解答 1

h21	2月	午後


正しい解答
選択肢2 : 選択肢1が「IDC回路」について述べたものです。
選択肢3 : 選択肢1が「IDC回路」について述べたものです。
選択肢4 : 選択肢1が「IDC回路」について述べたものです。
選択肢5 : 選択肢1が「IDC回路」について述べたものです。

前の項目へ

|59| FM送・受信機(通信方式)

次の項目へ

|61| 伝送特性の補償


最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional