■資格取得応援サイト! 過去問分析で理解度を高める。オススメの参考書や勉強法、デシベル計算の覚え方など... 一陸特(第一級陸上特殊無線技士)

|73| 予備装置の配置方法

|73| 予備装置の配置方法

NO項目               計算主な出題番号集中ゼミの章別集中ゼミのページ番号
73予備装置の配置方法無し14△記載なし△記載なし

出題パターンは1種類

  1. マイクロ波多重通信回線における予備装置の配置方法について

パターン1の問題

h19 10月 午前

h19	10月	午前

解答 4

h19	10月	午前


マイクロ波多重通信回線は、通常、障害等による回線断や伝送品質の劣化を救済したり、試験や修理中に回線が維持できるよう、予備装置が備えられている。この予備装置の配置方法の一つである「セット」予備方式は、通信回線を構成する現用の各装置ごとに予備装置を用意し、障害発生時に予備装置に切り替える方式であり、現用システム数が比較的「少ない」場合に用いられる。

過去問だけで良いので、セット予備方式とシステム予備方式の特徴をしっかり捉える学習を行いましょう。

h19 10月 午後

h19	10月	午後

解答 2

h19	10月	午後


マイクロ波多重通信回線は、障害等による回線断や伝送品質の劣化を救済したり、試験や修理中に回線が維持できるよう、予備装置が備えられているのが普通である。この予備装置の配置方法の一つである「システム」予備方式は、あらかじめ現用システムのほかに「別の」無線周波数を用いた予備システムを準備しておき、現用多重回線に障害が発生した場合には、特定の「切り替え区間」を単位として予備装置に切り替える方式である。

過去問だけで良いので、セット予備方式とシステム予備方式の特徴をしっかり捉える学習を行いましょう。

h21 2月 午後

h21	2月	午後

解答 1

h21	2月	午後


マイクロ波多重通信回線は、通常、障害等による回線断や伝送品質の劣化を救済したり、試験や修理中に回線が維持できるよう、予備装置が備えられている。この予備装置の配置方法の一つである「セット」予備方式は、通信回線を構成する現用の各装置ごとに予備装置を用意し、障害発生時に予備装置に切り替える方式であり、現用システム数が比較的「少ない」場合に用いられる。

過去問だけで良いので、セット予備方式とシステム予備方式の特徴をしっかり捉える学習を行いましょう。

h21 2月 午前

h21	2月	午前

解答 3

h21	2月	午前


マイクロ波多重通信回線は、障害等による回線断や伝送品質の劣化を救済したり、試験や修理中に回線が維持できるよう、予備装置が備えられているのが普通である。この予備装置の配置方法の一つである「システム」予備方式は、あらかじめ現用システムのほかに「別の」無線周波数を用いた予備システムを準備しておき、現用多重回線に障害が発生した場合には、特定の「切り替え区間」を単位として予備装置に切り替える方式である。

過去問だけで良いので、セット予備方式とシステム予備方式の特徴をしっかり捉える学習を行いましょう。

前の項目へ

|72| レーダ表示方式・気象レーダー

次の項目へ

|74| アンテナの構造(コーナレフレクタ)


最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional