■資格取得応援サイト! 過去問分析で理解度を高める。オススメの参考書や勉強法、デシベル計算の覚え方など... 一陸特(第一級陸上特殊無線技士)

|69| マイクロ波(干渉)

|69| マイクロ波(干渉)

NO項目               計算主な出題番号集中ゼミの章別集中ゼミのページ番号
69マイクロ波(干渉)無し13・145.2100

出題パターンは2種類

  1. マイクロ波通信において生ずることのある干渉について
  2. マイクロ波通信において生ずることのある干渉についての正しい組み合わせ

関連項目の |68| パルスレーダーの機能と探知性能 と |70| パルスレーダーの性能と向上させる方法 一緒に覚えると効果的です。


パターン1の問題

h19 10月 午前

h19	10月	午前

解答 2

h19	10月	午前


正しい解答 : ラジオダクトによるオーバーリーチ干渉を避けるには、中継ルートを「ジグザグ」に設定する。

正しい選択肢の内容もしっかり読んでおきましょう。

h21 6月 午後

h21	6月	午後

解答 3

h21	6月	午後


正しい解答 : ラジオダクトによるオーバーリーチ干渉を避けるには、中継ルートを「ジグザグ」に設定する。

正しい選択肢の内容もしっかり読んでおきましょう。

h22 10月 午後

h22	10月	午後

解答 2

h22	10月	午後


正しい解答 : ラジオダクトによるオーバーリーチ干渉を避けるには、中継ルートを「ジグザグ」に設定する。

正しい選択肢の内容もしっかり読んでおきましょう。

h24 2月 午前

h24	2月	午前

解答 5

h24	2月	午前


正しい解答 : ラジオダクトによるオーバーリーチ干渉を避けるには、中継ルートを「ジグザグ」に設定する。

正しい選択肢の内容もしっかり読んでおきましょう。

h25 10月 午前

h25	10月	午前

解答 1

h25	10月	午前


正しい解答 : ラジオダクトによるオーバーリーチ干渉を避けるには、中継ルートを「ジグザグ」に設定する。

正しい選択肢の内容もしっかり読んでおきましょう。

h26 10月 午前

h26	10月	午前

解答 5

h26	10月	午前


正しい解答 : ラジオダクトによるオーバーリーチ干渉を避けるには、中継ルートを「ジグザグ」に設定する。

正しい選択肢の内容もしっかり読んでおきましょう。

h28 2月 午前

h28	2月	午前

解答 2

h28	2月	午前


正しい解答 : ラジオダクトによるオーバーリーチ干渉を避けるには、中継ルートを「ジグザグ」に設定する。

正しい選択肢の内容もしっかり読んでおきましょう。

パターン2の問題

h19 10月 午後

h19	10月	午後

解答 2

h19	10月	午後


(1) 無線中継所などにおいて、正規の伝搬経路以外から、目的の周波数又はその近傍の周波数の電波が受信されるために干渉を生ずることがある。干渉波があると「復調」後の符号誤りに影響を与え、このとき生ずる雑音は干渉雑音とも呼ばれる。

(2) アンテナの指向特性に「サイドローブ」があるため、中継所のアンテナどうしからのフロントバックやフロントサイド結合などによる干渉が生ずることがある。

(3) ラジオダクトの発生により、通常は影響を受けない見通し距離外の中継局から「オーバーリーチ」干渉を生ずることがある。

※問題の解き方を工夫すると簡単に選択肢を絞ることができます。
 この問題の場合、答えるのが簡単な (2)の[B] から問題を解くと2択に絞ることができます。

h21 6月 午前

h21	6月	午前

解答 4

h21	6月	午前


(1) 無線中継所などにおいて、正規の伝搬経路以外から、目的の周波数又はその近傍の周波数の電波が受信されるために干渉を生ずることがある。干渉波があると「復調」後の符号誤りに影響を与え、このとき生ずる雑音は干渉雑音とも呼ばれる。

(2) アンテナの指向特性に「サイドローブ」があるため、中継所のアンテナどうしからのフロントバックやフロントサイド結合などによる干渉が生ずることがある。

(3) ラジオダクトの発生により、通常は影響を受けない見通し距離外の中継局から「オーバーリーチ」干渉を生ずることがある。

※問題の解き方を工夫すると簡単に選択肢を絞ることができます。
 この問題の場合、答えるのが簡単な (2)の[B] から問題を解くと2択に絞ることができます。

h22 10月 午前

h22	10月	午前

解答 3

h22	10月	午前


(1) 無線中継所などにおいて、正規の伝搬経路以外から、目的の周波数又はその近傍の周波数の電波が受信されるために干渉を生ずることがある。干渉波があると「復調」後の符号誤りに影響を与え、このとき生ずる雑音は干渉雑音とも呼ばれる。

(2) 中継所のアンテナどうしのフロントバックやフロントサイド結合などによる干渉を軽減するため、用いるアンテナの放射パターンは、「サイドローブ」による放射レベルの小さなものがよい。

(3) ラジオダクトの発生により、通常は影響を受けない見通し距離外の中継局から「オーバーリーチ」干渉を生ずることがある。

※問題の解き方を工夫すると簡単に選択肢を絞ることができます。
 この問題の場合、答えるのが簡単な (2)の[B] から問題を解くと2択に絞ることができます。

h24 2月 午後

h24	2月	午後

解答 1

h24	2月	午後


(1) 無線中継所などにおいて、正規の伝搬経路以外から、目的の周波数又はその近傍の周波数の電波が受信されるために干渉を生ずることがある。干渉波があると「復調」後の符号誤りに影響を与え、このとき生ずる雑音は干渉雑音とも呼ばれる。

(2) 中継所のアンテナどうしのフロントバックやフロントサイド結合などによる干渉を軽減するため、用いるアンテナの放射パターンは、「サイドローブ」による放射レベルの小さなものがよい。

(3) ラジオダクトの発生により、通常は影響を受けない見通し距離外の中継局から「オーバーリーチ」干渉を生ずることがある。

※問題の解き方を工夫すると簡単に選択肢を絞ることができます。
 この問題の場合、答えるのが簡単な (2)の[B] から問題を解くと2択に絞ることができます。

h25 10月 午後

h25	10月	午後

解答 3

h25	10月	午後


(1) 無線中継所などにおいて、正規の伝搬経路以外から、目的の周波数又はその近傍の周波数の電波が受信されるために干渉を生ずることがある。干渉波があると「復調」後の符号誤りに影響を与え、このとき生ずる雑音は干渉雑音とも呼ばれる。

(2) 中継所のアンテナどうしのフロントバックやフロントサイド結合などによる干渉を軽減するため、用いるアンテナの放射パターンは、「サイドローブ」による放射レベルの小さなものがよい。

(3) ラジオダクトの発生により、通常は影響を受けない見通し距離外の中継局から「オーバーリーチ」による干渉を生ずることがある。

※問題の解き方を工夫すると簡単に選択肢を絞ることができます。
 この問題の場合、答えるのが簡単な (2)の[B] から問題を解くと2択に絞ることができます。

h26 10月 午後

h26	10月	午後

解答 5

h26	10月	午後


(1) 無線中継所などにおいて、正規の伝搬経路以外から、目的の周波数又はその近傍の周波数の電波が受信されるために干渉を生ずることがある。干渉波があると「復調」後の符号誤りに影響を与え、このとき生ずる雑音は干渉雑音とも呼ばれる。

(2) 中継所のアンテナどうしのフロントバックやフロントサイド結合などによる干渉を軽減するため、用いるアンテナの放射パターンは、「サイドローブ」による放射レベルの小さなものがよい。

(3) ラジオダクトの発生により、通常は影響を受けない見通し距離外の中継局から「オーバーリーチ」による干渉を生ずることがある。

※問題の解き方を工夫すると簡単に選択肢を絞ることができます。
 この問題の場合、答えるのが簡単な (2)の[B] から問題を解くと2択に絞ることができます。

h28 2月 午後

h28	2月	午後

解答 2

h28	2月	午後


(1) 無線中継所などにおいて、正規の伝搬経路以外から、目的の周波数又はその近傍の周波数の電波が受信されるために干渉を生ずることがある。干渉波があると「復調」後の符号誤りに影響を与えるので干渉雑音とも呼ばれる。

(2) 中継所のアンテナどうしのフロントバックやフロントサイド結合などによる干渉を軽減するため、用いるアンテナの放射パターンは、「サイドローブ」による放射レベルの小さなものがよい。

(3) ラジオダクトの発生により、通常は影響を受けない見通し距離外の中継局から「オーバーリーチ」による干渉を生ずることがある。

※問題の解き方を工夫すると簡単に選択肢を絞ることができます。
 この問題の場合、答えるのが簡単な (2)の[B] から問題を解くと2択に絞ることができます。

前の項目へ

|68| パルスレーダーの機能と探知性能

次の項目へ

|70| パルスレーダーの性能と向上させる方法


最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional