■資格取得応援サイト! 過去問分析で理解度を高める。オススメの参考書や勉強法、デシベル計算の覚え方など... 一陸特(第一級陸上特殊無線技士)

|61| 伝送特性の補償

|61| 伝送特性の補償

NO項目               計算主な出題番号集中ゼミの章別集中ゼミのページ番号
61伝送特性の補償無し10・11・12△記載なし△記載なし

出題パターンは3種類

  1. 伝送特性の補償について
  2. フェージング対策用の等化器について
  3. デジタル無線通信に用いられる回路の名称

パターン1の問題

h18 10月 午前

h18	10月	午前

解答 3

h18	10月	午前


正しい解答

伝送中に生ずる信号の「振幅」や位相のひずみを補償する回路を等化器と呼んでいる。フェージングなどのようにひずみが時間的に変化する場合は、その変化に応じて補償する自動等化器が用いられるが、これは「周波数」領域の等化器と時間領域の等化器に大別され、時間領域自動等化器としては、「トランスバーサル」自動等化器が一般的である。

以下の用語は必ず覚えましょう。

  • 等化器:→「振幅」や位相のひずみを補償する回路のこと
  • 周波数-領域自動等化器:→「可変共振形」自動等化器
  • 時間-領域自動等化器 :→「トランスバーサル」自動等化器

h20 10月 午前

h20	10月	午前

解答 2

h20	10月	午前


正しい解答

伝送中に生ずる信号の「振幅」や位相のひずみを補償する回路を等化器と呼んでいる。フェージングなどのようにひずみが時間的に変化する場合は、その変化に応じて補償する自動等化器が用いられるが、これは「周波数」領域の等化器と時間領域の等化器に大別され、時間領域自動等化器としては、「トランスバーサル」自動等化器が一般的である。

以下の用語は必ず覚えましょう。

  • 等化器:→「振幅」や位相のひずみを補償する回路のこと
  • 周波数-領域自動等化器:→「可変共振形」自動等化器
  • 時間-領域自動等化器 :→「トランスバーサル」自動等化器

h22 2月 午後

h22	2月	午後

解答 1

h22	2月	午後


正しい解答

伝送中に生ずる信号の「振幅」や位相のひずみを補償する回路を等化器と呼んでいる。フェージングなどのようにひずみが時間的に変化する場合は、その変化に応じて補償する自動等化器が用いられるが、これは「周波数」領域の等化器と時間領域の等化器に大別され、時間領域自動等化器としては、「トランスバーサル」自動等化器が一般的である。

以下の用語は必ず覚えましょう。

  • 等化器:→「振幅」や位相のひずみを補償する回路のこと
  • 周波数-領域自動等化器:→「可変共振形」自動等化器
  • 時間-領域自動等化器 :→「トランスバーサル」自動等化器

パターン2の問題

h18 10月 午後

h18	10月	午後

解答 3

h18	10月	午後


正しい解答 : 時間領域自動等化器の代表的なものは、「トランスバーサル」自動等化器である。

正しい選択肢の内容もしっかり読んでおきましょう。

以下の用語は必ず覚えましょう。

  • 等化器:→「振幅」や位相のひずみを補償する回路のこと
  • 周波数-領域自動等化器:→「可変共振形」自動等化器
  • 時間-領域自動等化器 :→「トランスバーサル」自動等化器

h20 10月 午後

h20	10月	午後

解答 3

h20	10月	午後


正しい解答 : 時間領域自動等化器の代表的なものは、「トランスバーサル」自動等化器である。

正しい選択肢の内容もしっかり読んでおきましょう。

以下の用語は必ず覚えましょう。

  • 等化器:→「振幅」や位相のひずみを補償する回路のこと
  • 周波数-領域自動等化器:→「可変共振形」自動等化器
  • 時間-領域自動等化器 :→「トランスバーサル」自動等化器

h22 2月 午前

h22	2月	午前

解答 4

h22	2月	午前


正しい解答 : 時間領域自動等化器の代表的なものは、「トランスバーサル」自動等化器である。

正しい選択肢の内容もしっかり読んでおきましょう。

以下の用語は必ず覚えましょう。

  • 等化器:→「振幅」や位相のひずみを補償する回路のこと
  • 周波数-領域自動等化器:→「可変共振形」自動等化器
  • 時間-領域自動等化器 :→「トランスバーサル」自動等化器

パターン3の問題

h26 6月 午前

h26	6月	午前

解答 2

h26	6月	午前


正しい解答:等化器

伝送中に生ずる信号の振幅や位相のひずみを補償する回路を等化器と呼んでいる。
フェージングなどのようにひずみが時間的に変化する場合は、
その変化に応じて補償する自動等化器が用いられる。

周波数領域の等化器と時間領域の等化器に大別され、
・時間領域自動等化器:トランスバーサル自動等化器
・周波数領域自動等化器:可変共振形自動等化器
が一般的である。

・選択肢1:符号器「符号系列の信号を他の符号系列の信号にする変換器」
・選択肢3:導波器「電波を呼び込むための部品。素子の数や性能で、送受信の感度を調整する。」
・選択肢4:分波器「入力された信号を周波数で分ける目的で使用する部品。」

以下の用語は必ず覚えましょう。

  • 等化器:→「振幅」や位相のひずみを補償する回路のこと
  • 周波数-領域自動等化器:→「可変共振形」自動等化器
  • 時間-領域自動等化器 :→「トランスバーサル」自動等化器

h26 6月 午後

h26	6月	午後

解答 3

h26	6月	午後


(1) 周波数選択性フェージングなどによる伝送特性の劣化は、受信信号の符号誤り率が「大きい」なる原因となる。

(2) このため、伝送中に生ずる受信信号の振幅や位相のひずみをその変化に応じて補償する回路(装置)が用いられる。この回路は、周波数領域で補償する回路と時間領域で補償する回路に大別される。この回路は、一般的に「等化器」と呼ばれる。

伝送中に生ずる信号の振幅や位相のひずみを補償する回路を等化器と呼んでいる。
フェージングなどのようにひずみが時間的に変化する場合は、
その変化に応じて補償する自動等化器が用いられる。

周波数領域の等化器と時間領域の等化器に大別され、
・時間領域自動等化器:トランスバーサル自動等化器
・周波数領域自動等化器:可変共振形自動等化器
が一般的である。

・選択肢1:符号器「符号系列の信号を他の符号系列の信号にする変換器」
・選択肢3:導波器「電波を呼び込むための部品。素子の数や性能で、送受信の感度を調整する。」
・選択肢4:分波器「入力された信号を周波数で分ける目的で使用する部品。」

以下の用語は必ず覚えましょう。

  • 等化器:→「振幅」や位相のひずみを補償する回路のこと
  • 周波数-領域自動等化器:→「可変共振形」自動等化器
  • 時間-領域自動等化器 :→「トランスバーサル」自動等化器

前の項目へ

|60| FM送・受信機(回路)

次の項目へ

|62| PLL(復調器)


最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional