■資格取得応援サイト! 過去問分析で理解度を高める。オススメの参考書や勉強法、デシベル計算の覚え方など... 一陸特(第一級陸上特殊無線技士)

|9| 伝送回線(計算)

|9| 伝送回線(計算)

NO項目               計算主な出題番号集中ゼミの章別集中ゼミのページ番号
9伝送回線(計算)有り8・9・10・12△記載なし△記載なし

出題パターンは2種類

  1. 伝送可能なチャネル数を求める問題
  2. 文字を伝送するために必要な通信速度の値を求める問題

パターン1の問題

h18 10月 午前

h18 	10月 	午前

解答 2

h18 	10月 	午前


パターン1
伝送速度 = 最大チャネル数 × 1チャネル当たりのデータ

  1. 伝送速度 = 最大チャネル数 × 1チャネル当たりのデータ
  2.  → 48[Mbit/s] = ○ × 96[kbit/s] ※文字公式に数字を当てはめる
  3.  → 48,000,000 = ○ × 96,000 ※単位を数字に置き換える
  4.  → 48,000 = ○ × 96 ※約分し不要な[0]を削除する
  5.  → ここまで解けたら選択肢の1~5までを○の中に代入して一番「48,000」の値に近いのが正解になります。
  • 選択肢1の場合 : 96*200 = 19,200
  • 選択肢2の場合 : 96*500 = 48,000
  • 選択肢3の場合 : 96*800 = 76,800
  • 選択肢4の場合 : 96*1,200 = 115,200
  • 選択肢5の場合 : 96*5,000 = 480,000

A → 48,000の値に最も近い値が選択肢2の500になるため、答えは「最大チャネル数:500」になります。

パターン1
伝送速度 = 最大チャネル数 × 1チャネル当たりのデータ


パターン2
通信速度の値 = (7ビット+1ビット)×最大文字数 / 60秒

覚える公式 : 通信速度の値 = 8×文字 / 60

※分母の60は1分間を秒数に置き換えたものです。選択肢の単位が[bps]のため1秒当たりの値を求められています。

びーぴーえす 【bps】 bits per second
1秒間に転送可能なデータの量。通信回線の速度を表すときなどに使われる単位で、「kbps」であれば毎秒1000ビット、「Mbps」であれば、毎秒100万ビットを表す。

http://yougo.ascii.jp/caltar/%E6%A8%99%E6%9C%AC%E5%8C%96%E5%AE%9A%E7%90%86

h22 10月 午前

h22 	10月 	午前

解答 2

h22 	10月 	午前


パターン1
伝送速度 = 最大チャネル数 × 1チャネル当たりのデータ

  1. 伝送速度 = 最大チャネル数 × 1チャネル当たりのデータ
  2.  → 52[Mbit/s] = ○ × 98[kbit/s] ※文字公式に数字を当てはめる
  3.  → 52,000,000 = ○ × 98,000 ※単位を数字に置き換える
  4.  → 52,000 = ○ × 98 ※約分し不要な[0]を削除する
  5.  → ここまで解けたら選択肢の1~5までを○の中に代入して一番「52,000」の値に近いのが正解になります。
  • 選択肢1の場合 : 98*220 = 21,560
  • 選択肢2の場合 : 98*530 = 51,940
  • 選択肢3の場合 : 98*800 = 78,400
  • 選択肢4の場合 : 98*1,250 = 122,500
  • 選択肢5の場合 : 98*5,000 = 490,000

A → 52,000の値に最も近い値が選択肢2の530になるため、答えは「最大チャネル数:530」になります。

パターン1
伝送速度 = 最大チャネル数 × 1チャネル当たりのデータ


パターン2
通信速度の値 = (7ビット+1ビット)×最大文字数 / 60秒

覚える公式 : 通信速度の値 = 8×文字 / 60

※分母の60は1分間を秒数に置き換えたものです。選択肢の単位が[bps]のため1秒当たりの値を求められています。

びーぴーえす 【bps】 bits per second
1秒間に転送可能なデータの量。通信回線の速度を表すときなどに使われる単位で、「kbps」であれば毎秒1000ビット、「Mbps」であれば、毎秒100万ビットを表す。

http://yougo.ascii.jp/caltar/%E6%A8%99%E6%9C%AC%E5%8C%96%E5%AE%9A%E7%90%86

h22 10月 午後

h22 	10月 	午後

解答 3

h22 	10月 	午後


パターン1
伝送速度 = 最大チャネル数 × 1チャネル当たりのデータ

  1. 伝送速度 = 最大チャネル数 × 1チャネル当たりのデータ
  2.  → 64[Mbit/s] = ○ × 94[kbit/s] ※文字公式に数字を当てはめる
  3.  → 64,000,000 = ○ × 94,000 ※単位を数字に置き換える
  4.  → 64,000 = ○ × 94 ※約分し不要な[0]を削除する
  5.  → ここまで解けたら選択肢の1~5までを○の中に代入して一番「48,000」の値に近いのが正解になります。
  • 選択肢1の場合 : 94*300 = 28,200
  • 選択肢2の場合 : 94*440 = 41,360
  • 選択肢3の場合 : 94*680 = 63,920
  • 選択肢4の場合 : 94*1,200 = 112,800
  • 選択肢5の場合 : 94*3,800 = 357,200

A → 64,000の値に最も近い値が選択肢2の500になるため、答えは「最大チャネル数:680」になります。

パターン1
伝送速度 = 最大チャネル数 × 1チャネル当たりのデータ


パターン2
通信速度の値 = (7ビット+1ビット)×最大文字数 / 60秒

覚える公式 : 通信速度の値 = 8×文字 / 60

※分母の60は1分間を秒数に置き換えたものです。選択肢の単位が[bps]のため1秒当たりの値を求められています。

びーぴーえす 【bps】 bits per second
1秒間に転送可能なデータの量。通信回線の速度を表すときなどに使われる単位で、「kbps」であれば毎秒1000ビット、「Mbps」であれば、毎秒100万ビットを表す。

http://yougo.ascii.jp/caltar/%E6%A8%99%E6%9C%AC%E5%8C%96%E5%AE%9A%E7%90%86

h24 2月 午前

h24 	2月 	午前

解答 3

h24 	2月 	午前


パターン1
伝送速度 = 最大チャネル数 × 1チャネル当たりのデータ

  1. 伝送速度 = 最大チャネル数 × 1チャネル当たりのデータ
  2.  → 52[Mbps] = ○ × 64[kbps] ※文字公式に数字を当てはめる
  3.  → 52,000,000 = ○ × 64,000 ※単位を数字に置き換える
  4.  → 52,000 = ○ × 64 ※約分し不要な[0]を削除する
  5.  → ここまで解けたら選択肢の1~5までを○の中に代入して一番「52,000」の値に近いのが正解になります。
  • 選択肢1の場合 : 64*220 = 14,080
  • 選択肢2の場合 : 64*530 = 33,920
  • 選択肢3の場合 : 64*810 = 51,840
  • 選択肢4の場合 : 64*1,250 = 80,000
  • 選択肢5の場合 : 64*5,000 = 320,000

A → 52,000の値に最も近い値が選択肢3の810になるため、答えは「最大チャネル数:810」になります。

パターン1
伝送速度 = 最大チャネル数 × 1チャネル当たりのデータ


パターン2
通信速度の値 = (7ビット+1ビット)×最大文字数 / 60秒

覚える公式 : 通信速度の値 = 8×文字 / 60

※分母の60は1分間を秒数に置き換えたものです。選択肢の単位が[bps]のため1秒当たりの値を求められています。

びーぴーえす 【bps】 bits per second
1秒間に転送可能なデータの量。通信回線の速度を表すときなどに使われる単位で、「kbps」であれば毎秒1000ビット、「Mbps」であれば、毎秒100万ビットを表す。

http://yougo.ascii.jp/caltar/%E6%A8%99%E6%9C%AC%E5%8C%96%E5%AE%9A%E7%90%86

h24 2月 午後

h24 	2月 	午後

解答 1

h24 	2月 	午後


パターン1
伝送速度 = 最大チャネル数 × 1チャネル当たりのデータ

  1. 伝送速度 = 最大チャネル数 × 1チャネル当たりのデータ
  2.  → 156[Mbps] = ○ × 384[kbps] ※文字公式に数字を当てはめる
  3.  → 156,000,000 = ○ × 384,000 ※単位を数字に置き換える
  4.  → 156,000 = ○ × 384 ※約分し不要な[0]を削除する
  5.  → ここまで解けたら選択肢の1~5までを○の中に代入して一番156,000」の値に近いのが正解になります。
  • 選択肢1の場合 : 384*405 = 155,520
  • 選択肢2の場合 : 384*500 = 192,000
  • 選択肢3の場合 : 384*680 = 261,120
  • 選択肢4の場合 : 384*1,200 = 460,800
  • 選択肢5の場合 : 384*3,800 = 1,459,200

A → 156,000の値に最も近い値が選択肢1の405になるため、答えは「最大チャネル数:405」になります。

パターン1
伝送速度 = 最大チャネル数 × 1チャネル当たりのデータ


パターン2
通信速度の値 = (7ビット+1ビット)×最大文字数 / 60秒

覚える公式 : 通信速度の値 = 8×文字 / 60

※分母の60は1分間を秒数に置き換えたものです。選択肢の単位が[bps]のため1秒当たりの値を求められています。

びーぴーえす 【bps】 bits per second
1秒間に転送可能なデータの量。通信回線の速度を表すときなどに使われる単位で、「kbps」であれば毎秒1000ビット、「Mbps」であれば、毎秒100万ビットを表す。

http://yougo.ascii.jp/caltar/%E6%A8%99%E6%9C%AC%E5%8C%96%E5%AE%9A%E7%90%86

h27 2月 午前

h27	2月	午前

解答 5

h27	2月	午前


パターン1
伝送速度 = 最大チャネル数 × 1チャネル当たりのデータ

  1. 伝送速度 = 最大チャネル数 × 1チャネル当たりのデータ
  2.  → 52[Mbps] = ○ × 32[kbps] ※文字公式に数字を当てはめる
  3.  → 52,000,000 = ○ × 32,000 ※単位を数字に置き換える
  4.  → 52,000 = ○ × 32 ※約分し不要な[0]を削除する
  5.  → ここまで解けたら選択肢の1~5までを○の中に代入して一番「52,000」の値に近いのが正解になります。
  • 選択肢1の場合 : 32*220 = 7,040
  • 選択肢2の場合 : 32*530 = 16,960
  • 選択肢3の場合 : 32*810 = 25,920
  • 選択肢4の場合 : 32*1,250 = 40,000
  • 選択肢5の場合 : 32*1,620 = 51,840

A → 52,000の値に最も近い値が選択肢5の1620になるため、答えは「最大チャネル数:1620」になります。

パターン1
伝送速度 = 最大チャネル数 × 1チャネル当たりのデータ


パターン2
通信速度の値 = (7ビット+1ビット)×最大文字数 / 60秒

覚える公式 : 通信速度の値 = 8×文字 / 60

※分母の60は1分間を秒数に置き換えたものです。選択肢の単位が[bps]のため1秒当たりの値を求められています。

びーぴーえす 【bps】 bits per second
1秒間に転送可能なデータの量。通信回線の速度を表すときなどに使われる単位で、「kbps」であれば毎秒1000ビット、「Mbps」であれば、毎秒100万ビットを表す。

http://yougo.ascii.jp/caltar/%E6%A8%99%E6%9C%AC%E5%8C%96%E5%AE%9A%E7%90%86

h27 2月 午後

h27	2月	午後

解答 4

h27	2月	午後


パターン1
伝送速度 = 最大チャネル数 × 1チャネル当たりのデータ

  1. 伝送速度 = 最大チャネル数 × 1チャネル当たりのデータ
  2.  → 156[Mbps] = ○ × 128[kbps] ※文字公式に数字を当てはめる
  3.  → 156,000,000 = ○ × 128,000 ※単位を数字に置き換える
  4.  → 156,000 = ○ × 128 ※約分し不要な[0]を削除する
  5.  → ここまで解けたら選択肢の1~5までを○の中に代入して一番「156,000」の値に近いのが正解になります。
  • 選択肢1の場合 : 128*405 = 51,840
  • 選択肢2の場合 : 128*500 = 64,000
  • 選択肢3の場合 : 128*610 = 78,080
  • 選択肢4の場合 : 128*1,250 = 160,000
  • 選択肢5の場合 : 128*2,435 = 311,680

A → 156,000の値に最も近い値が選択肢4の1,215になるため、答えは「最大チャネル数:1,215」になります。

パターン1
伝送速度 = 最大チャネル数 × 1チャネル当たりのデータ


パターン2
通信速度の値 = (7ビット+1ビット)×最大文字数 / 60秒

覚える公式 : 通信速度の値 = 8×文字 / 60

※分母の60は1分間を秒数に置き換えたものです。選択肢の単位が[bps]のため1秒当たりの値を求められています。

びーぴーえす 【bps】 bits per second
1秒間に転送可能なデータの量。通信回線の速度を表すときなどに使われる単位で、「kbps」であれば毎秒1000ビット、「Mbps」であれば、毎秒100万ビットを表す。

http://yougo.ascii.jp/caltar/%E6%A8%99%E6%9C%AC%E5%8C%96%E5%AE%9A%E7%90%86

パターン2の問題

h19 10月 午前

h19 	10月 	午前

解答 2

h19 	10月 	午前


パターン2
通信速度の値 = (7ビット+1ビット)×最大文字数 / 60秒

覚える公式 : 通信速度の値 = 8×文字 / 60
※分母の60は1分間を秒数に置き換えたものです。選択肢の単位が[bps]のため1秒当たりの値を求められています。

  1. 覚える公式 : 通信速度の値 = 8×文字 / 60
  2.  → ○ = 8×24300文字 / 60秒 ※文字公式に数字を当てはめる
  3.  → ○ = 8×243 / 6 ※単位の値(10^3やμ、0そのもの等)を削除する
  4.  → ○ = 1944 / 6
  5.  → ○ = 324
  6.  → 324の値に最も近い値が選択肢2の3240bit/sになるため、答えは「通信速度の値:3240bit/s」になります。

パターン1
伝送速度 = 最大チャネル数 × 1チャネル当たりのデータ


パターン2
通信速度の値 = (7ビット+1ビット)×最大文字数 / 60秒

覚える公式 : 通信速度の値 = 8×文字 / 60

※分母の60は1分間を秒数に置き換えたものです。選択肢の単位が[bps]のため1秒当たりの値を求められています。

びーぴーえす 【bps】 bits per second
1秒間に転送可能なデータの量。通信回線の速度を表すときなどに使われる単位で、「kbps」であれば毎秒1000ビット、「Mbps」であれば、毎秒100万ビットを表す。

http://yougo.ascii.jp/caltar/%E6%A8%99%E6%9C%AC%E5%8C%96%E5%AE%9A%E7%90%86

h19 10月 午後

h19 	10月 	午後

解答 2

h19 	10月 	午後


パターン2
通信速度の値 = (7ビット+1ビット)×最大文字数 / 60秒

覚える公式 : 通信速度の値 = 8×文字 / 60
※分母の60は1分間を秒数に置き換えたものです。選択肢の単位が[bps]のため1秒当たりの値を求められています。

  1. 覚える公式 : 通信速度の値 = 8×文字 / 60
  2.  → ○ = 8×18000文字 / 60秒 ※文字公式に数字を当てはめる
  3.  → ○ = 8×18 / 6 ※単位の値(10^3やμ、0そのもの等)を削除する
  4.  → ○ = 144 / 6
  5.  → ○ = 24
  6.  → 24の値に最も近い値が選択肢2の2400bit/sになるため、答えは「通信速度の値:2400bit/s」になります。

パターン1
伝送速度 = 最大チャネル数 × 1チャネル当たりのデータ


パターン2
通信速度の値 = (7ビット+1ビット)×最大文字数 / 60秒

覚える公式 : 通信速度の値 = 8×文字 / 60

※分母の60は1分間を秒数に置き換えたものです。選択肢の単位が[bps]のため1秒当たりの値を求められています。

びーぴーえす 【bps】 bits per second
1秒間に転送可能なデータの量。通信回線の速度を表すときなどに使われる単位で、「kbps」であれば毎秒1000ビット、「Mbps」であれば、毎秒100万ビットを表す。

http://yougo.ascii.jp/caltar/%E6%A8%99%E6%9C%AC%E5%8C%96%E5%AE%9A%E7%90%86

h21 10月 午前

h21 	10月 	午前

解答 1

h21 	10月 	午前


パターン2
通信速度の値 = (7ビット+1ビット)×最大文字数 / 60秒

覚える公式 : 通信速度の値 = 8×文字 / 60
※分母の60は1分間を秒数に置き換えたものです。選択肢の単位が[bps]のため1秒当たりの値を求められています。

  1. 覚える公式 : 通信速度の値 = 8×文字 / 60
  2.  → ○ = 8×21060文字 / 60秒 ※文字公式に数字を当てはめる
  3.  → ○ = 8×2106 / 6 ※単位の値(10^3やμ、0そのもの等)を削除する
  4.  → ○ = 16848 / 6
  5.  → ○ = 2808
  6.  → 2808の値に最も近い値が選択肢1の2808bit/sになるため、答えは「通信速度の値:2808bit/s」になります。

パターン1
伝送速度 = 最大チャネル数 × 1チャネル当たりのデータ


パターン2
通信速度の値 = (7ビット+1ビット)×最大文字数 / 60秒

覚える公式 : 通信速度の値 = 8×文字 / 60

※分母の60は1分間を秒数に置き換えたものです。選択肢の単位が[bps]のため1秒当たりの値を求められています。

びーぴーえす 【bps】 bits per second
1秒間に転送可能なデータの量。通信回線の速度を表すときなどに使われる単位で、「kbps」であれば毎秒1000ビット、「Mbps」であれば、毎秒100万ビットを表す。

http://yougo.ascii.jp/caltar/%E6%A8%99%E6%9C%AC%E5%8C%96%E5%AE%9A%E7%90%86

h21 10月 午後

h21 	10月 	午後

解答 3

h21 	10月 	午後


パターン2
通信速度の値 = (7ビット+1ビット)×最大文字数 / 60秒

覚える公式 : 通信速度の値 = 8×文字 / 60
※分母の60は1分間を秒数に置き換えたものです。選択肢の単位が[bps]のため1秒当たりの値を求められています。

  1. 覚える公式 : 通信速度の値 = 8×文字 / 60
  2.  → ○ = 8×19800文字 / 60秒 ※文字公式に数字を当てはめる
  3.  → ○ = 8×198 / 6 ※単位の値(10^3やμ、0そのもの等)を削除する
  4.  → ○ = 1584 / 6
  5.  → ○ = 264
  6.  → 264の値に最も近い値が選択肢3の2640bit/sになるため、答えは「通信速度の値:2640bit/s」になります。

パターン1
伝送速度 = 最大チャネル数 × 1チャネル当たりのデータ


パターン2
通信速度の値 = (7ビット+1ビット)×最大文字数 / 60秒

覚える公式 : 通信速度の値 = 8×文字 / 60

※分母の60は1分間を秒数に置き換えたものです。選択肢の単位が[bps]のため1秒当たりの値を求められています。

びーぴーえす 【bps】 bits per second
1秒間に転送可能なデータの量。通信回線の速度を表すときなどに使われる単位で、「kbps」であれば毎秒1000ビット、「Mbps」であれば、毎秒100万ビットを表す。

http://yougo.ascii.jp/caltar/%E6%A8%99%E6%9C%AC%E5%8C%96%E5%AE%9A%E7%90%86

h23 2月 午前

h23 	2月 	午前

解答 4

h23 	2月 	午前


パターン2
通信速度の値 = (7ビット+1ビット)×最大文字数 / 60秒

覚える公式 : 通信速度の値 = 8×文字 / 60
※分母の60は1分間を秒数に置き換えたものです。選択肢の単位が[bps]のため1秒当たりの値を求められています。

  1. 覚える公式 : 通信速度の値 = 8×文字 / 60
  2.  → ○ = 8×36000文字 / 60秒 ※文字公式に数字を当てはめる
  3.  → ○ = 8×36 / 6 ※単位の値(10^3やμ、0そのもの等)を削除する
  4.  → ○ = 288 / 6
  5.  → ○ = 48
  6.  → 48の値に最も近い値が選択肢3の4800bit/sになるため、答えは「通信速度の値:4800bit/s」になります。

パターン1
伝送速度 = 最大チャネル数 × 1チャネル当たりのデータ


パターン2
通信速度の値 = (7ビット+1ビット)×最大文字数 / 60秒

覚える公式 : 通信速度の値 = 8×文字 / 60

※分母の60は1分間を秒数に置き換えたものです。選択肢の単位が[bps]のため1秒当たりの値を求められています。

びーぴーえす 【bps】 bits per second
1秒間に転送可能なデータの量。通信回線の速度を表すときなどに使われる単位で、「kbps」であれば毎秒1000ビット、「Mbps」であれば、毎秒100万ビットを表す。

http://yougo.ascii.jp/caltar/%E6%A8%99%E6%9C%AC%E5%8C%96%E5%AE%9A%E7%90%86

h23 2月 午後

h23 	2月 	午後

解答 3

h23 	2月 	午後


パターン2
通信速度の値 = (7ビット+1ビット)×最大文字数 / 60秒

覚える公式 : 通信速度の値 = 8×文字 / 60
※分母の60は1分間を秒数に置き換えたものです。選択肢の単位が[bps]のため1秒当たりの値を求められています。

  1. 覚える公式 : 通信速度の値 = 8×文字 / 60
  2.  → ○ = 8×21000文字 / 60秒 ※文字公式に数字を当てはめる
  3.  → ○ = 8×21 / 6 ※単位の値(10^3やμ、0そのもの等)を削除する
  4.  → ○ = 168 / 6
  5.  → ○ = 28
  6.  → 28の値に最も近い値が選択肢3の2800bit/sになるため、答えは「通信速度の値:2800bit/s」になります。

パターン1
伝送速度 = 最大チャネル数 × 1チャネル当たりのデータ


パターン2
通信速度の値 = (7ビット+1ビット)×最大文字数 / 60秒

覚える公式 : 通信速度の値 = 8×文字 / 60

※分母の60は1分間を秒数に置き換えたものです。選択肢の単位が[bps]のため1秒当たりの値を求められています。

びーぴーえす 【bps】 bits per second
1秒間に転送可能なデータの量。通信回線の速度を表すときなどに使われる単位で、「kbps」であれば毎秒1000ビット、「Mbps」であれば、毎秒100万ビットを表す。

http://yougo.ascii.jp/caltar/%E6%A8%99%E6%9C%AC%E5%8C%96%E5%AE%9A%E7%90%86

h25 6月 午前

h25	6月 	午前

解答 3

h25	6月 	午前


パターン2
通信速度の値 = (7ビット+1ビット)×最大文字数 / 60秒

覚える公式 : 通信速度の値 = 8×文字 / 60
※分母の60は1分間を秒数に置き換えたものです。選択肢の単位が[bps]のため1秒当たりの値を求められています。

  1. 覚える公式 : 通信速度の値 = 8×文字 / 60
  2.  → 4800 = 8×○文字 / 60秒 ※文字公式に数字を当てはめる
  3.  → 4800 = 8×○ / 6 ※単位の値(10^3やμ、0そのもの等)を削除する
  4.  → 4800 = 4×○ / 3 ※右辺の8/6を約分する
  5.  → ここまで解けたら選択肢の1~5までを○の中に代入して一番「4800」の値に近いのが正解になります。
  • 選択肢1の場合 : 4*24000/3 = 32,000
  • 選択肢2の場合 : 4*32000/3 = 42,666
  • 選択肢3の場合 : 4*36000/3 = 48,000
  • 選択肢4の場合 : 4*42000/3 = 56,000
  • 選択肢5の場合 : 4*56000/3 = 74,666

A → 4,800の値に最も近い値が選択肢3の36000になるため、答えは「文字数の最大値:36,000」になります。

パターン1
伝送速度 = 最大チャネル数 × 1チャネル当たりのデータ


パターン2
通信速度の値 = (7ビット+1ビット)×最大文字数 / 60秒

覚える公式 : 通信速度の値 = 8×文字 / 60

※分母の60は1分間を秒数に置き換えたものです。選択肢の単位が[bps]のため1秒当たりの値を求められています。

びーぴーえす 【bps】 bits per second
1秒間に転送可能なデータの量。通信回線の速度を表すときなどに使われる単位で、「kbps」であれば毎秒1000ビット、「Mbps」であれば、毎秒100万ビットを表す。

http://yougo.ascii.jp/caltar/%E6%A8%99%E6%9C%AC%E5%8C%96%E5%AE%9A%E7%90%86

h25 6月 午後

h25	6月 	午後

解答 3

h25	6月 	午後


パターン2
通信速度の値 = (7ビット+1ビット)×最大文字数 / 60秒

覚える公式 : 通信速度の値 = 8×文字 / 60
※分母の60は1分間を秒数に置き換えたものです。選択肢の単位が[bps]のため1秒当たりの値を求められています。

  1. 覚える公式 : 通信速度の値 = 8×文字 / 60
  2.  → ○ = 8×24000文字 / 60秒 ※文字公式に数字を当てはめる
  3.  → ○ = 8×240 / 6 ※単位の値(10^3やμ、0そのもの等)を削除する
  4.  → ○ = 1920 / 6
  5.  → ○ = 320
  6.  → 320の値に最も近い値が選択肢3の3240[bps]になるため、答えは「通信速度の値:3240[bps]」になります。

パターン1
伝送速度 = 最大チャネル数 × 1チャネル当たりのデータ


パターン2
通信速度の値 = (7ビット+1ビット)×最大文字数 / 60秒

覚える公式 : 通信速度の値 = 8×文字 / 60

※分母の60は1分間を秒数に置き換えたものです。選択肢の単位が[bps]のため1秒当たりの値を求められています。

びーぴーえす 【bps】 bits per second
1秒間に転送可能なデータの量。通信回線の速度を表すときなどに使われる単位で、「kbps」であれば毎秒1000ビット、「Mbps」であれば、毎秒100万ビットを表す。

http://yougo.ascii.jp/caltar/%E6%A8%99%E6%9C%AC%E5%8C%96%E5%AE%9A%E7%90%86

前の項目へ

|8| FM送信機(計算)

次の項目へ

|10| ドプラレーダー


最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional