■資格取得応援サイト! 過去問分析で理解度を高める。オススメの参考書や勉強法、デシベル計算の覚え方など... 一陸特(第一級陸上特殊無線技士)

|66| マイクロ波中継方式(遠隔)

|66| マイクロ波中継方式(遠隔)

NO項目               計算主な出題番号集中ゼミの章別集中ゼミのページ番号
66マイクロ波中継方式(遠隔)無し145.2100

出題パターンは1種類

  1. マイクロ波多重通信回線における無人中継局の遠隔監視制御について

関連項目の |64| 無給電中継方式 と |65| マイクロ波中継方式(多重) と |67| マイクロ波中継方式(2周波) を一緒に覚えると効果的です。


パターン1の問題

h18 6月 午後

h18	6月	午後

解答 1

h18	6月	午後


(1) 制御局が各無人中継局を順番に呼び出して、監視情報を取得する方式を「ポーリング」方式という。

(2) 制御局が無人中継局の状況を常に把握し必要な制御を行うため、制御局と無人中継局との間に、信頼度の高い「連絡制御」回線が必要である。

(3) 遠隔監視制御システムに用いられる表示符号及び制御符号等について、方形波を用いて、その幅や数又はそれらの組合せ等により符号を構成する方式を、「パルス」方式という。

以下の(1)~(3)の補足により出題傾向をマスターしましょう。

  • (1)の補足
    • ポーリング方式
      • 監視情報を取得する方式
    • ダイレクトレポーティング方式
      • 自主的に監視情報を送出する方式
  • (2)の補足
    • 連絡制御
      • 信頼度が高い
  • (3)の補足
    • パルス方式
      • 方形波を用いて、その幅や数又はそれらの組合せ等により符号を構成する方式
    • トーン方式
      • 可聴周波数帯内の1又は2以上の周波数の組合せにより符号を構成する方式

h20 6月 午前

h20	6月	午前

解答 3

h20	6月	午前


(1) 制御局が各無人中継局を順番に呼び出して、監視情報を取得する方式を「ポーリング」方式という。

(2) 制御局が無人中継局の状況を常に把握し必要な制御を行うため、制御局と無人中継局との間に、信頼度の高い「連絡制御」回線が必要である。

(3) 遠隔監視制御システムに用いられる表示符号及び制御符号等について、方形波を用いて、その幅や数又はそれらの組合せ等により符号を構成する方式を、「パルス」方式という。

以下の(1)~(3)の補足により出題傾向をマスターしましょう。

  • (1)の補足
    • ポーリング方式
      • 監視情報を取得する方式
    • ダイレクトレポーティング方式
      • 自主的に監視情報を送出する方式
  • (2)の補足
    • 連絡制御
      • 信頼度が高い
  • (3)の補足
    • パルス方式
      • 方形波を用いて、その幅や数又はそれらの組合せ等により符号を構成する方式
    • トーン方式
      • 可聴周波数帯内の1又は2以上の周波数の組合せにより符号を構成する方式

h22 2月 午後

h22	2月	午後

解答 3

h22	2月	午後


(1) 制御局が各無人中継局を順番に呼び出して、監視情報を取得する方式を「ポーリング」方式という。

(2) 制御局が無人中継局の状況を常に把握し必要な制御を行うため、制御局と無人中継局との間に、信頼度の高い「連絡制御」回線が必要である。

(3) 遠隔監視制御システムに用いられる表示符号及び制御符号等について、方形波を用いて、その幅や数又はそれらの組合せ等により符号を構成する方式を、「パルス」方式という。

以下の(1)~(3)の補足により出題傾向をマスターしましょう。

  • (1)の補足
    • ポーリング方式
      • 監視情報を取得する方式
    • ダイレクトレポーティング方式
      • 自主的に監視情報を送出する方式
  • (2)の補足
    • 連絡制御
      • 信頼度が高い
  • (3)の補足
    • パルス方式
      • 方形波を用いて、その幅や数又はそれらの組合せ等により符号を構成する方式
    • トーン方式
      • 可聴周波数帯内の1又は2以上の周波数の組合せにより符号を構成する方式

h18 6月 午前

h18	6月	午前

解答 5

h18	6月	午前


(1) 無人中継局が制御局に向けて、自主的に監視情報を送出する方式を「ダイレクトレポーティング」方式という。

(2) 制御局が無人中継局の状況を常に把握し必要な制御を行うため、制御局と無人中継局との間に、信頼度の高い「連絡制御」回線が必要である。

(3) 遠隔監視制御システムに用いられる表示符号及び制御符号等について、可聴周波数帯内の1又は2以上の周波数の組合せにより符号を構成する方式を、「トーン」方式という。

以下の(1)~(3)の補足により出題傾向をマスターしましょう。

  • (1)の補足
    • ポーリング方式
      • 監視情報を取得する方式
    • ダイレクトレポーティング方式
      • 自主的に監視情報を送出する方式
  • (2)の補足
    • 連絡制御
      • 信頼度が高い
  • (3)の補足
    • パルス方式
      • 方形波を用いて、その幅や数又はそれらの組合せ等により符号を構成する方式
    • トーン方式
      • 可聴周波数帯内の1又は2以上の周波数の組合せにより符号を構成する方式

h20 6月 午後

h20	6月	午後

解答 2

h20	6月	午後


(1) 無人中継局が制御局に向けて、自主的に監視情報を送出する方式を「ダイレクトレポーティング」方式という。

(2) 制御局が無人中継局の状況を常に把握し必要な制御を行うため、制御局と無人中継局との間に、信頼度の高い「連絡制御」回線が必要である。

(3) 遠隔監視制御システムに用いられる表示符号及び制御符号等について、可聴周波数帯内の1又は2以上の周波数の組合せにより符号を構成する方式を、「トーン」方式という。

以下の(1)~(3)の補足により出題傾向をマスターしましょう。

  • (1)の補足
    • ポーリング方式
      • 監視情報を取得する方式
    • ダイレクトレポーティング方式
      • 自主的に監視情報を送出する方式
  • (2)の補足
    • 連絡制御
      • 信頼度が高い
  • (3)の補足
    • パルス方式
      • 方形波を用いて、その幅や数又はそれらの組合せ等により符号を構成する方式
    • トーン方式
      • 可聴周波数帯内の1又は2以上の周波数の組合せにより符号を構成する方式

h22 2月 午前

h22	2月	午前

解答 1

h22	2月	午前


(1) 無人中継局が制御局に向けて、自主的に監視情報を送出する方式を「ダイレクトレポーティング」方式という。

(2) 制御局が無人中継局の状況を常に把握し必要な制御を行うため、制御局と無人中継局との間に、信頼度の高い「連絡制御」回線が必要である。

(3) 遠隔監視制御システムに用いられる表示符号及び制御符号等について、可聴周波数帯内の1又は2以上の周波数の組合せにより符号を構成する方式を、「トーン」方式という。

以下の(1)~(3)の補足により出題傾向をマスターしましょう。

  • (1)の補足
    • ポーリング方式
      • 監視情報を取得する方式
    • ダイレクトレポーティング方式
      • 自主的に監視情報を送出する方式
  • (2)の補足
    • 連絡制御
      • 信頼度が高い
  • (3)の補足
    • パルス方式
      • 方形波を用いて、その幅や数又はそれらの組合せ等により符号を構成する方式
    • トーン方式
      • 可聴周波数帯内の1又は2以上の周波数の組合せにより符号を構成する方式

前の項目へ

|65| マイクロ波中継方式(多重)

次の項目へ

|67| マイクロ波中継方式(2周波)


最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional