■資格取得応援サイト! 過去問分析で理解度を高める。オススメの参考書や勉強法、デシベル計算の覚え方など... 一陸特(第一級陸上特殊無線技士)

|79| 雑音

|79| 雑音

NO項目               計算主な出題番号集中ゼミの章別集中ゼミのページ番号
79雑音無し4・19・212.859

出題パターンは5種類

  1. 発生源によって分類した電波雑音について
  2. 電波雑音について
  3. 雑音に関する用語について
  4. 雑音指数について
  5. 受信機で発生する混信の一現象について

パターン1の問題

h19 6月 午後

h19	6月	午後

解答 5

h19	6月	午後


(1) 自然雑音の主なものには、宇宙雑音、「大気雑音」及び太陽雑音などがある。

(2) 自動車のイグニッション系機器、電気機器及び高圧送電線などから発生する雑音を「人工雑音」という。

(3) 自動車のイグニッション系機器から発生する雑音は、「衝撃性」の雑音である。

  • 雑音の分類
    • 自然雑音
      • 宇宙雑音・・・<発生源>太陽以外の恒星・電波星等
      • 太陽雑音・・・<発生源>太陽
      • 大気(空電)雑音・・・<発生源>主に雷
    • 人工雑音
      • 放電雑音・・・<発生源>点火装置・スイッチ・モーター
      • 電波雑音・・・<発生源>電子レンジ・電力線の高調波
      • 衝撃性雑音・・・<発生源>点火装置(自動車のイグニッション系機器など)
      • 連続性雑音・・・<発生源>高周波利用設備(工業用及び医療用など)

h22 2月 午前

h22	2月	午前

解答 4

h22	2月	午前


(1) 自然雑音の主なものには、宇宙雑音、「大気雑音」及び太陽雑音などがある。

(2) 自動車のイグニッション系機器、電気機器及び高圧送電線などから発生する雑音を「人工雑音」という。

(3) 自動車のイグニッション系機器から発生する雑音は、「衝撃性」の雑音である。

  • 雑音の分類
    • 自然雑音
      • 宇宙雑音・・・<発生源>太陽以外の恒星・電波星等
      • 太陽雑音・・・<発生源>太陽
      • 大気(空電)雑音・・・<発生源>主に雷
    • 人工雑音
      • 放電雑音・・・<発生源>点火装置・スイッチ・モーター
      • 電波雑音・・・<発生源>電子レンジ・電力線の高調波
      • 衝撃性雑音・・・<発生源>点火装置(自動車のイグニッション系機器など)
      • 連続性雑音・・・<発生源>高周波利用設備(工業用及び医療用など)

パターン2の問題

h19 6月 午前

h19	6月	午前

解答 4

h19	6月	午前


正しい解答 : 空電雑音は、「短波(HF)帯以下」で極めて大きい。

正しい選択肢の内容もしっかり読んでおきましょう。

  • 雑音の分類
    • 自然雑音
      • 宇宙雑音・・・<発生源>太陽以外の恒星・電波星等
      • 太陽雑音・・・<発生源>太陽
      • 大気(空電)雑音・・・<発生源>主に雷
    • 人工雑音
      • 放電雑音・・・<発生源>点火装置・スイッチ・モーター
      • 電波雑音・・・<発生源>電子レンジ・電力線の高調波
      • 衝撃性雑音・・・<発生源>点火装置(自動車のイグニッション系機器など)
      • 連続性雑音・・・<発生源>高周波利用設備(工業用及び医療用など)

h22 2月 午後

h22	2月	午後

解答 5

h22	2月	午後


正しい解答 : 空電雑音は、「短波(HF)帯以下」で極めて大きい。

正しい選択肢の内容もしっかり読んでおきましょう。

  • 雑音の分類
    • 自然雑音
      • 宇宙雑音・・・<発生源>太陽以外の恒星・電波星等
      • 太陽雑音・・・<発生源>太陽
      • 大気(空電)雑音・・・<発生源>主に雷
    • 人工雑音
      • 放電雑音・・・<発生源>点火装置・スイッチ・モーター
      • 電波雑音・・・<発生源>電子レンジ・電力線の高調波
      • 衝撃性雑音・・・<発生源>点火装置(自動車のイグニッション系機器など)
      • 連続性雑音・・・<発生源>高周波利用設備(工業用及び医療用など)

パターン3の問題

h23 6月 午前

h23	6月	午前

解答 4

h23	6月	午前


正しい解答 : 白色雑音とは、周波数スペクトルが、「全ての周波数で同じ強度となる」雑音をいう。

正しい選択肢の内容もしっかり読んでおきましょう。

パターン4の問題

h23 6月 午後

h23	6月	午後

解答 5

h23	6月	午後


正しい解答
選択肢1 : 選択肢5が「雑音指数」について述べたものである。
選択肢2 : 選択肢5が「雑音指数」について述べたものである。
選択肢3 : 選択肢5が「雑音指数」について述べたものである。
選択肢4 : 選択肢5が「雑音指数」について述べたものである。

h24 10月 午前

h24	10月	午前

解答 1

h24	10月	午前


正しい解答 : F=(Si/Ni)/(So/No) 又は F=(No)/(G×Ni)

増幅回路の雑音指数1
=
(入力端の有能信号電力/入力端の有能雑音電力) / (出力端の有能信号電力/出力端の有能雑音電力)
 ↓ 
※1:入力端で、出力端
※2:有能信号電力が分子で、有能雑音電力が分母

又は

増幅回路の雑音指数2
=
出力端の有能雑音電力 / (有能電力利得 × 入力端の有能信号電力)
 ↓ 
※3:増幅回路の雑音指数1が選択肢にないときはコチラを選択しましょう。

h24 10月 午後

h24	10月	午後

解答 3

h24	10月	午後


正しい解答 : F=(No)/(G×Ni) 又は F=(Si/Ni)/(So/No)

増幅回路の雑音指数1
=
(入力端の有能信号電力/入力端の有能雑音電力) / (出力端の有能信号電力/出力端の有能雑音電力)
 ↓ 
※1:入力端で、出力端
※2:有能信号電力が分子で、有能雑音電力が分母

又は

増幅回路の雑音指数2
=
出力端の有能雑音電力 / (有能電力利得 × 入力端の有能信号電力)
 ↓ 
※3:増幅回路の雑音指数1が選択肢にないときはコチラを選択しましょう。

パターン5の問題

h24 10月 午前

h24	10月	午前

解答 2

h24	10月	午前


正しい解答 : 相互変調

1:感度抑圧効果
(希望波を受信しているとき、妨害波のために受信機の感度が抑圧される現象をいう。)

3:ジッタ
(増幅回路及び音響系を含む回路が、不要な帰還のため発振して、可聴音を発生することをいう。)

4:寄生振動
(増幅回路の配線等に存在するインダクタンスや静電容量により増幅回路が発振回路を形成し、妨害波を発振することをいう。)

h24 10月 午後

h24	10月	午後

解答 1

h24	10月	午後


正しい解答 : 希望波信号を受信しているときにおいて、二以上の強力な妨害波が到来し、それが、受信機の非直線性により、受信機内部に希望波信号周波数又は受信機の中間周波数と等しい周波数を発生させ、希望波信号の受信を妨害する現象をいう。

2:感度抑圧効果
(希望波を受信しているとき、妨害波のために受信機の感度が抑圧される現象をいう。)

3:ジッタ
(増幅回路及び音響系を含む回路が、不要な帰還のため発振して、可聴音を発生することをいう。)

4:寄生振動
(増幅回路の配線等に存在するインダクタンスや静電容量により増幅回路が発振回路を形成し、妨害波を発振することをいう。)

h26 2月 午前

h26 	2月 	午前

解答 3

h26 	2月 	午前


正しい解答 : 相互変調

1:感度抑圧効果
(希望波を受信しているとき、妨害波のために受信機の感度が抑圧される現象をいう。)

2:ハウリング
(音響再生の際、スピーカーから出た音をマイクが拾い、それをまたスピーカーが再生するということを繰り返し、大きな騒音が連続して発生する現象。鳴音。)

4:寄生振動
(増幅回路の配線等に存在するインダクタンスや静電容量により増幅回路が発振回路を形成し、妨害波を発振することをいう。)

h26 2月 午後

h26 	2月 	午後

解答 4

h26 	2月 	午後


正しい解答 : 希望波信号を受信しているときにおいて、二以上の強力な妨害波が到来し、それが、受信機の非直線性により、受信機内部に希望波信号周波数又は受信機の中間周波数と等しい周波数を発生させ、希望波信号の受信を妨害する現象をいう。

2:感度抑圧効果
(希望波を受信しているとき、妨害波のために受信機の感度が抑圧される現象をいう。)

3:ジッタ
(増幅回路及び音響系を含む回路が、不要な帰還のため発振して、可聴音を発生することをいう。)

4:寄生振動
(増幅回路の配線等に存在するインダクタンスや静電容量により増幅回路が発振回路を形成し、妨害波を発振することをいう。)

h28 2月 午前

h28	2月	午前

解答 4

h28	2月	午前


正しい解答 : 相互変調

1:感度抑圧効果
(希望波を受信しているとき、妨害波のために受信機の感度が抑圧される現象をいう。)

2:ハウリング
(音響再生の際、スピーカーから出た音をマイクが拾い、それをまたスピーカーが再生するということを繰り返し、大きな騒音が連続して発生する現象。鳴音。)

3:寄生振動
(増幅回路の配線等に存在するインダクタンスや静電容量により増幅回路が発振回路を形成し、妨害波を発振することをいう。)

h28 2月 午後

h28	2月	午後

解答 3

h28	2月	午後


正しい解答 : 希望波信号を受信しているときに、二以上の強力な妨害波が到来し、それが、受信機の非直線性により、受信機内部に希望波信号周波数又は受信機の中間周波数と等しい周波数を発生させ、希望波信号の受信を妨害する現象をいう。

1:寄生振動
(増幅回路の配線等に存在するインダクタンスや静電容量により増幅回路が発振回路を形成し、妨害波を発振することをいう。)

2:感度抑圧効果
(希望波を受信しているとき、妨害波のために受信機の感度が抑圧される現象をいう。)

4:ジッタ
(増幅回路及び音響系を含む回路が、不要な帰還のため発振して、可聴音を発生することをいう。)

前の項目へ

|78| 同軸給電線と平行二線式線路

次の項目へ

|80| 伝送線路の反射・VSWR


最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional