■資格取得応援サイト! 過去問分析で理解度を高める。オススメの参考書や勉強法、デシベル計算の覚え方など... 一陸特(第一級陸上特殊無線技士)

|64| 無給電中継方式

|64| 無給電中継方式

NO項目               計算主な出題番号集中ゼミの章別集中ゼミのページ番号
64無給電中継方式無し145.195

出題パターンは2種類

  1. 無給電中継方式について
  2. 無給電中継方式において、伝搬損失を少なくする方法について

関連項目の |65| マイクロ波中継方式(多重) と |66| マイクロ波中継方式(遠隔) と |67| マイクロ波中継方式(2周波) を一緒に覚えると効果的です。


パターン1の問題

h20 2月 午前

h20	2月	午前

解答 5

h20	2月	午前


正しい解答 : 見通し外の2地点が比較的近距離の場合に利用され、「金属」による反射板を用いて電波を目的の方向へ送出する。

正しい選択肢の内容もしっかり読んでおきましょう。

h22 10月 午後

h22	10月	午後

解答 4

h22	10月	午後


正しい解答 : 反射板の大きさが一定のとき、その利得は波長が「短く」なるほど大きくなる。

正しい選択肢の内容もしっかり読んでおきましょう。

h24 2月 午後

h24	2月	午後

解答 4

h24	2月	午後


正しい解答 : 反射板の大きさが一定のとき、その利得は波長が「短く」なるほど大きくなる。

正しい選択肢の内容もしっかり読んでおきましょう。

h26 2月 午前

h26 	2月 	午前

解答 3

h26 	2月 	午前


正しい解答 : 反射板の大きさが一定のとき、その利得は波長が「短く」なるほど大きくなる。

正しい選択肢の内容もしっかり読んでおきましょう。

h28 6月 午前

h28	6月	午前

解答 1

h28	6月	午前


正しい解答 : 反射板の大きさが一定のとき、その利得は波長が「短く」なるほど大きくなる。

正しい選択肢の内容もしっかり読んでおきましょう。

パターン2の問題

h18 10月 午前

h18	10月	午前

解答 4

h18	10月	午前


正しい解答 : 中間区間距離をできるだけ「短く」する。

正しい選択肢の内容もしっかり読んでおきましょう。

h20 2月 午後

h20	2月	午後

解答 1

h20	2月	午後


正しい解答 : 電力損失を少なくするため、反射板の大きさはできるだけ「大きく」する。

正しい選択肢の内容もしっかり読んでおきましょう。

h22 10月 午前

h22	10月	午前

解答 4

h22	10月	午前


正しい解答 : 電力損失を少なくするため、反射板の大きさはできるだけ「大きく」する。

正しい選択肢の内容もしっかり読んでおきましょう。

h24 2月 午前

h24	2月	午前

解答 2

h24	2月	午前


正しい解答 : 電力損失を少なくするため、反射板の大きさはできるだけ「大きく」する。

正しい選択肢の内容もしっかり読んでおきましょう。

h26 2月 午後

h26 	2月 	午後

解答 3

h26 	2月 	午後


正しい解答 : 電力損失を少なくするため、反射板の大きさはできるだけ「大きく」する。

正しい選択肢の内容もしっかり読んでおきましょう。

h28 6月 午後

h28	6月	午後

解答 2

h28	6月	午後


正しい解答 : 電力損失を少なくするため、反射板の大きさはできるだけ「大きく」する。

正しい選択肢の内容もしっかり読んでおきましょう。

前の項目へ

|63| パスレングス形変調器

次の項目へ

|65| マイクロ波中継方式(多重)


最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional