■資格取得応援サイト! 過去問分析で理解度を高める。オススメの参考書や勉強法、デシベル計算の覚え方など... 一陸特(第一級陸上特殊無線技士)

|71| パルスレーダー送・受信機(回路)

|71| パルスレーダー送・受信機(回路)

NO項目               計算主な出題番号集中ゼミの章別集中ゼミのページ番号
71パルスレーダー送・受信機(回路)無し15・16・176.3119

出題パターンは3種類

  1. パルスレーダーの受信機に用いられる回路の構成例
  2. パルスレーダーの受信機に用いられる回路の名称
  3. パルスレーダーの受信機に用いられる回路について

パターン1の問題

h18 6月 午前

h18	6月	午前

解答 2

h18	6月	午前


(1) 雨や雪による反射波によって、物標の判別が困難になったとき、「FTC回路」により、その影響を小さくする。

(2) 大きな物標からの連続した強い反射波があるとき、中間周波増幅器が飽和して、それに重なった微弱な信号が失われることがある。これを防ぐために、強い受信信号に対して速い応答速度を持たせた「IAGC回路」により、中間周波増幅器の利得を制御する。


以下のパルスレーダーで用いられる4種類の回路は特徴を捉えた上で暗記してください。
また、|60| FM送・受信機(回路)で用いられる2種類の回路と間違えないよう切り分けて学習してください。

  • パルスレーダーで用いられる4種類の回路
    • IAGC回路 (<瞬時自動利得制御> Instantaneous Automatic Gain Control)
      • <特徴> 中間周波増幅器の利得を制御
    • AFC回路 (<自動周波数制御> Automatic Frequency Control)
      • <特徴> 中間周波を一定に保つ(一定に保つ=自動)
    • STC回路 (<海面反射抑制> Sensitivity Time Control Circuit)
      • <特徴> 海上(ブイ、小船などの目標)
    • FTC回路 (<雪雨反射抑制> Fast Time Costant Circuit)
      • <特徴> 雪や雨
  • FM送・受信機で用いられる2種類の回路
    • IDC回路 (<瞬時偏移制御> Instantaneous Deviation Control)
      • <特徴> 「送信側」 過大な変調入力信号があっても、出力信号の最大周波数偏移が規定値以下となるようにする。
    • スケルチ回路
      • <特徴> 「受信側」 受信機の入力信号が無くなったとき、出力に生じる大きな雑音を除去する。

h18 6月 午後

h18	6月	午後

解答 2

h18	6月	午後


(1) 大きな物標からの連続した強い反射波があるとき、中間周波増幅器が飽和して、それに重なった微弱な信号が失われることがある。これを防ぐために、強い受信信号に対して速い応答速度を持たせた「IAGC回路」により、中間周波増幅器の利得を制御する。

(2) FTC回路は「雨や雪」の反射波によって、物標の判別が困難になったときに受信信号を微分して、ゆるやかな変化をする「雨や雪」からの反射波を小さくする。


以下のパルスレーダーで用いられる4種類の回路は特徴を捉えた上で暗記してください。
また、|60| FM送・受信機(回路)で用いられる2種類の回路と間違えないよう切り分けて学習してください。

  • パルスレーダーで用いられる4種類の回路
    • IAGC回路 (<瞬時自動利得制御> Instantaneous Automatic Gain Control)
      • <特徴> 中間周波増幅器の利得を制御
    • AFC回路 (<自動周波数制御> Automatic Frequency Control)
      • <特徴> 中間周波を一定に保つ(一定に保つ=自動)
    • STC回路 (<海面反射抑制> Sensitivity Time Control Circuit)
      • <特徴> 海上(ブイ、小船などの目標)
    • FTC回路 (<雪雨反射抑制> Fast Time Costant Circuit)
      • <特徴> 雪や雨
  • FM送・受信機で用いられる2種類の回路
    • IDC回路 (<瞬時偏移制御> Instantaneous Deviation Control)
      • <特徴> 「送信側」 過大な変調入力信号があっても、出力信号の最大周波数偏移が規定値以下となるようにする。
    • スケルチ回路
      • <特徴> 「受信側」 受信機の入力信号が無くなったとき、出力に生じる大きな雑音を除去する。

h20 6月 午前

h20	6月	午前

解答 5

h20	6月	午前


(1) 雨や雪による反射波によって、物標の判別が困難になったとき、「FTC回路」により、その影響を小さくする。

(2) 大きな物標からの連続した強い反射波があるとき、中間周波増幅器が飽和して、それに重なった微弱な信号が失われることがある。これを防ぐために、強い受信信号に対して速い応答速度を持たせた「IAGC回路」により、中間周波増幅器の利得を制御する。


以下のパルスレーダーで用いられる4種類の回路は特徴を捉えた上で暗記してください。
また、|60| FM送・受信機(回路)で用いられる2種類の回路と間違えないよう切り分けて学習してください。

  • パルスレーダーで用いられる4種類の回路
    • IAGC回路 (<瞬時自動利得制御> Instantaneous Automatic Gain Control)
      • <特徴> 中間周波増幅器の利得を制御
    • AFC回路 (<自動周波数制御> Automatic Frequency Control)
      • <特徴> 中間周波を一定に保つ(一定に保つ=自動)
    • STC回路 (<海面反射抑制> Sensitivity Time Control Circuit)
      • <特徴> 海上(ブイ、小船などの目標)
    • FTC回路 (<雪雨反射抑制> Fast Time Costant Circuit)
      • <特徴> 雪や雨
  • FM送・受信機で用いられる2種類の回路
    • IDC回路 (<瞬時偏移制御> Instantaneous Deviation Control)
      • <特徴> 「送信側」 過大な変調入力信号があっても、出力信号の最大周波数偏移が規定値以下となるようにする。
    • スケルチ回路
      • <特徴> 「受信側」 受信機の入力信号が無くなったとき、出力に生じる大きな雑音を除去する。

h20 6月 午後

h20	6月	午後

解答 4

h20	6月	午後


(1) 大きな物標からの連続した強い反射波があるとき、中間周波増幅器が飽和して、それに重なった微弱な信号が失われることがある。これを防ぐために、強い受信信号に対して速い応答速度を持たせた「IAGC回路」により、中間周波増幅器の利得を制御する。

(2) FTC回路は「雨や雪」からの反射波の影響を小さくするために用いられる。「雨や雪」からの反射波は、ゆるやかな変化をするので、物標の判別が困難になったときに受信信号を時定数の小さな回路を微分して、反射波の影響を小さくしている。


以下のパルスレーダーで用いられる4種類の回路は特徴を捉えた上で暗記してください。
また、|60| FM送・受信機(回路)で用いられる2種類の回路と間違えないよう切り分けて学習してください。

  • パルスレーダーで用いられる4種類の回路
    • IAGC回路 (<瞬時自動利得制御> Instantaneous Automatic Gain Control)
      • <特徴> 中間周波増幅器の利得を制御
    • AFC回路 (<自動周波数制御> Automatic Frequency Control)
      • <特徴> 中間周波を一定に保つ(一定に保つ=自動)
    • STC回路 (<海面反射抑制> Sensitivity Time Control Circuit)
      • <特徴> 海上(ブイ、小船などの目標)
    • FTC回路 (<雪雨反射抑制> Fast Time Costant Circuit)
      • <特徴> 雪や雨
  • FM送・受信機で用いられる2種類の回路
    • IDC回路 (<瞬時偏移制御> Instantaneous Deviation Control)
      • <特徴> 「送信側」 過大な変調入力信号があっても、出力信号の最大周波数偏移が規定値以下となるようにする。
    • スケルチ回路
      • <特徴> 「受信側」 受信機の入力信号が無くなったとき、出力に生じる大きな雑音を除去する。

h22 6月 午前

h22	6月	午前

解答 3

h22	6月	午前


(1) 雨や雪による反射波によって、物標の判別が困難になったとき、「FTC回路」により、その影響を小さくする。

(2) 大きな物標からの連続した強い反射波があるとき、中間周波増幅器が飽和して、それに重なった微弱な信号が失われることがある。これを防ぐために、強い受信信号に対して速い応答速度を持たせた「IAGC回路」により、中間周波増幅器の利得を制御する。


以下のパルスレーダーで用いられる4種類の回路は特徴を捉えた上で暗記してください。
また、|60| FM送・受信機(回路)で用いられる2種類の回路と間違えないよう切り分けて学習してください。

  • パルスレーダーで用いられる4種類の回路
    • IAGC回路 (<瞬時自動利得制御> Instantaneous Automatic Gain Control)
      • <特徴> 中間周波増幅器の利得を制御
    • AFC回路 (<自動周波数制御> Automatic Frequency Control)
      • <特徴> 中間周波を一定に保つ(一定に保つ=自動)
    • STC回路 (<海面反射抑制> Sensitivity Time Control Circuit)
      • <特徴> 海上(ブイ、小船などの目標)
    • FTC回路 (<雪雨反射抑制> Fast Time Costant Circuit)
      • <特徴> 雪や雨
  • FM送・受信機で用いられる2種類の回路
    • IDC回路 (<瞬時偏移制御> Instantaneous Deviation Control)
      • <特徴> 「送信側」 過大な変調入力信号があっても、出力信号の最大周波数偏移が規定値以下となるようにする。
    • スケルチ回路
      • <特徴> 「受信側」 受信機の入力信号が無くなったとき、出力に生じる大きな雑音を除去する。

h22 6月 午後

h22	6月	午後

解答 5

h22	6月	午後


(1) 大きな物標からの連続した強い反射波があるとき、中間周波増幅器が飽和して、それに重なった微弱な信号が失われることがある。これを防ぐために、強い受信信号に対して速い応答速度を持たせた「IAGC回路」により、中間周波増幅器の利得を制御する。

(2) FTC回路は「雨や雪」からの反射波の影響を小さくするために用いられる。「雨や雪」からの反射波は、ゆるやかな変化をするので、物標の判別が困難になったときに受信信号を時定数の小さな回路を微分して、反射波の影響を小さくしている。


以下のパルスレーダーで用いられる4種類の回路は特徴を捉えた上で暗記してください。
また、|60| FM送・受信機(回路)で用いられる2種類の回路と間違えないよう切り分けて学習してください。

  • パルスレーダーで用いられる4種類の回路
    • IAGC回路 (<瞬時自動利得制御> Instantaneous Automatic Gain Control)
      • <特徴> 中間周波増幅器の利得を制御
    • AFC回路 (<自動周波数制御> Automatic Frequency Control)
      • <特徴> 中間周波を一定に保つ(一定に保つ=自動)
    • STC回路 (<海面反射抑制> Sensitivity Time Control Circuit)
      • <特徴> 海上(ブイ、小船などの目標)
    • FTC回路 (<雪雨反射抑制> Fast Time Costant Circuit)
      • <特徴> 雪や雨
  • FM送・受信機で用いられる2種類の回路
    • IDC回路 (<瞬時偏移制御> Instantaneous Deviation Control)
      • <特徴> 「送信側」 過大な変調入力信号があっても、出力信号の最大周波数偏移が規定値以下となるようにする。
    • スケルチ回路
      • <特徴> 「受信側」 受信機の入力信号が無くなったとき、出力に生じる大きな雑音を除去する。

h24 2月 午前

h24	2月	午前

解答 4

h24	2月	午前


(1) 大きな物標からの連続した強い反射波があるとき、中間周波増幅器が飽和して、それに重なった微弱な信号が失われることがある。これを防ぐために、強い受信信号に対して速い応答速度を持たせた「IAGC回路」により、中間周波増幅器の利得を制御する。

(2) FTC回路は「雨や雪」からの反射波の影響を小さくするために用いられる。は「雨や雪」からの反射波は、ゆるやかな変化をするので、物標の判別が困難になったときに受信信号を時定数の小さな回路で微分して、反射波の影響を小さくしている。


以下のパルスレーダーで用いられる4種類の回路は特徴を捉えた上で暗記してください。
また、|60| FM送・受信機(回路)で用いられる2種類の回路と間違えないよう切り分けて学習してください。

  • パルスレーダーで用いられる4種類の回路
    • IAGC回路 (<瞬時自動利得制御> Instantaneous Automatic Gain Control)
      • <特徴> 中間周波増幅器の利得を制御
    • AFC回路 (<自動周波数制御> Automatic Frequency Control)
      • <特徴> 中間周波を一定に保つ(一定に保つ=自動)
    • STC回路 (<海面反射抑制> Sensitivity Time Control Circuit)
      • <特徴> 海上(ブイ、小船などの目標)
    • FTC回路 (<雪雨反射抑制> Fast Time Costant Circuit)
      • <特徴> 雪や雨
  • FM送・受信機で用いられる2種類の回路
    • IDC回路 (<瞬時偏移制御> Instantaneous Deviation Control)
      • <特徴> 「送信側」 過大な変調入力信号があっても、出力信号の最大周波数偏移が規定値以下となるようにする。
    • スケルチ回路
      • <特徴> 「受信側」 受信機の入力信号が無くなったとき、出力に生じる大きな雑音を除去する。

h24 2月 午後

h24	2月	午後

解答 2

h24	2月	午後


(1) 雨や雪による反射波によって、物標の判別が困難になったとき、「FTC回路」により、その影響を小さくする。

(2) 大きな物標からの連続した強い反射波があるとき、中間周波増幅器が飽和して、それに重なった微弱な信号が失われることがある。これを防ぐために、強い受信信号に対して速い応答速度を持たせた「IAGC回路」により、中間周波増幅器の利得を制御する。


以下のパルスレーダーで用いられる4種類の回路は特徴を捉えた上で暗記してください。
また、|60| FM送・受信機(回路)で用いられる2種類の回路と間違えないよう切り分けて学習してください。

  • パルスレーダーで用いられる4種類の回路
    • IAGC回路 (<瞬時自動利得制御> Instantaneous Automatic Gain Control)
      • <特徴> 中間周波増幅器の利得を制御
    • AFC回路 (<自動周波数制御> Automatic Frequency Control)
      • <特徴> 中間周波を一定に保つ(一定に保つ=自動)
    • STC回路 (<海面反射抑制> Sensitivity Time Control Circuit)
      • <特徴> 海上(ブイ、小船などの目標)
    • FTC回路 (<雪雨反射抑制> Fast Time Costant Circuit)
      • <特徴> 雪や雨
  • FM送・受信機で用いられる2種類の回路
    • IDC回路 (<瞬時偏移制御> Instantaneous Deviation Control)
      • <特徴> 「送信側」 過大な変調入力信号があっても、出力信号の最大周波数偏移が規定値以下となるようにする。
    • スケルチ回路
      • <特徴> 「受信側」 受信機の入力信号が無くなったとき、出力に生じる大きな雑音を除去する。

パターン2の問題

h19 6月 午前

h19	6月	午前

解答 3

h19	6月	午前


正しい解答 : FTC回路

h21 6月 午前

h21	6月	午前

解答 4

h21	6月	午前


正しい解答 : FTC回路

h23 10月 午後

h23	10月	午後

解答 3

h23	10月	午後


正しい解答 : FTC回路

h25 2月 午前

h25	2月 	午前

解答 2

h25	2月 	午前


正しい解答 : FTC回路

h27 10月 午前

h27	10月	午前

解答 4

h27	10月	午前


正しい解答 : FTC回路

パターン3の問題

h19 10月 午前

h19	10月	午前

解答 4

h19	10月	午前


(1) 近距離からの強いエコーがあると、PPI表示のブラウン管の「中心」付近が明るくなり過ぎて、近くの目標が見えなくなる。このため、近距離からの強いエコーに対しては感度を下げ、遠距離になるにつれて感度を上げる「STC」回路が用いられ、近距離にある目標を探知しやすくしている。

(2) 「STC」を調整していくと、「海面」反射の明るい部分は次第に暗くなるが、調整を行い過ぎると、ブイ、小舟などの必要な物標が消えて見えなくなる。

h21 6月 午後

h21	6月	午後

解答 4

h21	6月	午後


(1) 近距離からの強いエコーがあると、PPI表示のブラウン管の「中心」付近が明るくなり過ぎて、近くの目標が見えなくなる。このため、近距離からの強いエコーに対しては感度を下げ、遠距離になるにつれて感度を上げる「STC」回路が用いられ、近距離にある目標を探知しやすくしている。

(2) 「STC」を調整していくと、「海面」反射の明るい部分は次第に暗くなるが、調整を行い過ぎると、ブイ、小舟などの必要な物標が消えて見えなくなる。

h23 10月 午前

h23	10月	午前

解答 1

h23	10月	午前


(1) 近距離からの強いエコーがあると、ブラウン管などのPPI表示の表示部の「中心」付近が明るくなり過ぎて、近くの物標が見えなくなる。このため、近距離からの強いエコーに対しては感度を下げ、遠距離になるにつれて感度を上げる「STC」回路が用いられ、近距離にある目標を探知しやすくしている。

(2) 「STC」回路を調整していくと、「海面」反射の明るい部分は次第に暗くなるが、調整を行い過ぎると、ブイ、小舟などの必要な物標が消えて見えなくなる。

h25 2月 午後

h25	2月 	午後

解答 4

h25	2月 	午後


近距離からの強い反射波があると、受信機が飽和して、PPI表示の表示部の「中心」付近の物標が見えなくなることがある。このため、近距離からの強い反射波に対しては感度を「下げ」るSTC回路が用いられ、近距離にある物標を探知しやすくしている。

h26 10月 午前

h26	10月	午前

解答 5

h26	10月	午前


(1) 近距離からの強い反射波があると、PPI表示の表示部の「中心」付近が明るくなり過ぎて、近くの物標が見えなくなる。このとき、「STC」回路により近距離からの強い反射波に対しては感度を下げ、遠距離になるにつれて感度を上げて、近距離にある物標を探知しやすくすることができる。

(2) 雨や雪などからの反射波によって、物標の識別が困難になることがある。このとき、「FTC」回路により検出後の出力を微分して、物標を際立たせることができる。

h26 10月 午後

h26	10月	午後

解答 5

h26	10月	午後


(1) 近距離からの強い反射波があると、PPI表示の表示部の中心付近が明るくなり過ぎて、近くの物標が見えなくなることがある。このとき、STC回路により近距離からの強い反射波に対しては感度を「下げ」、遠距離になるにつれて感度を「上げ」て、近距離にある物標を探知しやすくすることができる。

(2) 雨や雪などからの反射波によって、物標の識別が困難になることがある。このとき、FTC回路により検出後の出力を「微分」して、物標を際立たせることができる。

h27 10月 午後

h27	10月	午後

解答 3

h27	10月	午後


近距離からの強い反射波があると、受信機が飽和して、PPI表示の表示部の「中心」付近の物標が見えなくなることがある。このため、近距離からの強い反射波に対しては感度を「下げ」るSTC回路が用いられ、近距離にある物標を探知しやすくしている。

前の項目へ

|70| パルスレーダーの性能と向上させる方法

次の項目へ

|72| レーダ表示方式・気象レーダー


最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional