■資格取得応援サイト! 過去問分析で理解度を高める。オススメの参考書や勉強法、デシベル計算の覚え方など... 一陸特(第一級陸上特殊無線技士)

|85| マイクロ波(減衰)

|85| マイクロ波(減衰)

NO項目               計算主な出題番号集中ゼミの章別集中ゼミのページ番号
85マイクロ波(減衰)無し20・218.4157

出題パターンは2種類

  1. マイクロ波の電波の大気中における減衰について1(雨の影響)
  2. マイクロ波の電波の大気中における減衰について2(エネルギー吸収)

関連項目の |81| 電波の対流圏伝搬 と |82| VHF・UHF帯の電波の伝搬・スポラジックE層 と |83| 受信点の電界強度の変化(ナイフエッジ) と |84| M曲線を一緒に覚えると効果的です。


パターン1の問題

h18 2月 午前

h18	2月	午前

解答 2

h18	2月	午前


(1) 伝搬中の降雨域で受ける減衰は、降雨量に「比例」し、電波の波長が長いほど「小さい」

(2) 雨や霧や雲などによる吸収や散乱又は大気分子による吸収などによる減衰の状態が変化するために生ずるフェージングは、減衰性フェージングともいわれ、「10[GHz]以上」の周波数の電波で著しい。

※減衰は、電波の波長が長いほど、 「小さい」
※減衰は、電波の周波数が高いほど、「大きい」

周波数と波長の関係は計算問題の基礎で復習してください。

h19 10月 午後

h19	10月	午後

解答 5

h19	10月	午後


(1) 伝搬中の降雨域で受ける減衰は、降雨量に「比例」し、電波の波長が長いほど「小さい」

(2) 雨や霧や雲などによる吸収や散乱又は大気分子による吸収などによる減衰の状態が変化するために生ずるフェージングは、減衰性フェージングともいわれ、「10[GHz]以上」の周波数の電波で著しい。

※減衰は、電波の波長が長いほど、 「小さい」
※減衰は、電波の周波数が高いほど、「大きい」

周波数と波長の関係は計算問題の基礎で復習してください。

h22 6月 午前

h22	6月	午前

解答 4

h22	6月	午前


(1) 伝搬中の降雨域で受ける減衰は、降雨量が多いほど「大きく」、電波の波長が長いほど「小さい」

(2) 雨や霧や雲などによる吸収や散乱又は大気分子による吸収などによる減衰の状態が変化するために生ずるフェージングは、減衰性フェージングともいわれ、「10[GHz]以上」の周波数の電波で著しい。

※減衰は、電波の波長が長いほど、 「小さい」
※減衰は、電波の周波数が高いほど、「大きい」

周波数と波長の関係は計算問題の基礎で復習してください。

h25 10月 午前

h25	10月	午前

解答 1

h25	10月	午前


(1) 伝搬中の降雨域で受ける減衰は、降雨量が多いほど「大きく」、電波の波長が長いほど「小さい」

(2) 雨や霧や雲などによる吸収や散乱による減衰が生ずる。雨の影響は、「10[GHz]以上」の周波数の電波で著しい。

※減衰は、電波の波長が長いほど、 「小さい」
※減衰は、電波の周波数が高いほど、「大きい」

周波数と波長の関係は計算問題の基礎で復習してください。

h25 10月 午後

h25	10月	午後

解答 2

h25	10月	午後


(1) 伝搬路中の降雨域で受ける減衰は、降雨量が多いほど「大きく」、電波の周波数が「高い」ほど大きい。

(2) 雨や霧や雲などによる「吸収や散乱」により減衰が生じる。雨の影響は10[GHz]以上の周波数で著しい。

※減衰は、電波の波長が長いほど、 「小さい」
※減衰は、電波の周波数が高いほど、「大きい」

周波数と波長の関係は計算問題の基礎で復習してください。

h27 10月 午前

h27	10月	午前

解答 3

h27	10月	午前


(1) 伝搬路中の降雨域で受ける減衰は、降雨量が多いほど「大きく」、電波の波長が長いほど「小さい」

(2) 雨や霧や雲などによる吸収や散乱による減衰が生ずる。雨の影響は、「10[GHz]以上」の周波数の電波で著しい。

※減衰は、電波の波長が長いほど、 「小さい」
※減衰は、電波の周波数が高いほど、「大きい」

周波数と波長の関係は計算問題の基礎で復習してください。

h27 10月 午後

h27	10月	午後

解答 4

h27	10月	午後


(1) 伝搬路中の降雨域で受ける減衰は、降雨量が多いほど「大きく」、電波の周波数が「高い」ほど大きい。

(2) 雨や霧や雲などによる「吸収や散乱」により減衰が生じる。雨の影響は10[GHz]以上の周波数で著しい。

※減衰は、電波の波長が長いほど、 「小さい」
※減衰は、電波の周波数が高いほど、「大きい」

周波数と波長の関係は計算問題の基礎で復習してください。

パターン2の問題

h18 2月 午後

h18	2月	午後

解答 3

h18	2月	午後


(1) 伝搬中の降雨域で受ける減衰は、降雨量に「比例」し、電波の周波数が高いほど「大きい」

(2) 特定の周波数の電波は、大気中の水蒸気や酸素分子などで「共振」現象を生じ、エネルギーが吸収されて減衰する。

※減衰は、電波の波長が長いほど、 「小さい」
※減衰は、電波の周波数が高いほど、「大きい」

周波数と波長の関係は計算問題の基礎で復習してください。

h19 10月 午前

h19	10月	午前

解答 4

h19	10月	午前


(1) 伝搬中の降雨域で受ける減衰は、降雨量に「比例」し、電波の周波数が「高い」ほど大きい。

(2) 特定の周波数の電波は、大気中の水蒸気や酸素分子などで「共振」現象を生じ、エネルギーが吸収されて減衰する。

※減衰は、電波の波長が長いほど、 「小さい」
※減衰は、電波の周波数が高いほど、「大きい」

周波数と波長の関係は計算問題の基礎で復習してください。

h22 6月 午後

h22	6月	午後

解答 3

h22	6月	午後


(1) 伝搬中の降雨域で受ける減衰は、降雨量が多いほど「大きく」、電波の周波数が「高い」ほど大きい。

(2) 特定の周波数の電波は、大気中の水蒸気や酸素分子などで「共振」現象を生じ、エネルギーが吸収されて減衰する。

※減衰は、電波の波長が長いほど、 「小さい」
※減衰は、電波の周波数が高いほど、「大きい」

周波数と波長の関係は計算問題の基礎で復習してください。

前の項目へ

|84| M曲線

次の項目へ

|86| 電磁波等の法則


最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional