■資格取得応援サイト! 過去問分析で理解度を高める。オススメの参考書や勉強法、デシベル計算の覚え方など... 一陸特(第一級陸上特殊無線技士)

|72| レーダ表示方式・気象レーダー

|72| レーダ表示方式・気象レーダー

NO項目               計算主な出題番号集中ゼミの章別集中ゼミのページ番号
72レーダ表示方式・気象レーダー無し15・166109

出題パターンは4種類

  1. レーダーの表示方式について
  2. 気象観測用レーダーについて
  3. 気象レーダーについて
  4. パルスレーダーの表示画面について

パターン1の問題

h18 2月 午前

h18	2月	午前

解答 1

h18	2月	午前


(1) ブラウン管(CRT)の蛍光面の中心から外周に向って掃引を行い、アンテナビームの回転に同期させて、受信信号をCRTの蛍光面に表示する。掃引の長さが距離を表し、レーダーの位置を中心に、受信信号が極座標形式の平面図形として表示される方式を「PPI」スコープという。

(2) 横軸に距離を、縦軸に高さを表示する「RHI」スコープは、気象レーダー等の「垂直面」表示に用いられる。

レーダーの表示については、以下の3種類を覚えてください。

  • PPI(Plan Position Indicator)スコープ
    • <特徴> アンテナを中心として物標の距離と方位を360°に表示
      • 掃引の長さ・・・距離
      • 受信信号 ・・・平面図形
  • RHI(Ranging Height Indication)スコープ
    • <特徴> 気象レーダー等の垂直面表示に用いられる
      • 縦軸・・・高さ
      • 横軸・・・距離
  • Aスコープ
    • <特徴> 受信信号強度の測定や信号の弁別に用いられる
      • 縦軸・・・信号強度
      • 横軸・・・距離

h18 2月 午後

h18	2月	午後

解答 2

h18	2月	午後


(1) ブラウン管(CRT)の蛍光面の中心から外周に向って掃引を行い、アンテナビームの回転に同期させて、受信信号をCRTの蛍光面に表示する。掃引の長さが「距離」を表し、レーダーの位置を中心に、受信信号が極座標形式の平面図形として表示される方式を「PPI」スコープという。

(2) 横軸に距離を、縦軸に受信信号強度を表示する「A」スコープは、レーダーの開発初期から用いられており、受信信号強度の測定や信号の弁別に用いられる。

レーダーの表示については、以下の3種類を覚えてください。

  • PPI(Plan Position Indicator)スコープ
    • <特徴> アンテナを中心として物標の距離と方位を360°に表示
      • 掃引の長さ・・・距離
      • 受信信号 ・・・平面図形
  • RHI(Ranging Height Indication)スコープ
    • <特徴> 気象レーダー等の垂直面表示に用いられる
      • 縦軸・・・高さ
      • 横軸・・・距離
  • Aスコープ
    • <特徴> 受信信号強度の測定や信号の弁別に用いられる
      • 縦軸・・・信号強度
      • 横軸・・・距離

h22 2月 午前

h22	2月	午前

解答 1

h22	2月	午前


ブラウン管(CRT)の蛍光面の中心から外周に向って掃引を行い、アンテナビームの回転に同期させて、受信信号をCRTの蛍光面に表示する。掃引の長さは「距離」を表し、レーダーの位置を中心に、受信信号が極座標形式の平面図形として表示される方式を「PPI」スコープという。

レーダーの表示については、以下の3種類を覚えてください。

  • PPI(Plan Position Indicator)スコープ
    • <特徴> アンテナを中心として物標の距離と方位を360°に表示
      • 掃引の長さ・・・距離
      • 受信信号 ・・・平面図形
  • RHI(Ranging Height Indication)スコープ
    • <特徴> 気象レーダー等の垂直面表示に用いられる
      • 縦軸・・・高さ
      • 横軸・・・距離
  • Aスコープ
    • <特徴> 受信信号強度の測定や信号の弁別に用いられる
      • 縦軸・・・信号強度
      • 横軸・・・距離

h22 2月 午後

h22	2月	午後

解答 4

h22	2月	午後


ブラウン管(CRT)の蛍光面の中心から外周に向って掃引を行い、アンテナビームの回転に同期させて、受信信号をCRTの蛍光面に表示する。掃引の長さは距離を表し、レーダーの位置を中心に、受信信号が極座標形式の「平面」図形として表示される方式を「PPI」スコープという。

レーダーの表示については、以下の3種類を覚えてください。

  • PPI(Plan Position Indicator)スコープ
    • <特徴> アンテナを中心として物標の距離と方位を360°に表示
      • 掃引の長さ・・・距離
      • 受信信号 ・・・平面図形
  • RHI(Ranging Height Indication)スコープ
    • <特徴> 気象レーダー等の垂直面表示に用いられる
      • 縦軸・・・高さ
      • 横軸・・・距離
  • Aスコープ
    • <特徴> 受信信号強度の測定や信号の弁別に用いられる
      • 縦軸・・・信号強度
      • 横軸・・・距離

パターン2の問題

h21 2月 午後

h21	2月	午後

解答 2

h21	2月	午後


正しい解答 : 表示方式には、「PPI方式とRHI方式が用いられる」

正しい選択肢の内容もしっかり読んでおきましょう。

レーダーの表示については、以下の3種類を覚えてください。

  • PPI(Plan Position Indicator)スコープ
    • <特徴> アンテナを中心として物標の距離と方位を360°に表示
      • 掃引の長さ・・・距離
      • 受信信号 ・・・平面図形
  • RHI(Ranging Height Indication)スコープ
    • <特徴> 気象レーダー等の垂直面表示に用いられる
      • 縦軸・・・高さ
      • 横軸・・・距離
  • Aスコープ
    • <特徴> 受信信号強度の測定や信号の弁別に用いられる
      • 縦軸・・・信号強度
      • 横軸・・・距離

h21 2月 午前

h21	2月	午前

解答 2

h21	2月	午前


気象観測用レーダーの表示方式は、送受信アンテナを中心として物標の距離と方位を360°に表示した「PPI」方式と、横軸を距離として縦軸に高さを表示した「RHI」方式が用いられている。また、気象観測に不必要な山岳や建築物からの反射波のほとんどは、その強度が「変動しない」ことを利用して除去することができる。

レーダーの表示については、以下の3種類を覚えてください。

  • PPI(Plan Position Indicator)スコープ
    • <特徴> アンテナを中心として物標の距離と方位を360°に表示
      • 掃引の長さ・・・距離
      • 受信信号 ・・・平面図形
  • RHI(Ranging Height Indication)スコープ
    • <特徴> 気象レーダー等の垂直面表示に用いられる
      • 縦軸・・・高さ
      • 横軸・・・距離
  • Aスコープ
    • <特徴> 受信信号強度の測定や信号の弁別に用いられる
      • 縦軸・・・信号強度
      • 横軸・・・距離

h23 2月 午前

h23	2月	午前

解答 4

h23	2月	午前


気象観測用レーダーの表示方式は、送受信アンテナを中心として物標の距離と方位を360°に表示した「PPI」方式と、横軸を距離として縦軸に高さを表示した「RHI」方式が用いられている。また、気象観測に不必要な山岳や建築物からの反射波のほとんどは、その強度が「変動しない」ことを利用して除去することができる。

レーダーの表示については、以下の3種類を覚えてください。

  • PPI(Plan Position Indicator)スコープ
    • <特徴> アンテナを中心として物標の距離と方位を360°に表示
      • 掃引の長さ・・・距離
      • 受信信号 ・・・平面図形
  • RHI(Ranging Height Indication)スコープ
    • <特徴> 気象レーダー等の垂直面表示に用いられる
      • 縦軸・・・高さ
      • 横軸・・・距離
  • Aスコープ
    • <特徴> 受信信号強度の測定や信号の弁別に用いられる
      • 縦軸・・・信号強度
      • 横軸・・・距離

h23 2月 午後

h23	2月	午後

解答 3

h23	2月	午後


正しい解答 : 表示方式には、「PPI方式とRHI方式が用いられる」

正しい選択肢の内容もしっかり読んでおきましょう。

レーダーの表示については、以下の3種類を覚えてください。

  • PPI(Plan Position Indicator)スコープ
    • <特徴> アンテナを中心として物標の距離と方位を360°に表示
      • 掃引の長さ・・・距離
      • 受信信号 ・・・平面図形
  • RHI(Ranging Height Indication)スコープ
    • <特徴> 気象レーダー等の垂直面表示に用いられる
      • 縦軸・・・高さ
      • 横軸・・・距離
  • Aスコープ
    • <特徴> 受信信号強度の測定や信号の弁別に用いられる
      • 縦軸・・・信号強度
      • 横軸・・・距離

h24 10月 午前

h24	10月	午前

解答 2

h24	10月	午前


正しい解答 : 表示方式には、「PPI方式とRHI方式が用いられる」

正しい選択肢の内容もしっかり読んでおきましょう。

レーダーの表示については、以下の3種類を覚えてください。

  • PPI(Plan Position Indicator)スコープ
    • <特徴> アンテナを中心として物標の距離と方位を360°に表示
      • 掃引の長さ・・・距離
      • 受信信号 ・・・平面図形
  • RHI(Ranging Height Indication)スコープ
    • <特徴> 気象レーダー等の垂直面表示に用いられる
      • 縦軸・・・高さ
      • 横軸・・・距離
  • Aスコープ
    • <特徴> 受信信号強度の測定や信号の弁別に用いられる
      • 縦軸・・・信号強度
      • 横軸・・・距離

h24 10月 午後

h24	10月	午後

解答 2

h24	10月	午後


気象観測用レーダーの表示方式は、送受信アンテナを中心として物標の距離と方位を360°に表示した「PPI」方式と、横軸を距離として縦軸に高さを表示した「RHI」方式が用いられている。また、気象観測に不必要な山岳や建築物からの反射波のほとんどは、その強度が「変動しない」ことを利用して除去することができる。

レーダーの表示については、以下の3種類を覚えてください。

  • PPI(Plan Position Indicator)スコープ
    • <特徴> アンテナを中心として物標の距離と方位を360°に表示
      • 掃引の長さ・・・距離
      • 受信信号 ・・・平面図形
  • RHI(Ranging Height Indication)スコープ
    • <特徴> 気象レーダー等の垂直面表示に用いられる
      • 縦軸・・・高さ
      • 横軸・・・距離
  • Aスコープ
    • <特徴> 受信信号強度の測定や信号の弁別に用いられる
      • 縦軸・・・信号強度
      • 横軸・・・距離

h25 10月 午前

h25	10月	午前

解答 2

h25	10月	午前


正しい解答 : 表示方式には、「PPI方式とRHI方式が用いられる」

正しい選択肢の内容もしっかり読んでおきましょう。

レーダーの表示については、以下の3種類を覚えてください。

  • PPI(Plan Position Indicator)スコープ
    • <特徴> アンテナを中心として物標の距離と方位を360°に表示
      • 掃引の長さ・・・距離
      • 受信信号 ・・・平面図形
  • RHI(Ranging Height Indication)スコープ
    • <特徴> 気象レーダー等の垂直面表示に用いられる
      • 縦軸・・・高さ
      • 横軸・・・距離
  • Aスコープ
    • <特徴> 受信信号強度の測定や信号の弁別に用いられる
      • 縦軸・・・信号強度
      • 横軸・・・距離

h25 10月 午後

h25	10月	午後

解答 2

h25	10月	午後


気象観測用レーダーの表示方式は、送受信アンテナを中心として物標の距離と方位を360°に表示した「PPI」方式と、横軸を距離として縦軸に高さを表示した「RHI」方式が用いられている。また、気象観測に不必要な山岳や建築物からの反射波のほとんどは、その強度が「変動しない」ことを利用して除去することができる。

レーダーの表示については、以下の3種類を覚えてください。

  • PPI(Plan Position Indicator)スコープ
    • <特徴> アンテナを中心として物標の距離と方位を360°に表示
      • 掃引の長さ・・・距離
      • 受信信号 ・・・平面図形
  • RHI(Ranging Height Indication)スコープ
    • <特徴> 気象レーダー等の垂直面表示に用いられる
      • 縦軸・・・高さ
      • 横軸・・・距離
  • Aスコープ
    • <特徴> 受信信号強度の測定や信号の弁別に用いられる
      • 縦軸・・・信号強度
      • 横軸・・・距離

h27 2月 午前

h27	2月	午前

解答 1

h27	2月	午前


正しい解答 : 表示方式には、「PPI方式とRHI方式が用いられる」

正しい選択肢の内容もしっかり読んでおきましょう。

レーダーの表示については、以下の3種類を覚えてください。

  • PPI(Plan Position Indicator)スコープ
    • <特徴> アンテナを中心として物標の距離と方位を360°に表示
      • 掃引の長さ・・・距離
      • 受信信号 ・・・平面図形
  • RHI(Ranging Height Indication)スコープ
    • <特徴> 気象レーダー等の垂直面表示に用いられる
      • 縦軸・・・高さ
      • 横軸・・・距離
  • Aスコープ
    • <特徴> 受信信号強度の測定や信号の弁別に用いられる
      • 縦軸・・・信号強度
      • 横軸・・・距離

h27 2月 午後

h27	2月	午後

解答 1

h27	2月	午後


(1) 気象観測用レーダーの表示方式は、送受信アンテナを中心として物標の距離と方位を360°に表示した「PPI」方式と、横軸を距離として縦軸に高さを表示した「RHI」方式が用いられている。

(2) 気象観測に不必要な山岳や建築物からの反射波のほとんどは、その強度が「変動しない」ことを利用して除去することができる。

レーダーの表示については、以下の3種類を覚えてください。

  • PPI(Plan Position Indicator)スコープ
    • <特徴> アンテナを中心として物標の距離と方位を360°に表示
      • 掃引の長さ・・・距離
      • 受信信号 ・・・平面図形
  • RHI(Ranging Height Indication)スコープ
    • <特徴> 気象レーダー等の垂直面表示に用いられる
      • 縦軸・・・高さ
      • 横軸・・・距離
  • Aスコープ
    • <特徴> 受信信号強度の測定や信号の弁別に用いられる
      • 縦軸・・・信号強度
      • 横軸・・・距離

パターン3の問題

h19 2月 午前

h19	2月	午前

解答 3

h19	2月	午前


正しい解答 : 気象レーダーの受信電力強度は、等距離にある気象目標でも、雨滴、雲形等で反射強度が大きく異なり、一般のレーダーのように距離に比例して「受信電力が低下するわけではない」

正しい選択肢の内容もしっかり読んでおきましょう。

レーダーの表示については、以下の3種類を覚えてください。

  • PPI(Plan Position Indicator)スコープ
    • <特徴> アンテナを中心として物標の距離と方位を360°に表示
      • 掃引の長さ・・・距離
      • 受信信号 ・・・平面図形
  • RHI(Ranging Height Indication)スコープ
    • <特徴> 気象レーダー等の垂直面表示に用いられる
      • 縦軸・・・高さ
      • 横軸・・・距離
  • Aスコープ
    • <特徴> 受信信号強度の測定や信号の弁別に用いられる
      • 縦軸・・・信号強度
      • 横軸・・・距離

パターン4の問題

h19 6月 午後

h19	6月	午後

解答 4

h19	6月	午後


正しい解答 : PPIスコープ

レーダーの表示については、以下の3種類を覚えてください。

  • PPI(Plan Position Indicator)スコープ
    • <特徴> アンテナを中心として物標の距離と方位を360°に表示
      • 掃引の長さ・・・距離
      • 受信信号 ・・・平面図形
  • RHI(Ranging Height Indication)スコープ
    • <特徴> 気象レーダー等の垂直面表示に用いられる
      • 縦軸・・・高さ
      • 横軸・・・距離
  • Aスコープ
    • <特徴> 受信信号強度の測定や信号の弁別に用いられる
      • 縦軸・・・信号強度
      • 横軸・・・距離

前の項目へ

|71| パルスレーダー送・受信機(回路)

次の項目へ

|73| 予備装置の配置方法


最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional