■資格取得応援サイト! 過去問分析で理解度を高める。オススメの参考書や勉強法、デシベル計算の覚え方など... 一陸特(第一級陸上特殊無線技士)

|74| アンテナの構造(コーナレフレクタ)

|74| アンテナの構造(コーナレフレクタ)

NO項目               計算主な出題番号集中ゼミの章別集中ゼミのページ番号
74アンテナの構造(コーナレフレクタ)無し177.3134

出題パターンは3種類

  1. 図に示すアンテナの名称
  2. 図に示すアンテナの構造及び特徴について①
  3. 図に示すアンテナの構造及び特徴について②

関連項目の |75| アンテナの構造(パラボナアンテナ) と |76| 妨害波の電界強度を測定するアンテナ と |77| スロットアレーアンテナを一緒に覚えると効果的です。


パターン1の問題

h22 6月 午後

h22	6月	午後

解答 5

h22	6月	午後


正しい解答 : コーナレフレクタアンテナ

図からどのアンテナなのかを導けるようにしておきましょう。

h25 2月 午前

h25	2月 	午前

解答 4

h25	2月 	午前


正しい解答 : コーナレフレクタアンテナ

図からどのアンテナなのかを導けるようにしておきましょう。

パターン2の問題

h18 2月 午前

h18	2月	午前

解答 2

h18	2月	午前


(1) 半波長ダイポールアンテナに接近して、金属又は金網などの平面反射板を組み合わせたもので、名称は「コーナレフレクタ」アンテナである。

(2) このアンテナは、半波長ダイポールアンテナより利得が「大きく」、また、副放射ビーム(サイドビーム)が比較的少ない。

(3) 反射板の開き角が90度、S=λ/2のとき、アンテナの指向特性は「単方向性」になる。

この問題は、「無指向性と単指向性」の違いを理解していれば2択に絞ることができ、
さらに図がなんのアンテナなのかを分かっていれば簡単に解くことができます。

指向性による分類
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%B3#.E6.8C.87.E5.90.91.E6.80.A7.E3.81.AB.E3.82.88.E3.82.8B.E5.88.86.E9.A1.9E

h18 2月 午後

h18	2月	午後

解答 3

h18	2月	午後


正しい解答 : 半波長ダイポールアンテナより利得が「大きく」、また、副放射ビーム(サイドビーム)が比較的少ない。

正しい選択肢の内容もしっかり読んでおきましょう。

h20 10月 午前

h20	10月	午前

解答 5

h20	10月	午前


正しい解答 : 半波長ダイポールアンテナより利得が「大きく」、また、副放射ビーム(サイドビーム)が比較的少ない。

正しい選択肢の内容もしっかり読んでおきましょう。

h20 10月 午後

h20	10月	午後

解答 2

h20	10月	午後


正しい解答
選択肢1 : このアンテナの名称は、「コーナレフレクタ」アンテナである。
選択肢3 : 半波長ダイポールアンテナに比べ、副放射ビーム(サイドビーム)が「少ない」
選択肢4 : 反射板の開き角が90度、S=λ/2のとき、アンテナの指向特性は「単方向性」になる。
選択肢5 : 一次放射器のダイポールアンテナの長さℓは、通常「半波長」である。

h24 2月 午前

h24	2月	午前

解答 5

h24	2月	午前


正しい解答
選択肢1 : このアンテナの名称は、「コーナレフレクタ」アンテナである。
選択肢2 : 一次放射器のダイポールアンテナの長さℓは、通常「半波長」である。
選択肢3 : 半波長ダイポールアンテナに比べ、最大放射方向の利得が「大きい」
選択肢4 : 反射板の開き角が90度、S=λ/2のとき、アンテナの指向特性は「単方向性」になる。

h24 2月 午後

h24	2月	午後

解答 4

h24	2月	午後


正しい解答 : 半波長ダイポールアンテナに比べ、最大放射方向の利得が「大きい」

正しい選択肢の内容もしっかり読んでおきましょう。

h25 10月 午前

h25	10月	午前

解答 4

h25	10月	午前


正しい解答 : このアンテナは、半波長ダイポールアンテナより利得が「大きく」、また、反射板の開き角が90度、S=λ/2程度のとき、副放射ビーム(サイドローブ)は最も少なく、指向特性は「単一指向性」である。

指向性による分類
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%B3#.E6.8C.87.E5.90.91.E6.80.A7.E3.81.AB.E3.82.88.E3.82.8B.E5.88.86.E9.A1.9E

h25 10月 午後

h25	10月	午後

解答 2

h25	10月	午後


正しい解答 : 一般に開き角は、「90度」が用いられる。

※このアンテナは、半波長ダイポールアンテナより利得が「大きく」、また、反射板の開き角が90度、S=λ/2程度のとき、副放射ビーム(サイドローブ)は最も少なく、指向特性は「単一指向性」である。

正しい選択肢の内容もしっかり読んでおきましょう。

h27 6月 午前

h27	6月	午前

解答 1

h27	6月	午前


正しい解答 : 反射板の開き角が90度の場合、S=「λ/2」程度のとき、副放射ビーム(サイドローブ)は最も少なく、指向特性は単一指向性である。

指向性による分類
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%B3#.E6.8C.87.E5.90.91.E6.80.A7.E3.81.AB.E3.82.88.E3.82.8B.E5.88.86.E9.A1.9E

パターン3の問題

h27 6月 午後

h27	6月	午後

解答 1

h27	6月	午後


(1) 反射板の開き角が90度、S=「λ/2」程度のとき、副放射ビーム(サイドロープ)は最も少なく、指向特性は単一指向性である。

(2) また、半波長ダイポールアンテナと反射板を鏡面とする「3個」の影像アンテナによる電界成分が合成され、半波長ダイポールアンテナに比べ利得が大きい。

パターン2の応用問題になります。
今回初登場で、過去問だけでは対応できなかった問題になります。
今回は正解しなくても仕方ありませんが、次回は得点にできるよう各アンテナの個数を覚えておきましょう。

【(2)の補足】
 ★影像アンテナ=反射板を鏡面とし鏡像として現れたアンテナ

  • 開き角が 90度 = 合計アンテナ数 4個
    • 内訳:半波長ダイポールアンテナ 1個
    • 内訳:影像アンテナ 3個
  • 開き角が 60度 = 合計アンテナ数 6個
    • 内訳:半波長ダイポールアンテナ 1個
    • 内訳:影像アンテナ 5個

影像アンテナ

前の項目へ

|73| 予備装置の配置方法

次の項目へ

|75| アンテナの構造(パラボナアンテナ)


最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional