■資格取得応援サイト! 過去問分析で理解度を高める。オススメの参考書や勉強法、デシベル計算の覚え方など... 一陸特(第一級陸上特殊無線技士)

|75| アンテナの構造(パラボナアンテナ)

|75| アンテナの構造(パラボナアンテナ)

NO項目               計算主な出題番号集中ゼミの章別集中ゼミのページ番号
75アンテナの構造(パラボナアンテナ)無し17・18・197.3134

出題パターンは7種類

  1. パラボラアンテナについて
  2. ホーンレフレクタアンテナについて
  3. マイクロ波のアンテナの原理的な構成例
  4. 衛星通信等に用いられるアンテナについて
  5. 衛星通信等に用いられる反射鏡アンテナについて
  6. 開口面アンテナのサイドロープ特性を改善する方法について
  7. 電磁ホーンアンテナについて

関連項目の |74| アンテナの構造(コーナレフレクタ) と |76| 妨害波の電界強度を測定するアンテナ と |77| スロットアレーアンテナを一緒に覚えると効果的です。


パターン1の問題

h18 2月 午前

h18	2月	午前

解答 3

h18	2月	午前


(1) 一次放射器から放射された球面波は、「回転放物面」反射鏡で平面波に変換されて外部へ放射される。

(2) 開口面が十分大きく、円形で、かつ、軸対象の形式は、高利得で前後比(F/B)の良い「ペンシルビーム」の放射特性を得ることができる。

(3) 開口面が円形のアンテナの利得は、反射鏡の開口面積に比例し、使用波長の2乗に「反比例」する。

あまり聞きなれない用語なので、画像からイメージできるようにしておくと良いでしょう。

h18 2月 午後

h18	2月	午後

解答 5

h18	2月	午後


(1) 一次放射器から放射された電波は、回転放物面反射鏡で反射され「平面波」の電波となる。

(2) 一次放射器は、通常、反射板付きダイポールアンテナや「電磁ホーン」などが用いられる。また、UHF帯などの低い周波数で用いられる反射鏡は、金網や「金属格子」などで作られることがある。

あまり聞きなれない用語なので、画像からイメージできるようにしておくと良いでしょう。

h21 2月 午後

h21	2月	午後

解答 3

h21	2月	午後


正しい解答 : パラボラアンテナの主ビームの電力半値幅の大きさは、開口面の直径に「反比例」し、波長に「比例」する。

正しい選択肢の内容もしっかり読んでおきましょう。

|12| 主ビームの電力半値幅の公式を暗記していれば簡単に解ける問題です。
パラボラアンテナの利得の公式と間違わないようにしましょう。

h22 2月 午前

h22	2月	午前

解答 4

h22	2月	午前


(1) 一次放射器から放射された球面波は、「回転放物面」反射鏡で平面波に変換されて外部へ放射される。

(2) 開口面が十分大きく、円形で、かつ、軸対称の形式は、高利得で前後比(F/B)の良い「ペンシルビーム」の放射特性を得ることができる。

(3) 開口面が円形のアンテナの利得は、反射鏡の開口面積に比例し、使用波長の2乗に「反比例」する。

あまり聞きなれない用語なので、画像からイメージできるようにしておくと良いでしょう。

h22 2月 午後

h22	2月	午後

解答 4

h22	2月	午後


(1) 一次放射器から放射された電波は、回転放物面反射鏡で反射され「平面波」の電波となる。

(2) 一次放射器は、通常、反射板付きダイポールアンテナや「電磁ホーン」などが用いられる。また、UHF帯などの低い周波数で用いられる反射鏡は、金網や「金属格子」などで作られることがある。

あまり聞きなれない用語なので、画像からイメージできるようにしておくと良いでしょう。

h23 10月 午前

h23	10月	午前

解答 3

h23	10月	午前


正しい解答 : パラボラアンテナの主ビームの電力半値幅の大きさは、開口面の直径に「反比例」し、波長に「比例」する。

正しい選択肢の内容もしっかり読んでおきましょう。

|12| 主ビームの電力半値幅の公式を暗記していれば簡単に解ける問題です。
パラボラアンテナの利得の公式と間違わないようにしましょう。

h23 10月 午後

h23	10月	午後

解答 2

h23	10月	午後


(1) 一次放射器から放射された電波は、回転放物面反射鏡で「平面波」に変換されて外部へ放射される。

(2) 開口面が十分大きく、円形で、かつ、軸対称の形式は、高利得で前後比(F/B)の良い「ペンシルビーム」の放射特性を得ることができる。

(3) 反射鏡の開口面が円形のアンテナの利得は、開口面積に比例し、使用波長の2乗に「反比例」する。

あまり聞きなれない用語なので、画像からイメージできるようにしておくと良いでしょう。

h25 2月 午前

h25	2月 	午前

解答 3

h25	2月 	午前


(1) 一次放射器から放射された電波は、回転放物面反射鏡で反射され「平面波」の電波となる。

(2) 一次放射器は、通常、「電磁ホーン」などが用いられる。また、反射鏡は、風の抵抗を下げるため金網や「金属格子」などで作られることがある。

あまり聞きなれない用語なので、画像からイメージできるようにしておくと良いでしょう。

h25 2月 午後

h25	2月 	午後

解答 2

h25	2月 	午後


(1) 一次放射器から放射された電波は、通常、「回転放物面」反射鏡で反射され平面波の電波となる。

(2) 一次放射器は、通常、「電磁ホーン」などが用いられる。また、反射鏡は、風の抵抗を下げるため金網や「金属格子」などで作られることがある。

あまり聞きなれない用語なので、画像からイメージできるようにしておくと良いでしょう。

h25 6月 午前

h25	6月 	午前

解答 2

h25	6月 	午前


正しい解答 : 利得は、開口面の面積に「比例」し、波長の「2乗に反比例」する。

【h23 10月 午後】と【h21 2月 午後】の選択肢からの出題です。
過去は「主ビームの電力半値幅の大きさ」が問われていましたが、今回は「利得」が問われました。

正しい選択肢の内容もしっかり読んでおきましょう。

h26 6月 午前

h26	6月	午前

解答 5

h26	6月	午前


(1) 一次放射器から放射された電波は、回転放物面反射鏡で反射され「平面波」の電波となる。

(2) 一次放射器は、通常、「電磁ホーン」などが用いられる。また、反射鏡は、風の抵抗を下げるため金網や「金属格子」などで作られることがある。

あまり聞きなれない用語なので、画像からイメージできるようにしておくと良いでしょう。

h26 6月 午後

h26	6月	午後

解答 3

h26	6月	午後


(1) 一次放射器から放射された電波は、「回転放物面」反射鏡で反射され平面波の電波となる。

(2) 一次放射器は、通常、「電磁ホーン」などが用いられる。また、反射鏡は、風の抵抗を下げるため金網や「金属格子」などで作られることがある。

あまり聞きなれない用語なので、画像からイメージできるようにしておくと良いでしょう。

h27 6月 午前

h27	6月	午前

解答 3

h27	6月	午前


正しい解答 : 主ビームの電力半値幅の大きさは、「開口面の直径に半比例し、波長に比例する」

【h25 6月 午前】に選択肢5が増えたケースです。

正しい選択肢の内容もしっかり読んでおきましょう。

h27 6月 午後

h27	6月	午後

解答 1

h27	6月	午後


正しい解答 : 利得は、開口面の面積に「比例」し、波長の「2乗に反比例」する。

【h25 6月 午前】に選択肢5が増えたケースです。

正しい選択肢の内容もしっかり読んでおきましょう。

パターン2の問題

h18 10月 午前

h18	10月	午前

解答 3

h18	10月	午前


正しい解答 : 開口面における電磁波の散乱現象が起き「にくい」

正しい選択肢の内容もしっかり読んでおきましょう。

ホーンレフレクタアンテナの画像イメージ → http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%83%AC%E3%83%95%E3%83%AC%E3%82%AF%E3%82%BF%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%86%E3%83%8A&gs_sm=e&gs_upl=2488l2488l0l2645l1l1l0l0l0l0l153l153l0.1l1l0&bav=on.2,or.r_gc.r_pw.,cf.osb&biw=1258&bih=681&um=1&ie=UTF-8&tbm=isch&source=og&sa=N&tab=wi&ei=Vj7wTqi6GITImAX1mdSoAg

h18 10月 午後

h18	10月	午後

解答 2

h18	10月	午後


正しい解答 : 大型のホーンアンテナと「放物面」反射鏡の一部を組み合わせたもので、ホーンアンテナから放射された「球面波」は、反射鏡によって「平面波」に変換され、アンテナの開口面に達し外部に放射される。

正しい選択肢の内容もしっかり読んでおきましょう。

ホーンレフレクタアンテナの画像イメージ → http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%83%AC%E3%83%95%E3%83%AC%E3%82%AF%E3%82%BF%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%86%E3%83%8A&gs_sm=e&gs_upl=2488l2488l0l2645l1l1l0l0l0l0l153l153l0.1l1l0&bav=on.2,or.r_gc.r_pw.,cf.osb&biw=1258&bih=681&um=1&ie=UTF-8&tbm=isch&source=og&sa=N&tab=wi&ei=Vj7wTqi6GITImAX1mdSoAg

パターン3の問題

h20 2月 午前

h20	2月	午前

解答 5

h20	2月	午前


正しい解答 : オフセットパラボラアンテナ

他の選択肢のアンテナもすべて出題される可能性があるので、図と名前がリンクするよう確実に覚えましょう。

  • カセグレンアンテナとグレゴリアンアンテナの違い
    • カセグレンアンテナ ※出題されるのはカセグレンばかり
      • 副反射鏡が凸面の「双曲面」
    • グレゴリアンアンテナ
      • 副反射鏡が凹面の「だ円面」

h20 2月 午後

h20	2月	午後

解答 1

h20	2月	午後


正しい解答 : カセグレンアンテナ

他の選択肢のアンテナもすべて出題される可能性があるので、図と名前がリンクするよう確実に覚えましょう。

  • カセグレンアンテナとグレゴリアンアンテナの違い
    • カセグレンアンテナ ※出題されるのはカセグレンばかり
      • 副反射鏡が凸面の「双曲面」
    • グレゴリアンアンテナ
      • 副反射鏡が凹面の「だ円面」

h22 10月 午前

h22	10月	午前

解答 4

h22	10月	午前


正しい解答 : オフセットパラボラアンテナ

他の選択肢のアンテナもすべて出題される可能性があるので、図と名前がリンクするよう確実に覚えましょう。

  • カセグレンアンテナとグレゴリアンアンテナの違い
    • カセグレンアンテナ ※出題されるのはカセグレンばかり
      • 副反射鏡が凸面の「双曲面」
    • グレゴリアンアンテナ
      • 副反射鏡が凹面の「だ円面」

h22 10月 午後

h22	10月	午後

解答 5

h22	10月	午後


正しい解答 : カセグレンアンテナ

他の選択肢のアンテナもすべて出題される可能性があるので、図と名前がリンクするよう確実に覚えましょう。

  • カセグレンアンテナとグレゴリアンアンテナの違い
    • カセグレンアンテナ ※出題されるのはカセグレンばかり
      • 副反射鏡が凸面の「双曲面」
    • グレゴリアンアンテナ
      • 副反射鏡が凹面の「だ円面」

h24 6月 午前

h24	6月	午前

解答 2

h24	6月	午前


正しい解答 : カセグレンアンテナ

他の選択肢のアンテナもすべて出題される可能性があるので、図と名前がリンクするよう確実に覚えましょう。

  • カセグレンアンテナとグレゴリアンアンテナの違い
    • カセグレンアンテナ ※出題されるのはカセグレンばかり
      • 副反射鏡が凸面の「双曲面」
    • グレゴリアンアンテナ
      • 副反射鏡が凹面の「だ円面」

h24 6月 午後

h24	6月	午後

解答 5

h24	6月	午後


正しい解答 : オフセットパラボラアンテナ

他の選択肢のアンテナもすべて出題される可能性があるので、図と名前がリンクするよう確実に覚えましょう。

  • カセグレンアンテナとグレゴリアンアンテナの違い
    • カセグレンアンテナ ※出題されるのはカセグレンばかり
      • 副反射鏡が凸面の「双曲面」
    • グレゴリアンアンテナ
      • 副反射鏡が凹面の「だ円面」

h26 2月 午前

h26 	2月 	午前

解答 5

h26 	2月 	午前


正しい解答 : カセグレンアンテナ

他の選択肢のアンテナもすべて出題される可能性があるので、図と名前がリンクするよう確実に覚えましょう。

  • カセグレンアンテナとグレゴリアンアンテナの違い
    • カセグレンアンテナ ※出題されるのはカセグレンばかり
      • 副反射鏡が凸面の「双曲面」
    • グレゴリアンアンテナ
      • 副反射鏡が凹面の「だ円面」

h26 2月 午後

h26 	2月 	午後

解答 1

h26 	2月 	午後


正しい解答 : オフセットパラボラアンテナ

他の選択肢のアンテナもすべて出題される可能性があるので、図と名前がリンクするよう確実に覚えましょう。

  • カセグレンアンテナとグレゴリアンアンテナの違い
    • カセグレンアンテナ ※出題されるのはカセグレンばかり
      • 副反射鏡が凸面の「双曲面」
    • グレゴリアンアンテナ
      • 副反射鏡が凹面の「だ円面」

h27 2月 午前

h27	2月	午前

解答 3

h27	2月	午前


正しい解答 : カセグレンアンテナ

他の選択肢のアンテナもすべて出題される可能性があるので、図と名前がリンクするよう確実に覚えましょう。

  • カセグレンアンテナとグレゴリアンアンテナの違い
    • カセグレンアンテナ ※出題されるのはカセグレンばかり
      • 副反射鏡が凸面の「双曲面」
    • グレゴリアンアンテナ
      • 副反射鏡が凹面の「だ円面」

h27 2月 午後

h27	2月	午後

解答 2

h27	2月	午後


正しい解答 : オフセットパラボラアンテナ

他の選択肢のアンテナもすべて出題される可能性があるので、図と名前がリンクするよう確実に覚えましょう。

  • カセグレンアンテナとグレゴリアンアンテナの違い
    • カセグレンアンテナ ※出題されるのはカセグレンばかり
      • 副反射鏡が凸面の「双曲面」
    • グレゴリアンアンテナ
      • 副反射鏡が凹面の「だ円面」

パターン4の問題

h20 6月 午前

h20	6月	午前

解答 1

h20	6月	午前


正しい解答 : カセグレンアンテナ

他の選択肢のアンテナもすべて出題される可能性があるので、図と名前がリンクするよう確実に覚えましょう。

  • カセグレンアンテナとグレゴリアンアンテナの違い
    • カセグレンアンテナ ※出題されるのはカセグレンばかり
      • 副反射鏡が凸面の「双曲面」
    • グレゴリアンアンテナ
      • 副反射鏡が凹面の「だ円面」

h20 6月 午後

h20	6月	午後

解答 3

h20	6月	午後


正しい解答 : カセグレンアンテナ

他の選択肢のアンテナもすべて出題される可能性があるので、図と名前がリンクするよう確実に覚えましょう。

  • カセグレンアンテナとグレゴリアンアンテナの違い
    • カセグレンアンテナ ※出題されるのはカセグレンばかり
      • 副反射鏡が凸面の「双曲面」
    • グレゴリアンアンテナ
      • 副反射鏡が凹面の「だ円面」

パターン5の問題

h21 6月 午前

h21	6月	午前

解答 1

h21	6月	午前


(1) 衛星からの微弱な電波を受信するため、大きな開口面を持つ反射鏡アンテナが利用されるが、反射鏡が放物面のものをパラボラアンテナといい、このうち副反射器を用いるものに「カセグレン」アンテナがある。

(2) オフセットパラボラアンテナは、回転放物面の一部を反射鏡に用いて、一次放射器を回転放物面の「焦点」に相当する位置で、かつ、開口の外に設置したパラボラアンテナであり、一次放射器により電波が乱されることがないため、「サイドローブ」特性が改善される。

h21 6月 午後

h21	6月	午後

解答 5

h21	6月	午後


(1) 衛星からの微弱な電波を受信するため、大きな開口面を持つ反射鏡アンテナが利用されるが、反射鏡が放物面のものをパラボラアンテナといい、このうち副反射器を用いるものに「カセグレン」アンテナがある。

(2) 回転放物面を反射鏡に用いたパラボラアンテナは、高利得の「ペンシル」ビームアンテナであり、回転放物面の焦点に置かれた一次放射器から放射された球面波は反射鏡により波面が一様な平面波となり鋭い指向性が得られるもので、開口面積が「大きい」ほど前方に尖鋭な指向性が得られる。

「ファン」ビームはスロットアレーアンテナで使われる用語です。

h23 10月 午前

h23	10月	午前

解答 1

h23	10月	午前


(1) 衛星からの微弱な電波を受信するため、大きな開口面を持つ反射鏡アンテナが利用されるが、反射鏡が回転放物面のものをパラボラアンテナといい、このうち副反射器を用いるものに「カセグレン」アンテナがある。

(2) 回転放物面を反射鏡に用いたパラボラアンテナは、高利得の「ペンシル」ビームのアンテナであり、回転放物面の焦点に置かれた一次放射器から放射された球面波は反射鏡により波面が一様な平面波となる。反射鏡の開口面積が「大きい」ほど前方に尖鋭な指向性が得られる。

「ファン」ビームはスロットアレーアンテナで使われる用語です。

h23 10月 午後

h23	10月	午後

解答 3

h23	10月	午後


(1) 衛星からの微弱な電波を受信するため、大きな開口面を持つ反射鏡アンテナが利用されるが、反射鏡が放物面のものをパラボラアンテナといい、このうち副反射器を用いるものに「カセグレン」アンテナがある。

(2) オフセットパラボラアンテナは、回転放物面の一部を反射鏡に用いて、一次放射器を回転放物面の「焦点」に相当する位置で、かつ、開口の外に設置したパラボラアンテナであり、一次放射器等により電波が乱されることがないため、「サイドローブ」特性が改善される。

h25 6月 午後

h25	6月 	午後

解答 2

h25	6月 	午後


正しい解答
(1) 回転放物面を反射鏡に用いた円形パラボラアンテナは、一次放射器を「回転放物面の焦点」に置く。

(2) 回転放物面を反射鏡に用いた円形パラボラアンテナは、開口面積が「大きい」ほど前方に尖鋭な指向性が得られる。

(3) 主反射鏡に放物面を、副反射鏡に双曲面を用いるものに「カセグレンアンテナ」がある。

【(2)の補足】
|12| 主ビームの電力半値幅の知識が必要な問題です。

指向性=ビーム幅=電力半値幅

θ=(70×λ) / D

電力半値幅=(70×波長) / アンテナの開口面の直径

分母のアンテナの開口面の直径(開口面積)が大きくなるほど電力半値幅が小さくなる

電力半値幅が小さくなる=尖鋭な指向性が得られる

【電力半値幅とは】
アンテナの主軸方向の動作利得より電力で3dB低下する方位の挟む角度のこと。この値が小さいほど指向性(電波の集中度)の優れたアンテナです。一般に素子数が多いほど電力半値幅は小さくなります。

h27 10月 午前

h27	10月	午前

解答 5

h27	10月	午前


正しい解答
(1) 回転放物面を反射鏡に用いた円形パラボラアンテナは、一次放射器を「回転放物面の焦点」に置く。

(2) 回転放物面を反射鏡に用いた円形パラボラアンテナは、開口面積が「大きい」ほど前方に尖鋭な指向性が得られる。

(3) 主反射鏡に放物面を、副反射鏡に双曲面を用いるものに「カセグレンアンテナ」がある。

【(2)の補足】
|12| 主ビームの電力半値幅の知識が必要な問題です。

指向性=ビーム幅=電力半値幅

θ=(70×λ) / D

電力半値幅=(70×波長) / アンテナの開口面の直径

分母のアンテナの開口面の直径(開口面積)が大きくなるほど電力半値幅が小さくなる

電力半値幅が小さくなる=尖鋭な指向性が得られる

【電力半値幅とは】
アンテナの主軸方向の動作利得より電力で3dB低下する方位の挟む角度のこと。この値が小さいほど指向性(電波の集中度)の優れたアンテナです。一般に素子数が多いほど電力半値幅は小さくなります。

h28 2月 午前

h28	2月	午前

解答 3

h28	2月	午前


正しい解答 : 回転放物面を反射鏡に用いたパラボラアンテナは、高利得の「ペンシル」ビームのアンテナであり、回転放物面の焦点に置かれた一次放射器から放射された電波は、反射鏡により「平面波」となって放射される。

h28 2月 午後

h28	2月	午後

解答 3

h28	2月	午後


(1) 衛星からの微弱な電波を受信するため、大きな開口面を持つ反射鏡アンテナが利用されるが、反射鏡が放物面のものをパラボラアンテナといい、このうち副反射器を用いるものに「カセグレン」アンテナがある。

(2) 回転放物面を反射鏡に用いたパラボラアンテナは、高利得の「ペンシル」ビームのアンテナであり、回転放物面の焦点に置かれた一次放射器から放射された球面波は反射鏡により波面が一様な平面波となる。反射鏡の開口面積が「大きい」ほど前方に尖鋭な指向性が得られる。

「ファン」ビームはスロットアレーアンテナで使われる用語です。

パターン6の問題

h21 10月 午前

h21	10月	午前

解答 1

h21	10月	午前


正しい解答 : 反射鏡アンテナでは、照度分布を調整して、開口周辺部の照射レベルを「低く」する。

正しい選択肢の内容もしっかり読んでおきましょう。

  • サイドローブ特性を改善する方法
    • 鏡面修正による照度分布の改善
    • 開口周辺部の照射レベルを低く
    • オフセットパラボラアンテナやホーンレフレクタアンテナの採用
    • 電波吸収材による遮蔽
    • 鏡面精度の向上

パターン7の問題

h21 10月 午後

h21	10月	午後

解答 4

h21	10月	午後


正しい解答 : ホーンの開き角を「最適化することで」、放射される電磁波は平面波に近づく。

※長さを一定にした場合は最適の角度が存在する。単に広げればよいわけではない。

正しい選択肢の内容もしっかり読んでおきましょう。

h24 10月 午前

h24	10月	午前

解答 1

h24	10月	午前


正しい解答 : ホーンの開き角を「最適化することで」、放射される電磁波は平面波に近づく。

※長さを一定にした場合は最適の角度が存在する。単に広げればよいわけではない。

正しい選択肢の内容もしっかり読んでおきましょう。

h24 10月 午後

h24	10月	午後

解答 5

h24	10月	午後


正しい解答
選択肢1 : インピーダンス特性は、ホーン部分が「共振しないため広帯域」である。
選択肢2 : ホーンの開き角を「最適化することで」、放射される電磁波は平面波に近づく。
選択肢3 : 角すいホーンは、「極超短波(UHF)帯」アンテナの利得を測定するときの「基準」アンテナとしても用いられる。
選択肢4 : 開口面積が一定のとき、ホーンの長さを「長く」すると指向性は鋭くなる。

h26 10月 午前

h26	10月	午前

解答 2

h26	10月	午前


正しい解答 : ホーンの開き角を「最適化することで」、放射される電磁波は平面波に近づく。

※長さを一定にした場合は最適の角度が存在する。単に広げればよいわけではない。

正しい選択肢の内容もしっかり読んでおきましょう。

h26 10月 午後

h26	10月	午後

解答 4

h26	10月	午後


正しい解答
選択肢1 : インピーダンス特性は、ホーン部分が「共振しないため広帯域」である。
選択肢2 : ホーンの開き角を「最適化することで」、放射される電磁波は平面波に近づく。
選択肢3 : 角錐ホーンは、「極超短波(UHF)帯」アンテナの利得を測定するときの「基準」アンテナとしても用いられる。
選択肢5 : 開口面積が一定のとき、ホーンの長さを「長く」すると指向性は鋭くなる。

h28 2月 午前

h28	2月	午前

解答 1

h28	2月	午前


正しい解答
選択肢2 : インピーダンス特性は、ホーン部分が「共振しないため広帯域」である。
選択肢3 : ホーンの開き角を「最適化することで」、放射される電磁波は平面波に近づく。
選択肢4 : 角錐ホーンは、「極超短波(UHF)帯」アンテナの利得を測定するときの「基準」アンテナとしても用いられる。
選択肢5 : 開口面積が一定のとき、ホーンの長さを「長く」すると指向性は鋭くなる。

h28 2月 午後

h28	2月	午後

解答 1

h28	2月	午後


正しい解答 : ホーンの開き角を「最適化することで」、放射される電磁波は平面波に近づく。

※長さを一定にした場合は最適の角度が存在する。単に広げればよいわけではない。

正しい選択肢の内容もしっかり読んでおきましょう。

前の項目へ

|74| アンテナの構造(コーナレフレクタ)

次の項目へ

|76| 妨害波の電界強度を測定するアンテナ


最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional