■資格取得応援サイト! 過去問分析で理解度を高める。オススメの参考書や勉強法、デシベル計算の覚え方など... 一陸特(第一級陸上特殊無線技士)

|97| 被測定系の送受信装置

|97| 被測定系の送受信装置

NO項目               計算主な出題番号集中ゼミの章別集中ゼミのページ番号
97被測定系の送受信装置無し2410.3184

出題パターンは3種類

  1. 被測定系の変調器と復調器とが、伝送路を介して「離れている場合」の測定法について
  2. 被測定系の変調器と復調器とが、伝送路を介して「離れている場合」の構成例
  3. 被測定系の送受信装置が「同一場所にある場合」のビット誤り率測定のための構成例

主に構成を聞かれる出題が多いです。
混乱しやすいので「被測定系」「測定系」で分けて覚えましょう。


パターン1の問題

h19 6月 午後

h19	6月	午後

解答 5

h19	6月	午後


正しい解答 : 測定系受信部において、誤りパルス検出器は、二つのパルス列を比較して「各パルスの極性の一致・不一致」を検出し、計数表示器に送り、「単位時間当たりの」誤りパルス数を測定する。

正しい選択肢の内容もしっかり読んでおきましょう。

この図が基本となるため各回路を暗記しましょう。

  • 暗記のポイントは以下のとおり。
    • 上部の「被測定系」には{カタカナ}が一文字もない。つまりカタカナの回路はすべて下部の「測定系」になる。
    • 上部の「被測定系」には、変調器と復調器がある。{変調したら復調する}というのをセットで覚えておきましょう。
    • 下部の「測定系送信部」「測定系受信部」の並びに着目する。送信部も受信部も「クロックパルス」→「パルスパターン」となっている。
    • 上部の「被測定系」{搬送波発振器}と、下部の「測定系受信部」{誤りパルス検出器}が高い確率で出題される。

パターン2の問題

h22 10月 午前

h22	10月	午前

解答 5

h22	10月	午前


正しい解答
A : 搬送波発振器
B : クロックパルス発生器
C : パルスパターン発生器

この図が基本となるため各回路を暗記しましょう。

  • 暗記のポイントは以下のとおり。
    • 上部の「被測定系」には{カタカナ}が一文字もない。つまりカタカナの回路はすべて下部の「測定系」になる。
    • 上部の「被測定系」には、変調器と復調器がある。{変調したら復調する}というのをセットで覚えておきましょう。
    • 下部の「測定系送信部」「測定系受信部」の並びに着目する。送信部も受信部も「クロックパルス」→「パルスパターン」となっている。
    • 上部の「被測定系」{搬送波発振器}と、下部の「測定系受信部」{誤りパルス検出器}が高い確率で出題される。

h25 2月 午後

h25	2月 	午後

解答 2

h25	2月 	午後


正しい解答
A : 搬送波発振器
B : クロックパルス発生器
C : パルスパターン発生器

この図が基本となるため各回路を暗記しましょう。

  • 暗記のポイントは以下のとおり。
    • 上部の「被測定系」には{カタカナ}が一文字もない。つまりカタカナの回路はすべて下部の「測定系」になる。
    • 上部の「被測定系」には、変調器と復調器がある。{変調したら復調する}というのをセットで覚えておきましょう。
    • 下部の「測定系送信部」「測定系受信部」の並びに着目する。送信部も受信部も「クロックパルス」→「パルスパターン」となっている。
    • 上部の「被測定系」{搬送波発振器}と、下部の「測定系受信部」{誤りパルス検出器}が高い確率で出題される。

h26 6月 午後

h26	6月	午後

解答 3

h26	6月	午後


正しい解答
A : 再生器
B : クロックパルス発生器
C : パルスパターン発生器

この図が基本となるため各回路を暗記しましょう。

  • 暗記のポイントは以下のとおり。
    • 上部の「被測定系」には{カタカナ}が一文字もない。つまりカタカナの回路はすべて下部の「測定系」になる。
    • 上部の「被測定系」には、変調器と復調器がある。{変調したら復調する}というのをセットで覚えておきましょう。
    • 下部の「測定系送信部」「測定系受信部」の並びに着目する。送信部も受信部も「クロックパルス」→「パルスパターン」となっている。
    • 上部の「被測定系」{搬送波発振器}と、下部の「測定系受信部」{誤りパルス検出器}が高い確率で出題される。

h27 6月 午後

h27	6月	午後

解答 4

h27	6月	午後


正しい解答
A : 再生器
B : クロックパルス発生器
C : パルスパターン発生器

この図が基本となるため各回路を暗記しましょう。

  • 暗記のポイントは以下のとおり。
    • 上部の「被測定系」には{カタカナ}が一文字もない。つまりカタカナの回路はすべて下部の「測定系」になる。
    • 上部の「被測定系」には、変調器と復調器がある。{変調したら復調する}というのをセットで覚えておきましょう。
    • 下部の「測定系送信部」「測定系受信部」の並びに着目する。送信部も受信部も「クロックパルス」→「パルスパターン」となっている。
    • 上部の「被測定系」{搬送波発振器}と、下部の「測定系受信部」{誤りパルス検出器}が高い確率で出題される。

パターン3の問題

h19 6月 午前

h19	6月	午前

解答 1

h19	6月	午前


正しい解答
A : 復調器
B : クロックパルス発生器
C : 誤りパルス検出器

この図が基本となるため各回路を暗記しましょう。

  • 暗記のポイントは以下のとおり。
    • 上部の「被測定系」には{カタカナ}が一文字もない。つまりカタカナの回路はすべて下部の「測定系」になる。
    • 上部の「被測定系」には、変調器と復調器がある。{変調したら復調する}というのをセットで覚えておきましょう。
    • 下部の「測定系送信部」「測定系受信部」の並びに着目する。送信部も受信部も「クロックパルス」→「パルスパターン」となっている。
    • 上部の「被測定系」{搬送波発振器}と、下部の「測定系受信部」{誤りパルス検出器}が高い確率で出題される。

h22 10月 午後

h22	10月	午後

解答 2

h22	10月	午後


正しい解答
A : 復調器
B : クロックパルス発生器
C : 誤りパルス検出器

この図が基本となるため各回路を暗記しましょう。

  • 暗記のポイントは以下のとおり。
    • 上部の「被測定系」には{カタカナ}が一文字もない。つまりカタカナの回路はすべて下部の「測定系」になる。
    • 上部の「被測定系」には、変調器と復調器がある。{変調したら復調する}というのをセットで覚えておきましょう。
    • 下部の「測定系送信部」「測定系受信部」の並びに着目する。送信部も受信部も「クロックパルス」→「パルスパターン」となっている。
    • 上部の「被測定系」{搬送波発振器}と、下部の「測定系受信部」{誤りパルス検出器}が高い確率で出題される。

h25 2月 午前

h25	2月 	午前

解答 4

h25	2月 	午前


正しい解答
A : 復調器
B : クロックパルス発生器
C : 誤りパルス検出器

この図が基本となるため各回路を暗記しましょう。

  • 暗記のポイントは以下のとおり。
    • 上部の「被測定系」には{カタカナ}が一文字もない。つまりカタカナの回路はすべて下部の「測定系」になる。
    • 上部の「被測定系」には、変調器と復調器がある。{変調したら復調する}というのをセットで覚えておきましょう。
    • 下部の「測定系送信部」「測定系受信部」の並びに着目する。送信部も受信部も「クロックパルス」→「パルスパターン」となっている。
    • 上部の「被測定系」{搬送波発振器}と、下部の「測定系受信部」{誤りパルス検出器}が高い確率で出題される。

h26 6月 午前

h26	6月	午前

解答 3

h26	6月	午前


正しい解答
A : 復調器
B : クロックパルス発生器
C : 誤りパルス検出器

この図が基本となるため各回路を暗記しましょう。

  • 暗記のポイントは以下のとおり。
    • 上部の「被測定系」には{カタカナ}が一文字もない。つまりカタカナの回路はすべて下部の「測定系」になる。
    • 上部の「被測定系」には、変調器と復調器がある。{変調したら復調する}というのをセットで覚えておきましょう。
    • 下部の「測定系送信部」「測定系受信部」の並びに着目する。送信部も受信部も「クロックパルス」→「パルスパターン」となっている。
    • 上部の「被測定系」{搬送波発振器}と、下部の「測定系受信部」{誤りパルス検出器}が高い確率で出題される。

h27 6月 午前

h27	6月	午前

解答 4

h27	6月	午前


正しい解答
A : 復調器
B : クロックパルス発生器
C : 誤りパルス検出器

この図が基本となるため各回路を暗記しましょう。

  • 暗記のポイントは以下のとおり。
    • 上部の「被測定系」には{カタカナ}が一文字もない。つまりカタカナの回路はすべて下部の「測定系」になる。
    • 上部の「被測定系」には、変調器と復調器がある。{変調したら復調する}というのをセットで覚えておきましょう。
    • 下部の「測定系送信部」「測定系受信部」の並びに着目する。送信部も受信部も「クロックパルス」→「パルスパターン」となっている。
    • 上部の「被測定系」{搬送波発振器}と、下部の「測定系受信部」{誤りパルス検出器}が高い確率で出題される。

前の項目へ

|96| アイパターンの観測

次の項目へ

|98| 方向性結合器


最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional